花*小紋日記

出張着付師kyoさんの奮闘記

七五三のスケジュール!

2017-09-08 22:06:38 | 仕事
気が付けば・・・・9月
あっという間に夏が終わってしまいました・・・・

本日はめずらしくスタジオにて成人式前撮りのお嬢様3連ちゃん
1人目は工学部で太陽光発電の研究をされているお嬢様。東日本大震災で太陽光に目覚めたという志高いリケジョ様。
2人目は交通学(マニアック)のお勉強をされているお嬢様でアイドル話で大盛り上がり。
3人目はなんとオリンピックの現役代表選手ストイックな選手生活にただただ関心してしまいました一流ってすごいですね~

どのお嬢様もとても素直で愛らしく、楽しくお仕度させていただきました
でも、さすがに久しぶりの1日仕事でしたので、お疲れモードです

その一方で、秋の七五三シーズンのお客様との打ちわせをひたすら行っております。
お打ち合わせの中で、気になったことがありましたので、さっそくブログに書いちゃいます
七五三経験が豊富過ぎて、七五三アドバイザー化してしまいそうです


その1 当日のスケジュール

七五三の日のスケジュールで大事なことは・・・
撮影がある場合は、何が何でも撮影が1番最初です
着物を着たらすぐにスタジオなり、神社での出張撮影なり、まずは撮影を行うスケジュールにしましょう。
ご祈祷やご挨拶やお食事はその後ゆっくり行うことをお勧めしています。

なぜなら・・・・お子様の気力体力がもたないからです
着物を着るという事はお子様にとってものすごい負担がかかります。
着せている最中から「暑い」「苦しい」 時には「脱ぎたい・・・・」

我慢強いお子様は別として、小さいお子様の場合は機嫌がもつのが30分から1時間くらいです。
機嫌の良いうちに撮影を済ませてしまうのがベスト
撮影前に他の事をしてしまうと、着崩れも起きてしまいます。
撮影さえ終わってしまえば、嫌がるようなら脱がしてもよいし、紐を緩めてあげても多少崩れてもOK。

撮影が一番最初になるようなスケジュールを考えてみてくださいね


その2 お母様のお着物

七五三ではお母様がお着物を着られることが多いですね
打ち合わせでよくある質問が

「どんなお着物がよいでしょうか?」

着物には格がありますからわかりにくいですよね~

正式には訪問着、付け下げ、色無地あたりがおすすめですが、七五三は身内の行事でお子様が主役なので、お母様の着物の格にそれほどこだわらなくてもよいと思っています。(個人的な意見ですが・・・
もちろん、浴衣はNGです

「小紋しかもっていません」
というお母様がいらっしゃいますが、気にしなくても大丈夫です。
お着物をお子様のために着て行くお気持ちが素敵

身内でお着物に厳格な方がいらっしゃる場合は別ですが、あまり神経質に考えなくてもよいと思います。

結婚式、お茶会などのお呼ばれの席では相手に失礼のないようにお着物の格を守るとよいですね

1つ気をつけたいのは、お子様のお着物の色と被らない事です。
お写真を撮ることを考えると、お子様のお着物の色を引き立てる色、男の子で着物が黒や紺のダーク系ならお母様は逆にピンクや黄色などの暖色系をもってくると綺麗ですよ

七五三では色々とわからないことが多いと思います。
わからない時は専門の人に遠慮なくご相談されるとよいですね。

もちろん、私も精一杯ご相談にのらさせて頂きます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

七五三、どうすればよい???

2017-08-12 22:05:37 | 仕事
お盆ウィークスタート
お休みの方も多くいらっしゃると思います。

今年七五三を・・・お考えのお客様。
さすがにそろそろ計画をすすめていかないといけない時期ですね
撮影も着付けも、10-11月の土日はかなりご予約が埋まってきていると思います


秋からいよいよ七五三シーズンスタートです
七五三を行う上で必要なことを以下にまとめてみました
既に手配を済まされているお客様も含めて是非、参考にしてみてくださいね


日にち

日程はお決まりですが?
七五三で一番最初にやるべき事は日にち決めです。
正式には11/15となっておりますが、近年では混雑する当日をさけ、あえて他の日にちを選ぶお客様が多いです。
早いお客様で9月末、遅いお客様で12月中旬位まで七五三は行われています。
10月下旬-11月中旬のお日柄の良い土日は、神社が大変混雑します。
駐車場にすぐに入れなかったり、ご祈祷の待ち時間が長かったりしますので、時間に余裕を持って行動される事をオススメ致します。
小さいお子様のいらっしゃるご家庭は混雑日を避けてお日にちを選ぶと良いかもしれませんね。(平日や土日の場合も10月初旬までや11月下旬以降は混雑がだいぶ緩和します)


撮影

写真撮影はお決まりですか?
大手子供写真館、おしゃれ系写真館、地元密着型写真館、出張撮影・・・撮影方法は色々とあります。
どのタイプのお写真が好みかで撮影先を決めましょう。


(大手子供写真館)
メリットは気軽に利用できて、衣装が何枚も着替えられる事。
おしゃれな女の子は大喜びだと思います
デメリットは写真が作り笑顔とシンプルな家族集合写真。
ネガの受け渡しが1年先で、それまでの現像は写真館にお願いしなければいけない事です。


(おしゃれ系写真館)
メリットは部屋の内装の美しさ、おしゃれなお洋服、凝った構図やライティングでモデル風な仕上がり。
1日数組限定なので、ゆったり撮影することができます。
デメリットはお店によってはコンサートチケット並みにご予約がとりずらい事、別途着付け料金がかかる事。
七五三シーズンに限定せずに、お日にちにはこだわらない方が良いですね。
前撮りや後撮りを含めて検討することをお勧めしています。


(地元密着型写真館)
地元密着の昔ながらの写真館のメリットは何といっても撮影技術。
何代にもわたって技術が受け継がれているので、仕上がり、ポージングの美しさが魅力です。
赤ちゃんから成人式までお世話になることができ、成長を見続けてくれる心強い存在です。
デメリットは撮影のバリエーションの少ないところ、着付け、着物を自分で手配する事。
最近では写真館で着物レンタルや着付けの手配をしてくれるところも増えています。


(出張撮影)
メリットはお子様のリラックスした笑顔と屋外の自然な光の中でのお写真。
お外の撮影なので、お子様の活き活きした表情が魅力です。
デメリットはなんといってもお天気に左右されること。着物・着付けの手配は自分でする事、衣装が何枚も着替えられない事。
出張撮影会社の方で着物レンタルから着付け手配まで行ってくれるところもあります。
人と違う個性的なアルバムを作りたいお客様にはオススメですね。
出張撮影を選ぶポイントは必ず2名体制で来てくれるお店です。
カメラマンさん1人では子供の良い表情を撮影するのは難しいので、必ず子供の相手をしてくれるアシスタントさんを連れてきてくれるお店を選びましょう。


どの撮影店も、早撮り、後撮りはすいているので、上手に活用したいものですね。


ご祈祷

お祈祷する神社はお決まりですか?
地元の神社、またはご実家近くの神社でご祈祷されるお客様が多いです。
繰り返しになりますが、10下旬-11月中旬のお日柄の良い日は大変混雑します。
神社に到着したら、まずご祈祷の待ち時間を聞きに行って、その状況で待ち時間に撮影をされると良いと思います。

もし、駐車場が混んでいたら、一人代表で先に神社に向かってご祈祷について確認、申し込みをされると、待ち時間も少なくスムーズです
撮影をされるのであれば、ご祈祷の前にされる事をオススメします。
先に撮影をした方がお子様の着崩れがなく、元気もあるので良い表情が取れると思います。


衣装

お着物はチェックされましたでしょうか?
レンタルの場合は小物やサイズが揃っているはずですが、お持ちの着物の場合は小物に不足が無いか確認しましょう。
「着物はあるから安心」なんて思っていても、直前になって小物が全然揃っていなかったなんて事がよくあります。
特に、7才お子様は箱迫(はこせこ)やしごきなど大人には使用しない小物が多いので、しっかり確認してください。
また、久しぶりに箱を開けたらシミだらけ・・・なんて事もありますので、早めにチェック&ご相談される事をオススメいたします。

そして、忘れてはいけないのは「肩上げ」。
お子様の着物に限って、サイズを調整する為に肩にタックを取って縫う「肩上げ」作業があります。
「肩上げ」はサイズ調整の他に縁起物の意味もありますので必ずしておきましょう。

「肩上げ」の他に裾の長さを調整する為に、腰のあたりにタックを取って縫う「腰上げ」もあります。
「腰上げ」をしておくと、紐が1本少なくて済むので着心地がとても楽ちん。どんなに激しく動いても着崩れもしません。
3才さんには絶対おすすめです。


食事

食事の場所はお決まりですか?
撮影、ご祈祷のあとにご家族やおじいちゃま、おばあちゃまと一緒に食事をされる方が多いようです。
ただ、お子様にとってお着物でのお食事は汚す&苦しくて大変。
そこで、オススメなのはお食事場所を個室にして、そこで洋服へお着替え。
皆にお着物のお披露目も出来るし、その後は着替えて楽しくお食事できます。
食べこぼしを気にしながらの食事は楽しくないですもんね。
「どうしても脱ぎたくなーい」という、お洒落さんにはエプロンを用意しておいてもよいかもしれません。


オススメ

それ以外に・・・意外と役立つ小物です。

靴→3才さんは履き慣れた靴をもっていきましょう。歩いている途中で「脱ぎたーい」と草履をポイッなんて事もあるんです。

飴→七五三は着付けやら撮影やらご祈祷やらと子供にとってはかなりハードなスケジュール。
疲れてついつい不機嫌さんに・・・そんな時に「飴」を口に入れてあげるとなんだか元気に。
ただし、棒つきの飴やチョコレートは着物が汚れるのでNGです。
グミは食べやすく、噛んですぐになくなってしまうのでお勧めです。
そして、水分補給用の水筒も便利です。できればストロータイプの方がお子様の口紅が落ちないのでオススメです。

おもちゃ→待ち時間や撮影の時に役立つ小物です。お子様の機嫌を取る為に、この日は好きなおもちゃを持ってでかけましょう。ゲームまたはポータブルDVDなども飽きさせないツールとしてこの日は特別に持っていきましょう。


七五三は大忙しな1日でもあり、楽しい素敵な1日
イライラしないで、和やかに過ごせるように、事前にきちんと準備して七五三に臨みたいですね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年もご褒美・・・しかし・・・

2017-08-08 21:39:02 | 仕事
8月に入りました~
この時期は出張のお仕事は落ち着き、スタジオのお仕事がメインになります
そして・・・既にご予約をいただいている秋の七五三のお客様とのお打ち合わせが始まります
毎年恒例、膨大な数の打ち合わせと資料作りがスタートするので覚悟が・・・・
地道にコツコツ頑張らないと

さてさて、昨年の夏に念願の小田和正さんのライブのチケットが取れ

「毎日お仕事やお勉強頑張っているので、ご褒美かな~

と思いつつ、ありがたい至福の時間を過ごすことができたのですが・・・

なんと!!!!
今年もまたまたご褒美いただきました




死ぬまでに絶対行きたかったミスチルのライブに行ってきました

デビューからずーーーっと大ファンですが、特にこだわりもなく、ファンクラブにも入っていないので、昨年と同様チケットの先行予約に申し込んだら、見事当選

日頃全く、くじ運がないのですが、プレミアムチケット当選で

「今年もご褒美、ありがとうございますっっっっ


横浜の日産スタジアム。前日まで台風で中止にならないかハラハラドキドキ
幸い台風はそれてくれて、一安心。ただスタジアムは炎天下で暑いこと暑いこと

でも、、、念願のライブ 遠いやら暑いやら、なんでも我慢しちゃう我慢しちゃう

デビュー25周年という事もあり、懐かしい名曲続々
超カッコ良すぎます
ミスチルのメンバーとはほぼ同世代なので、一緒に年を重ねてきたのね~としみじみ
それはそれは大盛り上がりなライブでした。


