老後は京都で

京都移住と健康について考えるブログです。京都町中(堺町六角)と東京(青山)を行き来する二地域居住を実践中 !

iPS細胞が医療をここまで変える

2016年10月25日 | 医療 & 健康、食事
iPS細胞が医療をここまで変える (PHP新書)
クリエーター情報なし
PHP研究所

「 ハーバード、スタンフォード、ケンブリッジ……

世界の研究最前線の現場をレポート。

山中伸弥博士がマウスiPS細胞の作製成功を発表したのは2006年のことだったが、

それからiPS細胞を用いた再生医療や薬の開発は、加速度的に進んでいる。

これまでは日本がリードしてきたが、しかし世界各国の追い上げも急だ。

本書では、実際に各国でiPS細胞関連の研究をしている著名な研究者を訪ね、

ルポルタージュ形式で研究最前線をレポート。

病気やケガで苦しむ患者を一日でも早く治すため、

そしてまだ見ぬ生命の謎を解き明かすため、

果敢なる挑戦を続ける世界の研究者たちの姿を浮き彫りにする。

また、代表的な疾患について、iPS細胞を用いた最先端研究の進捗状況を紹介し、

iPS医療実現への道のりを探る。

世界的な大競争の中、日本はリードを守れるのか ?

“夢の医療"の実現への希望と課題を浮かび上がらせる書  」

( 「内容紹介」より )

京都移住について考える・「老後は京都で」~トップページに戻る

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月の京都  | トップ | 京都(中心部)の医療環境は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。