老後は京都で

京都移住と健康について考えるブログです。京都町中(堺町六角)と東京(青山)を行き来する二地域居住を実践中 !

京都ぶらり歴史探訪 ~ 都人たちが楽しむ四季

2016年12月13日 | 京都の四季
京都 四季の庭園
クリエーター情報なし
光村推古書院

BS 朝日の人気番組、「京都ぶらり歴史探訪」、

今夜は2時間スペシャルで、「都人たちが楽しむ四季」。

放送は午後9時から。

以下は、その番組紹介。

「 春夏秋冬、趣を変えるいにしえの都・京都。うつろう季節を、

都人たちはいかに楽しんだのか…?

折り重なる時の中で生まれた風情を、はるかなる歴史とともにひも解く 」

「 春は、咲き誇る桜に秘められた物語。

まず、訪ねるのは醍醐寺。

この寺で蘇るのが、豊臣秀吉の面影。

この世を去る半年前、人生最後の輝きのように盛大に開かれた花見。

そこに秘められた思いとは ? 

鴨川でつづられるのは、夏の物語。

納涼床で出会う夏の喜びや、文人たちの名残…

そして、伝統の扇には、芝翫さん襲名との深い繋がりが。

鴨川源流のひとつが湧き出る寺には、芝翫さんの演じた歌舞伎の演目の舞台があった。

秋の紅葉の名所として知られるのが、永観堂。

平安貴族が愛でたその景色を、与謝野晶子は歌にした。

そんな寺の本尊は、みかえり阿弥陀という異名を持つ仏。

その姿に秘められた、奥深い慈悲の心とは ?

豊臣秀吉も味わったという旬の松茸も堪能する。

冬の京都といえば大原。

三千院の境内に広がる“苔むした庭"が伝える、冬ならではの趣とは ?

さらに、歴史を超えて絶賛される、あの清水寺の貴重な雪景色も紹介。

出演者

中村芝翫(歌舞伎俳優)  」

( 追記 )

下は、水野克比古さんの12枚の写真で構成された

都人たちが楽しんできた京都の四季を味わえる

「京都ポストカードカレンダー」の2017年版。

卓上としても、壁掛けとしても使えるケース入りで、

使用後は、写真部分を切り取り日付け部分から切り離すと

美しい絵葉書にもなりますよ !

京都ポストカードカレンダー2017 ([カレンダー])
クリエーター情報なし
光村推古書院

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 季節を感じて暮らすよろこび... | トップ | 「ときめく和菓子図鑑」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

京都の四季」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。