香彩日記

一筆入魂!今の思いを『書』に込めて。

雪頭ケ岳〜鬼ケ岳

2017年07月12日 21時10分46秒 | 山歩き

       

本日の山歩きは、富士急「富士山」駅からバスに乗り継ぎ、西湖のほとり「魚眠荘前バス停」から雪頭ケ岳(せっとうがたけ)を経て鬼ケ岳(おにがたけ)までピストン。

富士急の車窓から、夏の富士山がドーンと見えたので、運転席越しにパチリ

富士山駅のホームからもパチリ 

バスの車窓からも見えましたが、湧き上がる雲に徐々に隠れ始め これから登る鬼ケ岳方面もガスっていました


案の定、眺望最高と書かれた雪頭ケ岳からは何も見えませんでした


急な梯子を上ると、鬼が岳の手前のピークです。

鬼ケ岳山頂も大パノラマが見えるはずでしたが、360度雲で真っ白でした。

今回は、景色はあきらめて、お花を撮りまくりました。


下山する頃には霧が晴れ始め、魚眠荘辺りから、雪頭ケ岳が見えました。



帰りのバスは、以前王岳に行った時に利用した「西湖いやしの里」バス停から乗車しました。
夏の陽射しに富士山がある辺りの雲がキラキラしていました。

本日の歩行時間は、約4時間40分。

なんと、登山中、誰にも会いませんでした

蜂には何度も遭遇しましたが

 

ランキングに参加しています。ポチッとして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村

人気ブログランキングへ
どうぞ宜しくお願いします

ジャンル:
芸術
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金峰山 | トップ | 和紙を使った書作品作り »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
誰にも? (あひる)
2017-07-12 21:51:11
暑い中、長い行程お疲れ様でした!

登山中、誰にも会わないなんてことがあるのですね

それにしても、ほとんど垂直の梯子、怖くなかったですか。
あひるさんへ (香彩)
2017-07-13 10:24:33
メジャーな山ではないと、ほとんど人に会わないってこと結構多いです。誰にも会わなかったのは、今回初めてだと思いますが。熊にも遭わなくて良かったです

ほとんど垂直の梯子、上っている時は怖くないですが、梯子のかかっている岩に乗り移る時は這い蹲いました
はしご~ (アン)
2017-07-19 05:27:47
登山靴ではしごって、こわい~。って私も思いました。そうか、岩に乗り移るの、怖いー。

下界から富士山が見れてよかったですね。
ガスってて、だれにも会わないと、熊が出てきそうでそれも怖い
蜂もやっかいですよねぇ。

お疲れ様でした
アンさんへ (香彩)
2017-07-21 23:28:22
このはしごは頑丈なので、岩をよじ登るより安心感がありました

夏は山から富士山、なかなか見られないのよね~。

景色は残念だったけど、熊に遭わず、蜂に刺されず無事帰れたから、良しとしましょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL