老後は京都で

京都移住と健康について考えるブログです。京都町中(堺町六角)と東京(青山)を行き来する二地域居住を実践中 !

美しき京都の残像 ? ~ アレックス・カーさんの、「もうひとつの京都」

2016年09月17日 | 京都と外国人
もうひとつの京都
クリエーター情報なし
世界文化社

以前、拙ブログでもとりあげた「美しき日本の残像」という本の著者、

アレックス・カーさんが、

「もうひとつの京都」という本を出されたらしい。

以下は、その「内容紹介」。

「 外の眼から見える、もうひとつの日本。

 門や塀、襖など、私たちにとっては当たり前の日本を独自の切り口で読み解く。

 『美しき日本の残像』で1994年に新潮学芸賞を受賞したカー氏が、

 長年かけて執筆した書き下ろしのエッセイ集 」

「 この本は歴史の教科書でもなく、京都の重要なことをまとめた集大成でもなく、

 ある特定の寺院についての解説書でもありません。

 観光ガイドや歴史書に出てくるような詳細な情報、

 たとえばお寺の開創年、アクセス情報、メインの見どころは述べていません。

 それより、私とキャシーが京都の表通りよりも裏路地を歩いて

 興味をもったものを追求して得た知識や情報を盛り込みました。

 (中略)この本で述べていることは、

 一般的に教わる日本と京都の歴史とは合致しないかもしれません。

 あくまで「口伝」であり、これまで誰も書き下ろしたことのないものです。

 (「はじめに」より一部抜粋)  」

以下は、「著者情報」。

「 東洋文化研究者。NPO 篪庵 1952年、米国生まれ。

 1964年初来日。イエール大学にて日本学専攻。

 オックスフォード大学で中国学の修士号を取得。

 1977年から京都府亀岡市を生活拠点とし、

 書や古美術、演劇など伝統文化・芸能の研究に励む一方、

 2000年代には京町家を改修し宿泊業を展開。

 2010年以降は活動を地方へと広げ、滞在型観光の促進に寄与。

 これまでに数十軒の古民家を改修。

 著書に『美しき日本の残像』(朝日文庫、1994年新潮学芸賞)、

『犬と鬼』(講談社)、『ニッポン景観論』(集英社新書)など  」

英語版「Another Kyoto」も同時発売されてますよ !

Another KYOTO
クリエーター情報なし
世界文化社

京都移住について考える・「老後は京都で」~トップページに戻る

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きょうも京都で京づくし  | トップ | 大雨となった今日の京都 ~... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

京都と外国人」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。