季節の声に耳を澄ます(2)

自然の息吹を感じたい。私の暮らし、思うこといろいろ書きたい。

鴨が渡ってきた

2016年11月02日 | 日記

 久し振りに

高町池をめぐってみた。

いつも気にしている青首の鴨の姿が見えない。

いつも一緒だったアヒルが一羽水に浮かんでいる。

傍らにアオサギが。

アヒルとアオサギは微妙な間を取って向き合っている?

池をめぐって対岸から青首の姿を探したが見つからない。

対岸から眺めるとアヒルとアオサギが~

羽を痛めて帰れず通年池に居続けた青首ははかなくなったのかもしれない。

夏暑かったので長いご無沙汰をしている間に。

アヒルは寂しい思いをしているのだろう。

アオサギとの距離が語ってくれる。

アヒルと鴨が一つの家族のようだったように

アヒルはアオサギとお友達になりたいのかも。

勝手な想像を巡らせて今日のお散歩は終了。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 火恋し | トップ | 鴨の群れの先頭に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事