京男雑記帳

洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載

博物館風景

2017年04月19日 05時22分34秒 | 風景


これは「うぞうすい」を食べた後の話。
父親とせっかく京都国立博物館の近くに来たのだから、見学することにした。
彼は、博物館に来たことがないらしい。
来たことがない?



息子と違って芸術とは縁がない人生だったのね。
もっとも、京男と京女の4人の子供も美術に縁がない。
親の姿を見て「もっとまっとうな仕事をしないとああなる」と思ったんだろうなぁ・・・。
でも、孫が曾孫に変わったヤツが出てくるような気もします。



私が美系に行くと言った時、父も母も理解できなかった。
唯一母方の祖父が理解を示した。
もっとも私自身、美系なんて言ったものの、具体的に何をするというのはなかった。
カットエエのと違うかなぁ・・・程度やった。
その内、我が家系に変なヤツが必ず出てくるだろう。
私の役目は、「大丈夫!あんなは頭が変な訳でない。やるならトコトンやりなはれ」と言う役になるかも。
それまで、こちらもドンドン先に進んでおかないとね。



父親との話に戻ります。
京都国立博物館では「開館120周年記念特別展覧会 海北友松(かいほうゆうしょう)」をやっていたので観ました。
父親とまさか博物館でこんなモノを観るとは思いもしませんでした。
芸術とは、まったく縁のない父ですから。
観て、どう感じたのだろう・・・。



友松の「月下渓流図屏風」がよかった。

和菓子
中村 肇
河出書房新社

↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをさせてもらいます。説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 江戸前とは珍しい | トップ | 混沌&青唐辛子 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (路渡カッパ)
2017-04-19 10:57:37
この業界は家業を継ぐって感覚が無いですね。
孤立無援で頑張ってこられたのですね、それもまたイイかもです。
こんにちは (cox)
2017-04-19 16:03:32
デザートは博物館、いいですね。

美系でもいろいろありますが、自分の子供には「やめとけ」って言っちゃうかも。(^_^;)
でも「血」っていうのは本当に出るんだな~、と思うことがよくあります。
>路渡カッパさん、こんばんは (京男)
2017-04-19 22:55:10
歌舞伎や政治屋は継ぐけど、名も無い芸術系は一代限りですね。まあ、継ぐのは借金ぐらいですものね。
私は、師匠がいないのですよ。すべて自分開発なんです。だから無駄なことも多かったです。

>coxさん、こんばんは (京男)
2017-04-19 22:58:35
食後の運動に博物館です。
暗かったからちょっと足元が危なかったかも。
そうですね。子供がやりたちと言ったら、もっとまっとうな仕事にしなさいと言うでしょうね。事実そうなっている。でも孫か曾孫にとんでもないのがでてくる可能性はあります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。