25年も経過しているのに、来ているお客様は20-30代の若い子ばかり
40-50代は少数派。60オーバーのお客様なんて殆どお見かけしませんでした
小田和正さんのコンサートはほぼ40オーバーのお客様だったので、かなり対照的

となると、10年後は行きづらくなってしまうのかな~

なんて事も思いつつ、年を忘れて一緒に歌って踊ってノリノリしてきました


(暗くなると観客が携帯のライトでピカピカ。私もやろうと思ったのですが、ライト機能がわからず断念 スマホデビューが遅かったもので・・・


しかし・・・・・・・

翌日、腕の筋肉痛やら目の充血やら・・・
日頃ないような、体調の異変が起きてしまいました

やはり、年齢には勝てません
気持ちは若いつもりでも、体はついていけなかったのね


でもでもでも・・・
それでも行ってよかった
大満足で、気持ち充実。


小田和正さん、ミスチルと願いがかなってしまったので、次は秦基博さんのライブかな~
またご褒美もらえるように、毎日毎日お仕事頑張るぞーーーーー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

目指すところ。

2017-07-31 22:14:21 | 仕事
今日で7月も終わりです
夏があっという間に過ぎていく~

本日は友人二人に自装の着付け教室開催
今は着付け教室は出張着付けが忙しく休眠状態
お友達という事もあり、スケジュールもお互いを尊重して決められたので助かりました
お二人ともとーーーっても頑張ったので、綺麗に着ることができました

そして、先日ブログに書きました、外国語学校の浴衣指導が無事に終了しました~

1時間半の授業が2コマ。
事前打ち合わせを細かく行っていたものの、やはり当日はいろいろな反省点がありました
一番の誤算は、浴衣や小物を持っていない学生さんが多く、レンタル用に持っていった小物の配布に15分近くかかってしまった事
準備片付け写真撮影を差し引いた実技時間の1時間の予定が、一気に45分程度になってしまいました

20人近い初心者さんを45分で指導するのはやはり時間的に厳しかったですね
2回くらい練習しようと計画していましたが、1回通して終わってしまいました

1回で終わってしまったのが少し心残りではありましたが、学生さん達がとても喜んでくれていたのが幸いでした

今回の事で感じたのが・・・

「着付け教室」と「授業」との大きな違い


「着付け教室」は着物を着たい人が自発的に申し込んで習いにくる場
「授業」は特に着物を着たいと思っていない人が学校の学びの一環として受ける場

そこにはやる気に大きな差があり、同じところを目指してはいけないと痛感しました

「着付け教室」はゴールが「着物を綺麗に着る」所にあるので、ある程度ハードにきっちり指導した方が満足度が高いのですが

「授業」はそこをゴールにしないで、「着物を楽しく着る」を目指すべきだと思いました。


なぜなら、「大変だった」「苦しかった」「面倒くさかった」で終わってしまうと、その先「また着たい」と思えなくなってしまいそうです

「楽しかったからまた着てみたい

これが、今回のゴールなのだと感じたのです

なので、きっと実技時間を3時間に増やしていたら、最後の方は飽きて疲れ果ててしまったのかも・・・
そういった意味では、今回は「まーいい感じに成功」だったかな・・・と学校の先生とお話させていただきました
学生さんの写真の笑顔が物語っていますね みんな可愛い~

ただ、次回に向けて解決すべきことはまだまだありそうです
小物配りの問題以外にも、着付けの技術の裾合せ、おはしょり、帯結びの難しい部分では殆どの学生さんがマンツーマン指導でないと理解ができないことも判明

時間と指導方法の兼ね合いも今後の検討課題になりそうです

今回のお仕事は私自身にとっても、とても有意義な素晴らしい経験となりました
ご依頼くださった学校の先生に感謝です。

来年またご訪問できるのを楽しみにしています






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

指導に向けて・・・

2017-07-13 18:15:52 | 仕事
7月に入り、暑い日が続いていますね~
梅雨はまだあけていないというのに・・・

今年の夏は暑くなりそうです
皆様夏バテにはお気を付けください

さてさて、花嫁着付けのお勉強やら、新しいスタジオの着物の買い付けやら、暑い中頑張っております。
そして、外国語学校での浴衣講習に向けての資料作りも終了~
お世話になっているスタジオ様のお部屋をお借りして、浴衣や小物などの撮影をさせて頂きました。
撮影時には大きな着付け用のボディを持参し、スタジオのスタッフさんにびっくりされてしまいました

