風の吹くまま

気の向くままに

まだ暗い 藍錆色ってなに?

2017-06-18 03:22:05 | Weblog
02:00起床
あれまあ
変な時間に起きだしたのではなく、変な時間に寝込んでしまってはっと目を覚ましたら2時になっていた。普段は滅多な事では化粧も落とさず風呂にも入らず布団の中に入ることはないのだがお客さんの布団を片付けて、自分用の布団を敷いてその上にちょっとだけと思って横になったのが間違いだった。夏場でもシャワーだけで済ませることないがこんな早朝(?)なので例外だ。夜明け前の空の色をなんと表現したらいいのか調べてみたが「瑠璃色」とは違う気もするしどちらかと言うと「藍錆色」に近いのかも知れない。色の知識などないが空の色も晴れたの曇っているだのと子どもの絵日記みたいなことしか書けないのだから少しは色の勉強でもやってみたらどうなの私。

昨日は旅ご夫妻は7時に家を出て手を振って次の目的地に向かった。その後ゆっくり本を読んだりしていたが午後になって自分の家じゃない家の掃除をした。住人が何処かの出かけている間の留守仕事だ。家をきれいに磨きあげる作業は大変だが終わった後はほっとしていい気分になるのでまあいいか。4時前に家を出て歩きがてら買い物に行った。行く途中道を外れて森の中に入り込んでみた。
キツリフネ(黄釣舟)だそうだ。釣舟とは魚を釣る為に出す小舟などと書かれているが形が船に似ているのだろうか。それとも釣られた舟なのか。糸のような先に黄色い花が咲いているのでそれならわかる気もする。
ガクアジサイ(額紫陽花)青い空に馴染んできれいだった。夕食の準備をして晩酌をしたが何時ものスーパーで社長お勧め、特に赤ワインなどと書かれたところにワインの瓶が横にして飾られていたのをみてふらふらと手を出した。その赤ワインを何時ものチュウハイを飲んだ後で追加でお腹に入れた。寝落ちた時間もわからない原因はこの追加分だ。

今日は何をして過ごそうか。未定だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 晴れている | トップ | 曇っている »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
面白い!と云ったら失礼ですか? (唐辛子や浅次郎)
2017-06-18 08:32:25
今朝の一枚は額アジサイに決定です。
夕方に流れる雲を背景に額アジサイの凛とした花の形と夕焼けになっているが額アジサイのブルーの色を作り流れていく一日が終わろうとしている。
素敵な1日で良かった❗
そんな思いが写した写真から小さな声で嬉しそうな声が聞こえた。
何をしても何を考えても自由、幸せは以外にも近くにあると写真を見ながら嬉しくなり、明日もまたまたお願いしますと、面白いから宜しくと遠くからコメントします。

浅次郎も3時に目が覚めてしまったがそれより早く頑張れる力をくれるコメントがきていたからそれはそれでうれしい朝の出来事だとよろこんでいます。
猫好きな妹さんにあったら日帰りの温泉の良いところに一緒にどうですかといったら
またまた不思議な仏の浅次郎と、おもしろいと云われそうだけど、まぁいいか❗いいものはいい❗
言い訳していたら前には歩いていけないからね。
身近な幸せ (唐辛子家浅次郎さんへ)
2017-06-19 05:40:13
遠いところばかりに幸せがあると思う詩がありましたね


山のあなた   <カール・ブッセ(上田敏訳)>
やまのあなた  <カール・ブッセ(うえだびん・やく)>

山のあなたの 空遠く
やまのあなたの そらとほ(お)く
「幸」住むと 人のいふ
さいはひ(わい)すむと ひとのいふ(ゆう)
噫われひとと 尋めゆきて
ああわれひとと とめゆきて
涙さしぐみ かへりきぬ
なみださしぐみ かへ(え)りきぬ
山のあなたに なほ遠く
やまのあなたに なほ(お)とほ(お)く
「幸」住むと 人のいふ
さいはひ(わい)すむと ひとのいふ(ゆう)


山のあちら側に行けば幸せがあるかも知れないと思うのはどうしてなのでしょうか

いつも気ないかけていただいてありがとうございます

ネコ好きの妹が飛び上がって喜んでいると思います
[詩の分かる人に憧れてきた❗]、 (唐辛子や浅次郎)
2017-06-19 07:14:56
今日のコメントをするのに暫く目を閉じて名前も知らない、姿も、ましてや住んでいるところも知らない。普通にコメントのやりとりをしている人は誰もみんなこうゆうぼやけた想像だけで満足しているのだろうか?
いろいろな考え、生き方があるから答えは1つではないと分かるが、いまはやりの[忖度]という言葉は実に自分を納得させる。
黙っていても目を見ただけで考えていることが分かるとの意味らしいが今の浅次郎にはブログを読んだだけで分かると勝手に[忖度]して満足している。
人にはいろいろな憧れがあるが、いつも尊敬しているとコメントしているのはこうゆうことだと覚えていてください。
[渡辺俊明]は憧れの画家てすが
バカでもいい、生まれ変わったらまた絵を描く手と、
詩の分かる魂を下さいと書いてあった言葉が、朝のブログを見て感じましま。
最近餃子の記事がないがもうそろそろですか?
ラー油にすこしカレー粉と荒く切った唐辛子を入れ少し煮詰めただけで美味しくなる餃子のタレが出来るみたいてすよ
いつも訳の分からないコメントですみません。、
それにしても (唐辛子家浅次郎さんへ)
2017-06-20 05:49:40
色々教えていただきありがとうございます

ブログ主の特権で浅次郎さんに色々書いていただいている内容が、全国の浅次郎さんファンの方にとってはうらやましい立場にいると思われていることでしょう

なんとも言いようのない暮らしの中で「仏さまの浅次郎さん」の慈悲のお心(??)は誰もがいやされているのではないでしょうか

今回の持ち場がたまたま私のブログで、次に浅次郎さんが訪れてくれないかと期待している浅次郎ファンの方のところにも是非お出かけください

いつもありがとうございます

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL