老後は京都で

京都移住と健康について考えるブログです。京都町中(堺町六角)と東京(青山)を行き来する二地域居住を実践中 !

「わたしの好きな仏さまめぐり」(瀬戸内寂聴)

2017年02月24日 | 京都と仏教・お寺・仏像
わたしの好きな仏さまめぐり
クリエーター情報なし
マガジンハウス

マガジンハウス社から出版された

瀬戸内寂聴さんの仏像案内、、、、

以下は、その内容紹介。

「 今年、95歳となられる瀬戸内寂聴さん。
作家として僧侶として、現役で活躍中です。

京都の自らのお寺・寂庵で行われる
法話の会にはたくさんの参加申込が殺到。
仏さまの話、人生の悩み、文化芸術などなど
深い人生経験に根ざした寂聴さんの語りは
もちろん小説、エッセイ、対談まで
寂聴さんの本は世代を超えた人気があります。

本書はそんな寂聴さんによる古寺と仏像を
めぐるガイドです。

仏像ブームはますます熱くなってきています。
京都、奈良はじめ各地の仏像をめぐるのはもちろん、
ミュージアムでの仏像展も開催のたびに
いつも長い行列ができるほどの人気です。

なぜこんなに仏像に魅かれるのでしょうか。
それがこの寂聴さんの本を読むとよくわかります。

十七歳のときに奈良。法隆寺の百済観音像を見て
涙がひたすら溢れてどうしようもなかった体験を
した寂聴さん。ひとつの仏像になぜこんなにも感動
するのか、そのわけを知りたくて寂聴さんの
仏さまめぐりは始まったのです。

本書では、寂聴さんが長い年月をかけてめぐったお寺、
出会った仏像から、よりすぐりをセレクトしました。

小説での女性の描写は当代一の寂聴さんですら、
その官能性に圧倒されたという奈良・法華寺の十一面観音。
いっぽうで少女の初々しさをもつ京都・浄瑠璃寺の吉祥天、
そして琵琶湖畔の里に隠れる美しくあでやかな観音さまたち。
寂聴さんの出会いの感動が直に伝わってきます。

また寂聴さんを荒れ寺の復興に呼び寄せたという
岩手・天台寺の桂泉観音、気弱になった寂聴さんも
その厳しいお顔を見るとパワーがもらえるという
京都・神護寺の薬師如来などのめぐりあいなど、
寂聴さんは最愛の仏像から本当に「生きる力」を
もらっているということが実感できます。

ぜひ本書を読んで寂聴さんのめぐった道程をたどり、
仏像とよいめぐりあわせの縁を得て
豊かな人生を送ってほしい。
それこそが寂聴さんがこの本に込めた祈りです。

またお寺にお参りして、達筆の文字に
朱の判子が押された御朱印をもらうのも大ブーム。
専用の御朱印帖も様々なデザインで売っています。

今回の本はそんな御朱印帖のサイズに合わせています。
ぜひ愛用の御朱印帖と一緒に旅行かばんにしのばせて
これからの季節の古寺、仏像をめぐる旅に
おでかけください  」

「 寂聴さんとっておきの古寺と仏像の旅へご案内します。

最愛の仏像に出会うことが生きる力となる。寂聴より抜き15のほとけ径  」

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都は今、空前のホテル建設... | トップ | きたやまおさむさんの自伝 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。