京男雑記帳

洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載

神社にマンションねぇ

2017年09月21日 04時15分06秒 | 風景・和菓子

↑京都御苑の空はすごく広い。

昨日は、歯を磨きに行く。
3〜4ヶ月に一度、歯科医院に行きます。
歯石や歯垢の手入れなんです。
特にこの夏は、疲労が蓄積したかも。
ドクターに聞くと、歯のトラブルになって来られる人が多いそうです。
私はそこまでではないけど、注意しないとね。


↑梨木神社へ向かう。東側の細い道を北へ歩く。自転車が怖いですね。なんとかならないのかな・・・。

折角京都御苑の近くに行ったのだから、京都御苑に行ってみる。
行っても花が咲いている訳でなし、極めて地味。
でも写真のように広い。
これぐらい広い空が見られるのは、ここだけでしょうね。
電線もないしね。


↑これが梨木神社の南側の鳥居。マンションがあるのでビックリします。


↑鳥居をくぐるとマンション沿いに細い道がある。

花・・・そうだ、萩の花のシーズンだと気付いた。
結局、京都御苑の中を東に歩いた。
この辺りで萩といえば梨木神社なんです。
でもマンション建築という騒ぎがありました。


↑マンション沿いに北へ進む

神社の話によると本殿やその他の施設が老朽化して、修復したいのだけど、予算がない。ああいう予算は、神社本庁から援助があるそうです。
でも順番があり、なかなか順番が回ってこない。
独自にやるにも氏子が減って、出してくれる人も少ない。
そこで神社の敷地にマンションを建築して、その借地?でとなったらしい。
詳しくは、わかりません。


↑これが神社への道らしい。右に見えるのがマンションの入り口?



それで神社本庁ともめたらしい。
結局、神社本庁から脱退してと思います。
神社本庁って聞き慣れないでしょ。
国の機関かなと思っていたら、そうでなく、宗教法人なんです。
そこが神社・神職の指導、祭祀・地域活動の振興を図る活動などを行っており、また、神社の活動の広報窓口となっている。
つまり、ほとんどの神社が所属している。

たくさんの人間が集まる弊害が出てくる。官僚的になり、本来の活動をしていないかも。
だから、いろいろな問題で末端の神社ともめます。
だから、脱退する神社が出てくる。
新熊野神社も確か脱退したと思います。神道の考え方の問題だったように思います。
でも新熊野神社は氏子組織がしっかりしているので、うまく運営されているように思いますね。


↑長久堂「背戸の秋」

この梨木神社の場合は、お金の問題。
下鴨神社もお金の問題でマンションの話が出て来ていますね。
神社の運営って結構大変なんでしょう。
お寺と違ってあまり拝観料もとれない神社も多い。しかも高齢化で氏子組織も弱くなっている。だいたい神社って何をしているのか、もうひとつわからない。


↑「背戸」?童謡の「里の秋」という歌に「お背戸に木の実の落ちる夜は」というのがある。木の実(どんぐりや椎の実)が落ちると跳ねてコンと引戸に当たる音。昔の夜は静かだったのでしょうね。その音で秋を感じたのかも。店員さんに「このデザインは何に見えますか?」と質問された。思わず「軍艦巻」と言ってしまった。すんませんねぇ・・・。

伏見稲荷大社は、いま観光客が行くナンバーワンらしい。
あそこは、拝観料は取ってない。だから外国人がよく来るのだと思う。
信仰なんて全然関係ない外国人ばかりが来る。
神さんの立場からしたら、嫌だろうな。


↑小倉羹、かぼちゃあん

宗教の劣化が激しいように思います。
いまほど宗教が必要な時代はないのにね。
日本の場合、他の国のように宗教が元で紛争が起こったりしないだけましかも。
日本でも政治や経済の裏側で宗教が絡んでいる場合が多いですよ。
ほとんど表沙汰にならないだけです。
他の国もそうかもしれません。
これからどうなっていくのでしょう?
日本は、根強い拝金教がはびこってきていますね。
でもお金をたくさん持っていても、彼岸に持っていけないのも事実なんですけどね。

和菓子
中村 肇
河出書房新社

↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをさせてもらいます。説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加