風の吹くまま

気の向くままに

32-台湾 花蓮市 太魯閣にバスに乗って行った

2016-10-15 07:36:21 | Weblog

06:00起床
少し雲もかかっているが良い天気になりそうだ。

昨日はセブンイレブンの隣のバーガー屋で小麦粉に卵を挟んであるようなものを買って来て朝食を済ませた。

その後せっかく花蓮に来ているので「太魯閣」の行き方を研究(?)するために「崇徳站」に下見に出かけようとフロントでバス停を聞いてあああっちの方向ねと言いながら向かった。ホテルを出て左側の方向に真っ直ぐ歩いて一つ目の信号を渡って10mくらい歩いた場所にバス停の看板が立っていたのでそこで待っていた女性にほちゃーちゃん(火車站)に行きますかと聞いたらトイメントイメンとか言われた。向こう側のバス停の看板が立っている方に移動して時刻表を確認していたらどうやらそこからタロコ行きのバスも出ているようだ。


行けるかどうかわからないような駅に向かうよりはここでバスに乗り込めばタロコに辿り着く。メモに大きく「太魯閣」と書いて待っていたら黄色いジャンバーを着たおとなしそうな女性がバス停に着くバスを見ては顔の前で手を振ってこのバスじゃないと言ってくれている。二台ほどそうやってバスを見送り3台目に来たバスの乗るように指示してくれた。黄色いジャンバーの女性は自分でバスに乗るのでもなくただただ異国の人間を心配してくれて側についてくれていたようだ。自分の日頃の素っ気ない行動を恥ずかしく思うほどこの国の人たちは親切だ。

そうして乗り込んだバスは地元の老人専用バスかと思えるほどお年寄りがよいっしょという感じで乗り込んで来て下りるときも随分時間をかけながら下りて行く。この本数の少ないバスを暑い中バス停で今か今かと待ちながらバスの来る方向に首をのばして待っている姿を想像した。それにしても乗り込んだバスの運転手は自撮りを趣味としているらしくスマホを出しては途中で何回か自分の写真を撮影していた。世界中どこの人間でも興味があるのは世間の他人さまの事よりも自分だ。

1時間以上かけて終点に辿り着いた。途中で気が変わって違う方向に来てしまった事もあって水を2本持ってきただけで食料は何もない。回りを見渡してみても食べものを売っているような店はなくレストランの中に土産物屋があったがお菓子一袋200元と高価なものしか売っていない。仕方なくそこでアイスクリームとマンゴージュースにアイスクリームをのせた物を頼んだが170元支払った。この後が問題だ。バスで来る途中の橋の手前で人だかりができていたのでそこまで戻れば何か食料を手に入れる事ができるかも知れないと思い道路を下がって橋を渡って人が大勢いる方向に向かって行ったら土産物屋を兼ねた売店があった。そこでみかん3個にバナナ3本それにウインナーを焼いたものを2本買った。その店の女性にどこに行けばいいのか聞いた。何処に行けばいいかなどとかなり意味不明な質問だがタロコの情報がまるで頭の中に入っていないので何を見ればいいのかさえわかっていない。女性は山の方向を指差して下から行っても上から行っても同じところに着くとジェスチャーしてくれている。どっちかといえば上からの方が景色がいいよ(多分)と言ってくれているのでそうか、とりあえずはあっちに向かって歩けばいいのかとまたさっき歩いて来た橋を渡ってレストランの方向ではなくトンネルに向かって歩き出した。トンネルの途中で左側に明かりが見えるので歩いて行ったら遊歩道に出た。山の中の木道を通って景色のいい場所を歩いていたら橋に着いた。橋の脇に階段があってそこを下りて行くとそこも遊歩道が整備されていた。ふー誰も聞いていないのにどうでもいい事をグダグダと書いているね私。









途中で休憩所のベンチで買って来たウインナーとバナナを食べて昼食を済ませた。山深い風景は素晴らしく「砂卡礑」の遊歩道だけではなく幾つかのルートもあるようだ。この遊歩道も雨のせいで途中でストップがかかっていた。それでも今日はここに辿り着いて歩けた事だけでも合格だ。

帰りの道からはさっき通った橋が見えている。バスやタクシーが橋の上からトンネルの中の片側に連なって停まっている。ツアーで来た人たちは橋の上で降ろされて時間を指定されて行き止まりまでの道を歩くように指示されているのだろう。帰りのバスは終点で待っていたら花蓮站行きが来たので乗り込んだ。無事太魯閣観光もできたので途中の酒屋でビールを買って帰りのホテルで飲んだ。食べなくてもいいくらいだったが夕食を食べに町に出て適当なものを食べて夕食を済ませた。
昨日の出費
朝食
豆乳 小麦粉の薄焼き 70元
バス停で水2本 20元
太魯閣レストラン
ソフトクリーム50元
マンゴーアイス 120元
太魯閣の橋のたもとの売店
バナナ3本 40元
みかん3個 60元
ウインナー@35×2=70元
花蓮駅の近くの酒屋
500ml3本 350ミリリットル3本 204元
途中の露店の落花生を茹でたもの50元
夕食
麺とビーフン炒め野菜炒め二種 105元
合計789元(2,682円)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 31-台湾 花蓮市 近くの海岸を... | トップ | 33-台湾 花蓮市 清水断崖まで... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL