老後は京都で

京都移住と健康について考えるブログです。京都町中(堺町六角)と東京(青山)を行き来する二地域居住を実践中 !

快適ノマドライフ術(その2) ~ 「暮らすように旅する」ではなく、「旅するように暮らす」 ?

2016年10月19日 | 素晴らしきかなノマドライフ
京のろおじ 暮らす旅 京都
クリエーター情報なし
CCCメディアハウス

最近、京都の町家などにロングステイして

「暮らすように旅する」というコンセプトで

京都旅を提案する京都本やガイドブックが多い。

( 冒頭に掲げた、「京のろおじ 暮らす旅 京都」もその1つ。詳細は、コチラ )

若い人の京都暮らし願望をうまくとらえた

見事なキャッチコピーだとつくづく感心するが、

(まがりなりにも京都移住を果たした今)

私のやっていることは、これとは真逆。

すなわち、「暮らすように旅する」ではなく、「旅するように暮らす」、、、、

たとえば、サクラや紅葉の季節、1ヶ月ほど京都で過ごしたあと東京に移ると、

40年近く住んだ東京の街が

(以前、もっぱら東京にだけ住んでいた頃には考えられなかったくらい)

新鮮にうつる。

逆に、東京でしばらく暮らしたあと、

京都に戻ってくると、

やっぱり京都はええなぁ ~ となる。

「暮らす」と捉えると、いかに魅力ある京都といえども陳腐化する(「ケ」の世界になる)

「旅する」と捉えると、

京都は(十数年前、東京にいながら、いつか・住もうと恋い焦がれた)

あの頃の京都のままだ(京都が「ハレ」の場であり続ける)。

東京・青山しかり。

ようするに、「暮らすように旅する」ではなく、「旅するように暮らす」ことで、

自分の住む街(京都であれ、東京であれ)を

いつまでも新鮮に感じ続けることができるように思えるのだ。

そして、いつまでも、旅行者のような新鮮な眼で、

自分の住む街に接することを可能にする精神的な姿勢こそ、

ノマドというライフスタイルなのだと思う。

(続く)

( 追記 )

下は、「レバレッジシンキング」などでお馴染みの、

本田直之さんの「ノマドライフ」。

本田さんは、ハワイに6ヶ月、東京に4ヶ月、

その他の国に2ヶ月という割合で一年を暮らしているのだという。

ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと
クリエーター情報なし
朝日新聞出版

京都移住について考える・「老後は京都で」~トップページに戻る

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本一マニアックな ? 「京... | トップ | 米国旅行誌のランキングで、... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
将来の夢 (Chie)
2016-10-20 08:58:26
夢のノマド生活ができるように、準備したいです。

青山、京都、次はどちらが候補ですか〜?^ - ^
Unknown (京カフェ(S&Y改め))
2016-10-21 01:30:39
Chie さま

リスク分散や投資妙味という点から、
次は、海外不動産、、、、、
と思わないわけでもないのですが、
現地の不動産法制、資産税制、
ビザ、医療制度、医療保険等、
調べることが多いので、
なかなかハードルが高いですね。
投資妙味といった点からは英国不動産かな、
自然災害や原子力災害への備えという点からは、
南半球のシドニーかな等々
日々為替相場(FX)を見ながらよく考えますが、
海外ライフについて考えれば考えるほど
治安が良く、医療費も安い日本の良さが際立って
感じられます。
原発事故や大地震、財政破綻等の万一のリスクに備え、金融資産のかたちで海外資産を保有しながら、
リアルライフは日本国内で、、、、、
というのが(当面)現実的な選択でしょうか ?
( → ドル資産さえもっていれば、円が240円とか、360円になる日本にとって悪夢のようなシナリオが、
いずれかの経路で示現しても、少なくともそのドル資産は、そのとき、円ベースでは2倍、3倍になっているわけですから )
ドル資産さえもっていれば (ハヤテ)
2016-10-22 21:30:46
お金持というのはこういう考え方をするんですね!
勉強になりました。
Unknown (京カフェ(S&Y改め))
2016-10-22 22:54:55
ハヤテ さま

かわぐちかいじさんのコミックに、
「太陽の黙示録」というのがあります。
日本列島を超巨大地震が襲い、
日本国民が難民として台湾など海外に散り
辛苦を味わうという話ですが、
こうした事態への備えというのは、
頭の片隅には置かれておいた方が
よいと思います。
私自身はお金持ちでもなんでもありませんが、
為替相場(FX)を見ながら、
こうした思考実験は絶えず行うようにはしています。
まぁ、確率は相当低いでしょうが、、、、、

なるほど (Chie)
2016-11-04 07:37:11
いつも大変勉強になります。
どうもありがとうございます^ - ^
Unknown (京カフェ)
2016-11-04 11:48:26
Chie さま

英国の裁判所がEU離脱には、英国議会の承認が必要という判断を示したことで、英国ポンドが反発しました。
議会で否決されれば、あの騒ぎは何だったのだ ?
ということになりかねない興味深い動きです。
ドル円に関しては、トランプ大統領誕生リスクは、
とてもテールリスク(確率の低いリスク)とは、
いえないレベルまで上がってきました。
トランプ大統領誕生ともなれば、
ドル円は100円を割るでしょうから、
そのときが買い時カナ ???
いずれにしろ、ショック安を利用して資産の分散を図っておく、、、、というのは十分あり、だと思います。
Unknown (ハヤテ)
2016-11-06 16:17:11
いよいよ火曜日アメリカ大統領選挙ですね。
直前の現地点で京カフェ様はどう予想されますか?
Unknown (京カフェ)
2016-11-06 20:15:18
ハヤテ さま

トランプ候補が猛追してますので、
最後まで目が離せなくなってきましたね。
選挙結果の予想については、
その筋の専門家が色々公表しているので、
そちらに任せるとして、
ここまで拮抗してくると、
為替市場も株式市場もトランプ・リスクに
備えないわけにはいかなくなってきたはずです。
日本時間の月曜、火曜、水曜と
マーケットでは何が起こっても不思議ではないですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。