京男雑記帳

洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載

キノコの秋

2016年10月15日 06時28分38秒 | 風景・和菓子


智積院の境内を歩いていると杉苔のところにキノコが生えていた。
思わず写真を撮ってしまった。
よく見ると面白い。



今年は、秋雨で水分が多かったからキノコにとってはいい年なんだろうな。
松茸なんかはどうかな?
小さい時は、丹波方面に「松茸狩り」に行ったものでした。
結構、いっぱい採れましたね。



そして山で松茸を食べる、焼いたり、すき焼きにして食べていました。
ご飯は松茸ご飯だった。
すき焼きは、鶏のすき焼きでした。
好き嫌いの激しい小さい時の私は、松茸ご飯ぐらいしか食べられなかった。
松茸は、父親の会社の取引先からもらったのでしょうね。
時期にはいっぱいありました。
カレー炒めなんて訳のわからない状態にしてサンドイッチにして食べていた時期もあります。
いまは、買ってまで家で食べようとは思いません。





紅葉がこんなになっていました。
今年の紅葉はどうかな?
今年もあまり期待できないかも。
暑さが続きすぎましたからね。





きっとあっという間に紅葉のシーズンになるだろう。
今年もあと二ヶ月半。
なんかあっという間ですね。


↑本家玉寿軒「栗名月」


↑こなし、黒こしあん

※杉苔のところにこんなキノコが生えてきたら、抜くのかな?そのままにしておくのかな?

和菓子
中村 肇
河出書房新社

↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをさせてもらいます。説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 温かい食べ物が欲しくなりました | トップ | 秋の気配・・・東寺 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (すー)
2016-10-15 07:03:19
私も昔は、丹波に松茸山をおじいさんの知り合いがいて、その時には松茸だらけで肉が見えないほどすき焼きを何度もいただきました。今はそんなことはできないでしょうね。

>いまは、買ってまで家で食べようとは思いません。
私は今は買えません、買ってまでという気分です。
>すーさん、おはようございます (京男)
2016-10-15 08:50:42
昔は、いまほど貴重でなかったかも。
松茸のすき焼き、あまり好きでなかったな。
酒飲みでないから、それほどこだわりません。
ご飯のおかずにあまりならないしね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。