株式会社共栄レジン http://kyoeirezin.b.la9.ne.jp

ロープアクセス(ブランコ工法)にて、コンクリート建物の調査、修繕工事を行えます。一級建築施工管理技士 代表 笹倉宰史

耐震化の為の大規模修繕。

2017年03月21日 | 個人的なつぶやき。
休日に銀座・日比谷周辺に行きました。

ふと日比谷公園である建物前にて足が止まりました。

れんが風の特徴的な外観で日比谷の象徴ともいえるコンサートホール。

日比谷公会堂。昨年より長期休館だそうです。

外観は保たれる予定とのことですが、、、、、。

本格的なホールを備えた我が国最初の施設として昭和4年に竣工し

全体が茶褐色のタイルで覆われたネオ・ゴシック形式で

建物中央に時計塔がそびえたち、一部の窓に使われた黄色テラコッタが

垂直性を強調したデザインにアクセントをつけているそうです。

近代化産業遺産にも指定されているそうです。

ホールの音響は素晴らしいものだったと伺っています。

足を運ぶ事はございませんでしたが、、、、、

再開はまだ不明との事ですが、、、、、

歴史と思い出の詰まった財産は、どうか、、、、残して欲しいです、、、、。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今後の為に、、、、 | トップ | 六年目を迎えて。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。