老後は京都で

京都移住と健康について考えるブログです。京都町中(堺町六角)と東京(青山)を行き来する二地域居住を実践中 !

「銀漢亭こぼれ噺  そして京都」

2017年04月19日 | 読書一般
銀漢亭こぼれ噺ーそして京都
クリエーター情報なし
星雲社

「 俳人協会新人賞受賞の俳人にして、酒亭・銀漢亭亭主が

始めて語る俳句と京都を巡る半生記。

仕事で赴任した京都、京都生まれの妻を娶り、俳句を始めてからの京都。

バブルの崩壊により事業から撤退し、俳人居酒屋の亭主としての再出発。

そして、妻を亡くしてからの京都……。

喜びと悲しみを交錯させながら、俳人はどう生きてきたのか。

★吉田類(酒場放浪記)推薦 ! !

著者について

伊藤 伊那男(いとう いなお)。俳人、酒亭・銀漢亭 亭主。

1949年、長野県駒ヶ根市生まれ。

野村證券、オリックス、金融会社の経営等を経て、

2005年、酒亭銀漢亭を開業。

この間、1982年に皆川盤水の「春耕」に入会して俳句を始める。

1990年、春耕賞受賞。

1998年、句集『銀漢』により第22回俳人協会新人賞受賞。

2011年、俳句誌「銀漢」を創刊主宰。

句集に『銀漢』(白凰社)、『知命なほ』(角川21世紀俳句叢書)、

評論に『漂泊の俳人 井上井月』(角川俳句ライブラリー)がある。

日本文藝家協会会員。俳人協会幹事  」(内容紹介)

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「京都かけだし信金マンの事... | トップ | 百花繚乱の、京都府立植物園... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。