老後は京都で

京都移住と健康について考えるブログです。京都町中(堺町六角)と東京(青山)を行き来する二地域居住を実践中 !

京都の風水地理学

2017年04月20日 | 京都学&京都検定
平安京は正三角形でできていた! 京都の風水地理学 (じっぴコンパクト新書)
クリエーター情報なし
実業之日本社

風水から見た京都地理学 !

以下は、その内容紹介。

「「木」「火」「土」「金」「水」 京都・平安京は五行説で読み解ける !

平安京の手本となった長安の都・大興城は、

北が低く、南が高い地形に合った。

それと正反対の京都の地形では、どのように土地を利用したのか ?

建物はどう配置したのか ?

現代では「当然の常識」ではなくなってしまった風水

(本書では、五行説と易を扱う)。

万物は木・火・土・金・水のいずれかに属し、

それぞれが関係し合う。

為政者は、大路や建物をそれらに見立て、都を作っていった。

すべては陽と陰に分けられ、

その並びで易を読み、性格をつけていく。

例えば、秀吉は平安京を「山風蠱」(刷新のイメージ)として作った。

その後、家康は二条城を設置して「火風鼎」(安定のイメージ)に変えた。

風水で、京都の「そこ」に建物がある意味まで見えてくる。

【目次】

第1章 平安京の風水地理学 平安京の正三角形

なぜ平安京の南東角は欠けているのか

なぜ東寺と西寺は都の南端にあるのか

神泉苑の謎 何のための庭園か ほか

第2章 平安京の風水地理学

蚕の社 水の正三角形

河合神社 火の正三角形

六角堂はなぜ六角形なのか

伏見稲荷大社 なぜ商売繁昌の神様になったのか ほか

第3章 庭園の風水地理学

金閣寺庭園 金閣とはなにか

銀閣寺庭園の謎その二 向月台は月時計だった

二条城二の丸庭園の謎

二条城はなぜ二条にあるのか ほか

第4章 天正の都市改造の風水地理学

御土居の形はどうやって決めたのか

聚楽第はなぜこの場所にあったのか

家康による易の読み替え ほか

著者について

1960 年大阪府生まれ。京都工芸繊維大学建築学科卒。

阪神大震災の復旧に携わったのち修復建築家となる。

京都精華大、摂南大、同志社女子大、関大、大工大、

京都建築専門学校などの非常勤講師。

著書に『地震とマンション』(共著、ちくま新書、2000)、

『隠岐ノ島旅スケッチ』(大龍堂書店、2010)、

『京都まち遺産探偵』(淡交社、2013)、

『京都・大阪・神戸 名建築さんぽマップ』(エクスナレッジ、2016)ほか 」

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロームシアター京都(その2) | トップ | 関西の絶景  (SAVVY別冊) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。