そして先日、外国語学校の担当者様とのお打ち合わせも無事に終わり、あとは指導手順の確認や当日の進め方をまとめればOK
昔から、人に物を教えるのは大好きなので、若い学生さんにご指導できるのはとても楽しみです
一応、教員免許ももっているし・・・(現在、全く役立っていませんが

ただ、着付け経験ゼロからのスタートの場合は、浴衣といえども意外と手ごわい
それに今回の指導時間は1時間ちょっと

学生さん全員が、なんとか1人で着られるところまで、持っていけるか・・・
指導の頑張りどころかもしれませんね

浴衣を着る楽しさを体験してもらって、着物に対する興味や知識が少しでも深まってもらえれば嬉しいです
大人数のご指導は今回が初めてですが、頑張ってきま~す
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無欲の勝利?

2017-06-30 23:49:47 | 仕事
早いもので6月も終わりです
今年も半分過ぎてしまいました

6月に入ってから、仕事関係がわさわさし始めています。
新しいスタジオが増え、花嫁さんの仕事の話があり、外国語学校の浴衣着付け講習があり・・・

うーん想定外にスケールが大きくなっている感じです
毎日、あれもこれもそれもこれも・・・と日常業務プラス新しい仕事関係の業務に励んでます。

ブログにちょこちょこ書いていたことがありますが、私自身は地位、名誉、野望、野心、大きな夢・・・に関心が無く
日々、そこそこに楽しく幸せで、ほどほど仕事、ほどほどのんびりがあれば・・・というぐーたらなタイプ。
こんな個人事業主でよいのかな~

しかしながら、人生のレールが思惑と違う方向へ導いているような気がします
そして流れに逆らわず、いつもそのまま身を任せてしまうのです。

気が付いたら、なんだかものすごく働いている人間になっている~

「無欲の勝利」という言葉もありますが、欲が無いと逆にいろいろなことが舞い込んでくるんですかね~
となると、もう少しガツガツ欲張りになると、仕事が落ち着くのかな???

・・・なんて、ことはできないので、今やるべきことを黙々とやるのみですね
健康に気を付けて頑張ろう~っと


今日のお写真は叙勲のお式にご出席される奥様です。
とても上品で素敵な奥様でした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

胸きゅん♪

2017-06-16 23:14:32 | 仕事
6月、梅雨に突入しましたね~
今週末は結婚式のお仕事が立て込んでいるので、お天気が大崩れしないといいのですが・・・

先日、運転中に聞いていたラジオから流れてきた曲

「うわーーー、なんて綺麗なせつない曲なんだろう。でも、なぜかものすご~く懐かしい・・・

「いや、この曲知ってる。遠い昔に何度も聞いていた記憶が・・・」

車の中でそんな自問自答を繰り広げていました。

最後に曲目が秦基博さんの「RAIN」と判明

でも、この胸が締め付けられる思い、絶対聞いたことのある曲。
すぐに調べてみると

作詞作曲に「大江千里」さんの名前

なるほど~懐かしいな~。
かれこれ30年ほど前の曲。
学生時代に大好きだったアーティストさんでコンサートにも行った記憶がよみがえってきました。

黒ぶち眼鏡にタートルネック、スーツをおしゃれに着こなす姿が思い出されました。
今はアメリカでジャズピアニストになってしまったんですね
ユーチューブで検索して、久しぶりに昔の曲を見続けてしまいました

そして、あまりに懐かしくて思わずCDまで買ってしまいました

音楽の力ってすごいですね~
その音楽を聴いていた頃に一気に心が戻ってしまうんですよね。

この時期にぴったりの曲。
雨が少し好きになるかも

今日のブログはすっかり仕事ネタから脱線してしまいました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NGワード。

2017-06-07 11:00:51 | 仕事
お久しブログ・・・・・・になってしまいました

「ブログ更新頑張るっっ
と年初に目標をたてたのですが、なんだかんだと後回しに・・・
もうちょっと頑張らないとですね

気が付けば6月に入ってしまいました
今月はジューンブライドの団体のお客様が多く、変更や打ち合わせに時間を取られることが増えています。
人数の多いお仕事の場合は、きめ細やかな対応をしないと当日進行がスムーズにいかないので、細心の注意が必要ですね

さてさて、先日いつもお世話になっているスタジオ様へ2回目の「七五三着付け」のご指導にご訪問させていただきました

前回のご指導から1ヶ月ぶりで、スタッフさんも

「全然できていません~

と不安そうでしたが、いざ復習を兼ねて5才袴の着付けをしてもらうと・・・

「ばっちぐーーーーーーーっっっっ


きちんと手順やコツを覚えていて素晴らしい~
ちゃんと復習されていたのがよくわかります。
あとは、練習を重ねてスピードアップを目指すようご指導させていただきました


引き続き、7才の振袖着付け

7才振袖は、サイズは大人より一回り小さいものの、着付け方法はほぼ同じという難題
習得するにはさらに練習の積み重ねが必要な技術です。

大まかな手順はOKでしたが、今後の課題は仕上がりの美しさと確実性。
着物の美しさを決めるのは

「襟(えり)」
「裾(すそ)」
「おはしょり」
「帯」
「小物のバランス」

細かい、パーツを一か所ずつ丁寧に仕上げて積み重ねることで、美しい仕上がりとなります
どこかがかけていても残念な印象になってしまいますので、細かい注意が必要です。

手順をマスターしてから美しく仕上げるまでの道のりは長いものですが、

「美意識」と「練習」で目と腕をひたすら鍛えれば、誰もが必ず取得できる技術なので、是非頑張ってほしいですね


そして・・・
技術以外に気を付けてほしいのは、着付けは「接客」であるという事かもしません。
「練習」ではなく「本番」なんですね。

最初の頃はつい黙々と必死に着付けをしてしまいがちですが、沈黙はお客様にとって、とても長い時間に感じてしまいます
楽しい会話や相手を思いやる声掛けをすることで、リラックスできる着付け環境づくりも大事です。

また、ついつい言ってしまいがちなNGワードなあります。
それは。。。。。


「あれっ????」

この言葉、大したワードでない印象がありますが、お客様からすると


「何か問題あったのかな?????」

と不安な気持ちになってしまうんです。

もし、病院で手術の最中に、お医者さんが


「あれっっっっ?

と言ったら、それはそれは不安MAXですよ~

帯の結び方を忘れた
小物が足りない
サイズが合わない
思った通りに仕上がらない

着付け最中には様々なことが起こりますが、心で慌てても絶対に表に出してはいけません。
表面上は何事もなかったように、一方頭の中はフル回転で乗り切るのみです

そんな事にならないように、練習を積み重ねて頑張ってほしいと思っていま~す



本日のお写真はご結婚式にご出席されるお嬢様です
振袖姿がとても美しく、もし花嫁様より目立ってしまったら・・・とつい余計な心配をしてしまいました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

・・・・で良かった♪

2017-05-08 18:56:13 | 仕事
ゴールデンウィークが終了しました~
皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?

出張着付けはサービス業なので、もちろん休みなし
電車でお休みのご家族を横目にみつつ、お仕事に励んでおりました

責任あるお仕事ではありますが、お客様とのお時間は大変楽しく、毎回充実した時間を過ごさせて頂いております。

先日は、地方から姪っ子様のご結婚式にいらっしゃった奥様とおしゃべりに花が咲きました
お嬢様のお話から介護の話まで、とても楽しいおしゃべりの時間(もちろん、仕事も頑張りましたよ

奥様からこんな素敵な2通のお礼メールをいただきました。


今日は、早朝からありがとうございました。
kyoさんに、朝から良いパワーを頂きました。
お母さんのお話など、お聞きして嬉しかったです。
着付けもメイク、髪の毛全てバッチリ‼️(^^)
気持ちよく行って参ります。
ありがとうございました。m(._.)m

本当に、いい天気でした。楽しい良いお式でした。
kyoさんに、着付けて頂いた時間が楽しく、今日はラッキーDAYでした。
本当に。また、お世話になる事が、ありましたなら、是非是非よろしくお願いします。
皆んなが、大変着物、メイク、全て褒めて頂きました。

お仕事をきちんとこなすことはもちろんですが、コミュニケーションもお客様にとってとても重要な要素なのだと改めて感じました

この仕事を始めてから自分の性格でよかったと思うことがいくつかあります

おしゃべり好きで良かった
人見知りじゃなくて良かった
ミーハーで良かった
好奇心旺盛で良かった
楽しいことが好きで良かった

毎回、今日はどんなお客様なのかわくわくして、いろいろお話していくうちにお客様の事を理解して、楽しい時間を過ごすことが本当に幸せです。
こちらこそ皆様から良いパワーをいただいています

もちろん、「おしゃべりが苦手」というお客様には、攻めていきませんのご安心ください

1人1人のお客様の貴重なお時間をいただいていますので、気持ちよくお出かけできるようなお仕事をこれからもさせていただきたいと思っています

本日のお写真はご結婚式にご出席されるお客様です。
リピーターのお客様で、前回は控えめなヘアスタイルでしたが、今回はクールなヘアスタイルをご希望されました
毎回雰囲気の異なるヘアスタイルを楽しむのもお勧めですね
お母様がお着物に詳しく、素敵な古典柄のお着物がとてもお似合いでした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

修正する技術。

2017-04-24 20:36:17 | 仕事
春・うらら~
桜の花は終わってしまいましたが、ハナミズキが綺麗な季節となりました

待ちに待った日常生活が戻り、睡眠不足もようやく解消されてきました(笑)

さてさて、先日お仕事でご訪問させていただいているスタジオ様からのご依頼で「七五三着付け講習会」に行ってまいりました
スタジオ様からのご依頼は今回で3店舗目になります

スタジオを運営するうえでも七五三はとても大事。秋の撮影のほとんどは七五三ですね
その為にも、七五三の着付けを勉強されるのは素晴らしいことだと思います!!

実際、上手に着付けられるかは練習と努力次第という部分もありますが、学ぶことで得られるのが「修正する技術」です

着付けは直線で裁断された布で出来た着物を、その人の体のサイズに合わせて行います。
全ての布がつながっている為

「ここの乱れを直したいんだけど~

と、思っても構造がわかっていないと、どこを触ればよいかわからないんです
自分で着付ける事ができるようになると、どこを引っ張るとどこが伸びるのか・・・の原理がわかるようになるんですね

お客様がご自身で着られてきた場合や外の美容室さんで着付けてこられた時に、スタジオ到着時点で着崩れてグズグズ~

なんて事も多々有ります

そういう時に、「修正する技術」があれば、撮影の間の応急処置ができるようになるんです
根本的な修正はできないかもしれませんが、撮影に響かない程度にきれい直せれば十分ですね


また、万が一頼んでいた着付け師さんが急遽これなくなった場合(そうならないように、気を付けます)や、繁忙期でどうしても着付け師さんの手配ができない時などにも学んだ技術は役立つと思います

などなど・・・スタジオ様が着付けを学ぶメリットは盛りだくさん。
是非是非、技術取得をお勧めします


着付け講習会の様子 → こちらをクリック!!!

スタッフの皆さん、とても熱心に練習されていました
今回は5才の袴着付け、7才付け帯の着付けまでご指導させていただきましたが、なかなか素晴らしい習得ぶりでした
(私はえらそうに写っていてすいません集中してるだけですっっっっ

秋までに、何とか7才手結びまで着付けられるようにサポートさせていただきます


本日のお写真は、卒園式に出席されるお母様です
グリーンの色無地がとても品よくお似合いでした
お子様たちがほんとに可愛らしく、お兄ちゃんはピアノ演奏まで披露してくれました
お世辞抜きで、とーーっても上手で関心してしまいました
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加