京男雑記帳

洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載

市電の枕木?

2017年06月14日 05時19分35秒 | 風景・和菓子


またまた歯茎に膿がポツンと出てきた。
寒暖の差の影響なんだろうか?
痛くはないけど違和感がある。
土曜日の朝、予約を取って置いたので月曜日に行ってきた。
バスに乗る為にバス亭に立っていると、ガス工事をしていた。
この影響で東大路通が車で停滞していた。
なんか工事をしているような雰囲気でもないけどなぁ・・・。
京都市内の工事はこういうのが多すぎる。





ボーッとみていたら木のようなものが積んである。
ひょっとしてこれは、市電の枕木かも。
ちょっと掘るとこういうのが地面から出てくる。
観光のことを考えたら、京都市に市電を残して置き、車を規制したらよかったのに。
今更言っても仕方ないけど。


↑二條若狹屋「河原撫子」

歯科医院に行くと苦手な麻酔を打たれ、歯茎を切開し、膿を出してもらった。
ドクター曰く「あなたの歯茎はしまっていてとても健康的なんです。今回はそれがあだになっています。歯槽膿漏の人なら膿が溜まらず抜けてしまうのです。でもあなたの場合は、膿の逃げ場がないからこうなります。あまり続くなら、いったん歯の詰め物を外し、消毒し、元に戻す作業をしましょう」とのこと。
久しぶりの麻酔にあの日は、早寝となりました。
私は、麻酔に弱いのです。厳密にいうと麻酔がかかりにくくて、覚めやすいのです。
いいのか、わるいのか・・・。
でも16時間ぐらいの手術をした時、どうだったのかな・・・。あの時は、死にかけていましたから、そんな麻酔がどうのという話しでなかったのかも。血液も出血多量で輸血を大量にしました。



京女に「血を入れ替えたから、もういままでの京男でないかもしれない」と言ったら「B型はやっぱりB型やね」と言われた。なんか差別だと思いませんか。
それに懲りて二回目は、自己血を用意しました。
1週間に500㏄を抜き、1週間で1500㏄血をぬかれた。


↑錦玉羹、道明寺

歯茎の状態は、いまだに違和感があります。
今週いっぱいは、大人しくしないといけないかも。

和菓子
中村 肇
河出書房新社

↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをさせてもらいます。説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新熊野神社 | トップ | 今日は行けないなぁ・・・ »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (すー)
2017-06-14 13:23:43
こんなものが残され埋められているのですね。
前の工事が手抜き何てことは無いでしょうね。

>歯槽膿漏の人なら膿が溜まらず抜けてしまうのです
私もそんなことで歯茎の中に膿が貯まることがあります。我慢できない時は強めに歯磨きをして出すこともしたことがあります。
歯・歯茎は大切にしたいですね。

こんにちは (cox)
2017-06-14 18:20:47
その京都の市電が広島で時々走っています。
懐かしい感じでいいですよ。

お菓子は葛や錦玉系が始まってきましたね。
>すーさん、こんばんは。 (京男)
2017-06-14 20:27:45
きっとこれは手抜きの結果ですよ。
ひどい話です。しかもこの工事6月一杯するらしい。
いま五条から七条が混んでいます。
夜に工事をしたらいいのに・・・京都はやりませんね。
歯の根のところに雑菌が繁殖するのです。なかなかしつこいです。
>coxさん、こんばんは。 (京男)
2017-06-14 20:30:28
そうですね。この路線を走っていた市電が広島で走っていました。京都市、なんで市電を無くしたんだろう?車を規制したらよかったのに。バカですね。
そろそろ透明感のある和菓子の季節になりました。

コメントを投稿

風景・和菓子」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。