京男雑記帳

洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載

ホトトギス鳴く

2017年06月02日 05時26分29秒 | 風景・和菓子


昨日の夜明け前、ホトトギスの鳴くのをベッドで聴いた。
私にとっての「初音」でした。
きっと近くで鳴いていたのか、大きな声だった。
この鳥は、夜に鳴くので珍重され、万葉集の頃からよく詠の題材になった。
時々、夜中にカラスが鳴くことがある。
ひょうとして真似をしているのかな・・・?



万葉集の時代では、このホトトギスが鳴くと田植えを開始したそうです。
この鳥、自分で子供を育てないのです。ウグイスの巣に自分の卵を産む、知らずにウグイスが育てる。孵ったホトトギスの雛がウグイスの卵や雛を巣から落とすのだそうです。エグイ奴ですね。
すべてのホトトギスがそうなんだろうか?
調べたらすべて托卵らしい。
ただ、ウグイスの数が多いから成り立っているのかも。



因みにホトトギスの卵は身体の割りに小さく、ウグイスの卵に似た色と柄らしい。
しかもウグイスの巣に卵を産む時、ウグイスの卵を一個咥えて棄てるそうです。
巣は小さいのでホトトギスはとまれないのです。
ウグイスにとって何の特


↑紫野源水「一声(いっせい)」




↑羽二重餅製、白小豆こしあん、大徳寺納豆のせ
一声は月が啼いたか時鳥(ほととぎす)
三日月を横切って飛んでいったほととぎすを感覚的にあらわした菓子。半月形の上に一点大徳寺納豆を透かして見せる。

小唄「一声は月」

一声は月が啼いたか時鳥(ほととぎす)

  いつしか白む短夜に

   まだ寝もやらぬ手枕や

     男心はむごらしい 女心はそうじゃない

      片時逢わねばくよくよと

       愚痴なようだが 泣いているわいな。


↑京都鶴屋鶴壽庵「夏菊」


↑薄紅月餅、粒あん

和菓子
中村 肇
河出書房新社

↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをさせてもらいます。説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サクランボ | トップ | タクラン »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (すー)
2017-06-02 13:52:56
最初の写真が綺麗(^_^)ニコニコ
和菓子も綺麗!
>すーさん、こんばんは (京男)
2017-06-02 18:45:21
夜の間にうまく降りましたね。
今日はとても気持ちのいい日でした。
和菓子綺麗だけど、食べたくないでしょ。(笑)

コメントを投稿

風景・和菓子」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。