風の吹くまま

気の向くままに

曇っている

2017-08-13 05:20:12 | Weblog
04:05起床
まだ暗い。

昨日は朝8時半に家を出て江ノ島まで歩く事にした。小雨が降っていて傘を差していたが途中で雨は上がった。江ノ島までは前に二回ほど歩いているが道が良くわからない。前の二回とは違う道を歩いていたら「藤沢大和自転車道」と看板が出ていた。

この地図だと歩いて行きさえすれば江ノ島に出るような表示だ。
左に境川を見ながら歩くのだが、途中青蛙が一匹川を見ながら(?)物思いにふけっていた。まさかね。
センニンソウ(仙人草)咲き始めたばかりで蕾がたくさんついている。
整備された道は自転車道と名前が付いているだけあって後から来る自転車に次から次へと追い越される。歩いている人はあまりいない。青々とした田んぼの稲が真っ直ぐに上に向かって穂を出し始めていた。クコの花も咲いている。大きな道路に出たところで歩道が切れていて途中少し迷いながら藤沢の町を歩いた。12時半を回ったので道路の向かい側の蕎麦屋でお昼を食べる事にした。

蕎麦屋を出て少し歩いていたら消防署があってその脇を左に曲がったらまた境川に出た。
写真の川沿いの道路を歩いて来たのだがようやく江ノ島に辿り着いたのは13:50だった。途中でお昼を食べた時間を差し引くと5時間近く歩いていた事になる。この歩道を上がったところが小田急藤沢駅だった。

江ノ島に渡る道路からはヨットが見える。お盆休みに入っているのでものすごい混雑だ。人がごった返している中かき分けて海の向こう側で海水浴をしている人の姿が小さく見える場所に腰掛けてしばらくぼーとしていた。




帰りは迷ったが電車に乗る事にした。人気の江ノ電で藤沢迄出て小田急線の湘南台駅で乗り換えて最寄り駅に着いた。スーパーで買い物をして歩いて家に辿り着いたのは5時を回っていた。歩行数は四万を超えていたが普段の歩きで鍛えた足は全く痛みも感じずこれだったら江ノ島まではいつでも歩ける気がした。

アジの開きを焼いてピリッと辛い大根おろしで晩酌をした。

さて今日はどうなるのかな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨が降っている | トップ | 曇っている »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
小さな旅で喜びは心の中にある。 (唐辛子家浅次郎)
2017-08-13 06:18:10
帰る家があるのが旅て帰る所がないのが放浪、[あなたへ]の映画のなかの山頭火の俳句を思い出した。
江ノ島まであるいていき途中色々な景色をみたり蛙とはなしをしたり何気ない人を観察したり野に咲く誰も気がつかない花に少しだけ心寄せたりねいい旅か出来たね、ブログを読んでいて  [あんたは? 偉い] と声をかけたくなった。
いいとか悪いとかを決めるのは物の多さじゃなく自分の足で歩くことの心だね、

 いい旅が出来て良かったね❗
放浪の意味 (唐辛子家浅次郎さんへ)
2017-08-14 05:21:15
そうですか

戻る家があるのだから放浪ではないのですね

知らない場所へ移動したり、何時もとは違う場所を歩いたりするのは「放浪気分」が味わえるので好きです

回りに知っている人の顔が見えないだけでなんだか解放されたような気分になりだらけた表情で過ごせるのがいいです

いつも優しいコメントをいただきありがとうございます

浅次郎さんのブログ拝見しました
妹は「人見知り」です
お許し下さい

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL