例会・イベントのご案内とご報告

特定非営利活動法人 京町家・風の会

「町家の日」協賛イベント!~第75回例会・第76回例会ご報告~

2017-04-20 10:40:54 | 例会・イベントのご報告
3月8日は町家の日でした。(代表理事が幹事をつとめております京町家情報センターにて制定されました。)→★町家の日facebook

この日をはさんだ約1週間、「町家ウィーク」として市内の町家でさまざまなイベントが開かれていました。

当会では「第75回例会『月讀文庫』オープンデイ」と、「第76回例会 組紐体験~携帯ストラップを作ろう~」を協賛イベントとして開催しました!


3月4日の月読文庫オープンデイには、ほかのイベントも廻られている方々が寄って下さって
本棚をご覧になってくださったほか、町内会や消防団のあれこれをおしゃべりしました。
また、エコ住宅としての町家やまちづくりについてお話しされる方もありました。


町家の日当日の3月8日には、長谷川典雅堂さんで組紐体験!
京組紐の伝統工芸士・長谷川往春さんのご指導で携帯ストラップを作りました。

長谷川さんは帯締めや羽織紐を主に作っておられるそうですが、「紐」の作り手が少なくなっていくなかで、
仏具やお寺の飾りの紐などさまざまな種類の紐を手掛けられるようになってきたそうです。

まずは長谷川さんがお手本を見せて下さいます。
「奥と手前の紐を持って持ち上げずに隣に動かすだけやしね。
まぁ、気楽に体験してみてください。」
とご説明いただきつつ実演していただきましたが…。



絹糸を撚った8本の紐をセットした四角の台を前に、実際体験してみると、
「はい右に1回、2回、3回、4回。はい戻って次~1回、2回…!」という
リズミカルな長谷川さんの掛け声に必死についていくだけで精一杯

おしゃべりする余裕などもちろんあるはずもなく、「あれ?いま何回目でしたっけ?」「どっちに回ってました?」
と参加者の皆さまが、長谷川さんと奥さまにおたずねすること数回…。

約30分でなんとかストラップが完成しました


紐の置き方や向きによって模様が変わっていきます。
このストラップは2種類の組み方でできていますが、長谷川さんがいくつかの組み方を実演してくださいました。



多彩な模様の数々に、先ほどの頭と手先の混乱をすっかり忘れて、一瞬やってみたいなぁと思ってしまいました
お世話いただいた長谷川さま、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

当会のイベントはこの二つでしたが,ほかにもマルシェやワークショップなど
楽しい催しがたくさんあったようです→

みなさま来年もぜひチェックして,町家の日ウィークをお楽しみくださいね!

そうそう。「町家の日」の京都タワーライトアップの色を投票で選ぶという企画もあったのですが
選ばれたのは「スカイブルー」でした!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月讀文庫オープンしました~第73回例会ご報告~

2017-02-18 15:40:54 | 例会・イベントのご報告
お正月気分も薄らいだ1月22日、第73回例会「年のはじめの本棚開き~『月讀文庫』オープン!~」がありました。

ご参加くださったのは3名のみなさま。
小さいお子たちも加わって、にぎやかな例会となりました

まずは自己紹介を兼ねた福引です。
こ~んな質問つき!



前半はゲストにお迎えした永井美保さん(株式会社学芸出版社)から
最近の出版や本をめぐる状況をおうかがいしました。

本がテーマの例会とあって、本屋さん図書館好きの方が多く、質問もたくさん!

魅力的な本棚ってはどんな本棚?
本をめぐるフシギなハナシ(隣にある本がなぜか売れていく…などなど)のほか、
まちなかの書店や「まちライブラリー」についての話題も盛り上がりました。

本を使った遊びを紹介してくださる方があったり、
本を手に取りながら、紙や印刷といったブックデザインの細かなところまでを
永井さんからうかがったり、刺激の多い時間となりました。
これから本や本棚を見る視点がとっても豊かになりそうです!


おぜんざいタイムを挟んで後半は、月讀文庫(つくよみ・ぶんこ)の前に移動
本を手に取られ、みなさま感想やお勧めなどをお話しされていました。


読書をしていると時間の感覚がなくなるものですが、
みなさまとご一緒でも、やはり本との時間は早く過ぎ、いつの間にやら夕方に
「借りてもいいですか?」とさっそく月讀文庫をご利用してくださる方もありました。

楽しいお話を聞かせてくださいました永井さま、ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

さて、今回の例会をきっかけに不定期ではありますが、月讀文庫オープンデイを設けることになりました!

次回のオープンデイは、3月4日(土)午後2時~午後4時
出入り自由です!お散歩ついでに遊びに来てくださいね。詳細→
お申し込みお待ちしております
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆第76回例会「組紐体験~携帯ストラップを作ろう~」のご案内♪

2017-01-27 14:12:17 | 例会・イベントのご案内
代表理事が幹事を務めております、京町家情報センターで
3月8日を「町家の日」と名付けて(「March8(マーチヤー)」
だそうです/笑)、これの前後の日にみんなで何かイベントを
しよう!という試みがあります。
当会でもこれに賛同して、第75回(3/4)・76回(3/8)の例会を
することにいたしました。

ということで、76回例会は、組紐体験です。

京組紐の伝統工芸師・長谷川往春さん(長谷川典雅堂)のお仕事場へ
伺って、組紐の携帯ストラップを作ってみませんか?
一から丁寧にご指導くださいますので、手先仕事に慣れない方も
どうぞご心配なく。
所要時間はだいたい1時間です。ご参加、お待ちしております。

長谷川往春さん(長谷川典雅堂)
http://www.kougeishi.jp/kougeishi.php?kougeishi_id=501821
http://www.kbs-kyoto.co.jp/tv/ippin/2009/07/a146.htm

 ---------記---------

◆第76回「組紐体験~携帯ストラップを作ろう~」のご案内◆

日 時:平成29年3月8日(水)午後2:00~と3:00~(約1時間)

会場:場所:長谷川典雅堂 京都市北区大将軍東鷹司町219

アクセス:市バス「大将軍」下車徒歩1分、JR円町駅下車徒歩7分

会 費:1500円

定 員:午後2:00~ 6名 / 3:00~ 6名

申込〆切:平成29年3月6日(月)正午まで ◎キャンセル〆切(3/6正午)

申込み:http://www.kyo-kaze.jp/mailsanka.htmより。
 あるいはTEL.075-841-8074 か、FAX.075-841-8089まで。
FAX.の方は、以下の項目をご記入の上、送信してください。
1)氏名(ふりがな)  2)会員/非会員 3)連絡用電話番号(携帯電話があれば、
その方がありがたいです) 4)住所 5)その他
◎いただいた個人情報は、集計および連絡のみに使用いたします!


★ご参加くださる方へお願い★
●準備の都合上、なるべく早い目にお申し込みいただけると嬉しいです。
●当日のご連絡は、電話090-1131-8074(井上)まで願います。
●駐車・駐輪場はございません。公共交通機関をご利用ください。
●事務局よりの返信はPCからいたします。携帯・スマホでPCよりのメイルを
 受信制限されている方、ご注意ください。
●参加申し込みから3日以上たっても返事がない場合は、お手数ですが
 事務局までお問い合わせください。



+--お問い合わせ---------------------------------------+
  特定非営利活動法人(NPO法人)京町家・風の会 URL
 〒602-8147 京都市上京区葭屋町通椹木町下ル直家町213
  電話 075-841-8074 FAX.075-841-8089
  E-Mail:machiya@kyo-kaze.jp
+------------------------------------------------------+
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆第75回例会「月讀文庫オープンデイ」のご案内♪

2017-01-27 14:05:46 | 例会・イベントのご案内
インフルエンザが流行っているようです。
みなさま、お健やかにお過ごしですか?

代表理事が幹事を務めております、京町家情報センターで
3月8日を「町家の日」と名付けて(「March8(マーチヤー)」
だそうです/ 笑)、これの前後の日にみんなで何かイベントを
しよう!という試みがあります。
当会でもこれに賛同して、第75回(3/4)・76回(3/8)の例会を
することにいたしました。

先日、「月讀文庫」オープン!のよもやま例会をしたのですが、
その際、できるだけいろんな場面でこの文庫をみなさまに
利用していただく機会を作ろう…という話になりました。

まずその手始めとして、時間の制限はございますが、自由に
閲覧していただいて、お時間がある方はブックトークを楽しんで
いただけたらと思います。

簡単な飲み物程度は用意する予定です。
出入り自由ですので、ぜひ、遊びにいらしてくださいね~♪

※風の会「月讀文庫」(つくよみぶんこ):町家や京都のまち・
歴史の本からお料理、ガイド、そしていわゆる「京都本」まで、
はばひろ~いジャンルの本がそろっています。
 ---------記---------

◆第75回「月讀文庫オープンデイ」のご案内◆

日 時:平成29年3月4日(土)午後2:00~4:00ごろ(出入り自由)

会場:場所:当会事務局2F和室

〒602-8147 京都市上京区葭屋町通椹木町下ル直家町213
アクセス:市バス10・93・202・204・9・12・50・101号系統「堀川丸太町」下車すぐ

会 費:300円(運営協力金)

定 員:なし

申込〆切:平成29年3月4日(土)正午まで ◎キャンセル〆切(3/4正午)

申込み:http://www.kyo-kaze.jp/mailsanka.htmより。
 あるいはTEL.075-841-8074 か、FAX.075-841-8089まで。
FAX.の方は、以下の項目をご記入の上、送信してください。
1)氏名(ふりがな)  2)会員/非会員 3)連絡用電話番号(携帯電話があれば、
その方がありがたいです) 4)住所 5)その他
◎いただいた個人情報は、集計および連絡のみに使用いたします!


★ご参加くださる方へお願い★
●準備の都合上、なるべく早い目にお申し込みいただけると嬉しいです。
●当日のご連絡は、電話090-1131-8074(井上)まで願います。
●駐車・駐輪場はございません。公共交通機関をご利用ください。
●お子さま連れ歓迎!!ただし、託児はございません。
 階段などもありますので各自で看ていただきますよう、お願いいたします。
●事務局よりの返信はPCからいたします。携帯・スマホでPCよりのメイルを
 受信制限されている方、ご注意ください。
●参加申し込みから3日以上たっても返事がない場合は、お手数ですが
 事務局までお問い合わせください。


+--お問い合わせ---------------------------------------+
  特定非営利活動法人(NPO法人)京町家・風の会 URL
 〒602-8147 京都市上京区葭屋町通椹木町下ル直家町213
  電話 075-841-8074 FAX.075-841-8089
  E-Mail:machiya@kyo-kaze.jp
+------------------------------------------------------+
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆第74回例会「歌も詠める不動産屋店主『短歌事始め』」のご案内♪

2017-01-27 13:59:06 | 例会・イベントのご案内
さぶ~い京都の2月。こういう時は家に籠って、
ちょっと言葉遊びでもしてみませんか?

本職の不動産屋よりも短歌歴の方が長い代表理事が、
短歌・和歌の世界をちょこっとだけご紹介いたします。
そんな古臭いもの…といわず、どうぞご参加ください。
お茶・お菓子付きです♪

もし、事前になんか作ってみようかな~という方、
なんとなくできちゃったわという方、当日、自作の短歌を
お持ちください。楽しみにしております。

 ---------記---------

◆第74回例会「歌も詠める不動産屋・エステイト信店主『短歌事始め』」のご案内◆

日 時:平成29年2月12日(日)午後2:00~4:00ごろ

会場:場所:当会事務局2F和室
 〒602-8147 京都市上京区葭屋町通椹木町下ル直家町213
アクセス:市バス10・93・202・204・9・12・50・101号系統「堀川丸太町」下車すぐ

内容:前半…短歌(和歌)鑑賞・評論
   後半…気楽に言葉遊びの感覚で短歌を作ってみよう!・添削

持ち物:筆記用具

会 費:300円(運営協力金)

定 員:数名(小学生以上)

申込〆切:平成29年2月11日(土)正午まで ◎キャンセル〆切(2/11正午)

申込み:http://www.kyo-kaze.jp/mailsanka.htmより。
 あるいはTEL.075-841-8074 か、FAX.075-841-8089まで。
FAX.の方は、以下の項目をご記入の上、送信してください。
1)氏名(ふりがな)  2)会員/非会員 3)連絡用電話番号(携帯電話があれば、
その方がありがたいです) 4)住所 5)その他
◎いただいた個人情報は、集計および連絡のみに使用いたします!


▲▽▲歌も詠める不動産屋・エステイト信店主井上信行(代表理事)プロフィール

1989年 酒席での友人との言葉遊びがきっかけで現代短歌を独学で始める。
1991年 短歌雑誌「短歌研究」新人賞候補
1992年 現代の藤原定家と言われる歌人・故塚本邦雄に師事
1998年 短歌雑誌「角川短歌」角川短歌賞予選通過
1999年 短歌雑誌「短歌研究」新人賞候補
2000年 城南宮「曲水の宴」春と秋参宴以後ほぼ毎年参宴
    京都歌人協会入会
現在に至る

★ご参加くださる方へお願い★
●準備の都合上、なるべく早い目にお申し込みいただけると嬉しいです。
●当日のご連絡は、電話090-1131-8074(井上)まで願います。
●駐車・駐輪場はございません。公共交通機関をご利用ください。
●お子さま連れ歓迎!!ただし、託児はございません。
 階段などもありますので各自で看ていただきますよう、お願いいたします。
●事務局よりの返信はPCからいたします。携帯・スマホでPCよりのメイルを
 受信制限されている方、ご注意ください。
●参加申し込みから3日以上たっても返事がない場合は、お手数ですが
 事務局までお問い合わせください。



+--お問い合わせ---------------------------------------+
  特定非営利活動法人(NPO法人)京町家・風の会 URL
 〒602-8147 京都市上京区葭屋町通椹木町下ル直家町213
  電話 075-841-8074 FAX.075-841-8089
  E-Mail:machiya@kyo-kaze.jp
+------------------------------------------------------+
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の洛北・町家見学~第72回例会ご報告~

2016-12-31 15:45:56 | 例会・イベントのご報告
11月23日、第72回例会「稀少!高野の改修前の町家でよもやま話はいかがでしょうか。」がありました。

会場は左京区一乗寺。東と北には色づいた山が迫っています。
東大路、北大路といった大きな通りが近いこともあって、
「こんなところに町家があるんかな~?」
と思わせるような風景が続いています。

ところが、大きな通りをひょこっと脇へ入るといくつかの町家が。
事務局長によると、この辺りにはポツポツあるそうです。

会場にお借りしたのは昭和初期に建てられた郊外住宅タイプの町家。
増築部分や、前にお住まいだった方たちが工夫をされた改築部分もあって、
とても面白いつくりになっていました。



1階部分は床をめくって基礎部分の工事中。
普段は見えない部分が見学できました。


新しいひとつ石が待機中。


こちら建物の歪みを調整する「いがみつき」。
一気にあげず、じわりじわりと突き上げて家の立ちを直していくそうです。
2階の廊下で「前来た時より下がりがましになってるなぁ」と代表理事。


町家好きの方に人気の舞良戸
ほかにもかわいらしい総柄のふすまや、窓のおしゃれなデザインに
心をくすぐられている方もおられました。



天井板もはずしてあって、梁を見ることができます。
「家に点検する入口あったかなぁ」とおっしゃる参加者さんに
「いまは30年程度しか持たない消耗品のような家が多いので、ないかもしれませんね。
町家は直す前提で建っていますから、床下や天井裏にも入れますし、配線配管が露出していたり修繕がしやすいようになってます」
と代表理事。



2階の部屋をぐるっと回っていた廊下と思しきところ。
左に折れる部分は押し入れに変身。突き当りはドアを作って増築部分への入り口に。
このように間取りや部屋数を作り変えているお宅はけっこうあります。
元々お商売によって使い方を変えることができやすい作りになっている
町家ゆえの楽しみ方やなぁ、といつも感じます。

ほかにも他地域との町家に対する公共的な施策の比較や京都独自の改修助成の取り組みなどについても、
みなさまとじっくりお話しできた例会となりました。

これにて今年の例会はおしまい!
来年1月は事務局の本棚「月讀文庫(つくよみぶんこ)」のお披露目です。→★詳細★

おぜんざい、福引もありますので、ぜひぜひ遊びに来てください
お申込みお待ちしております!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆第73回よもやま例会「年のはじめの本棚開き~『月讀文庫』オープン!~」のご案内♪

2016-12-06 11:42:38 | 例会・イベントのご案内
早いもので今年ももうあとわずかとなりました。
来年のお話になりますが、1月の例会のご案内です。

このたび、風の会では事務局2階座敷にちいさな本棚
「月讀文庫」(つくよみぶんこ)をオープンすることになりました。
町家や京都のまち・歴史の本からお料理、ガイド、そしていわゆる
「京都本」まで、はばひろ~いジャンルの本がそろっています。

まだ運営方法等は決まっていませんが、会員の方を中心に
ご利用いただけるスペースとなる予定です。

そこで1月の例会は「月讀文庫」のお披露目をいたします。

「この本読んで町家に住んでみたいと思った!」
「このお店こんな頃からあったんや~」

などなど、本を囲んで楽しくおしゃべりしませんか?

ゲストスピーカーには、現在、ご自身も町家にお住まいの
永井美保さん(株式会社学芸出版社勤務)をお招きし、
幅広くお話をお伺いしたいと思います。

また、お正月ということで、当日はおぜんざいと心ばかりの福引を
ご用意しております。
盛りだくさんの例会をどうぞお楽しみに!

みなさまのご参加お待ちしております!




 ---------記---------

◆第73回よもやま例会
「年のはじめの本棚開き~『月讀文庫』オープン!~」のご案内◆

日 時:平成29年1月22日(日)午後2:00~4:00ごろ(受付:1:45)

会 場:場所:当会事務局2F和室 (上京区葭屋町通椹木町下ル直家町213)

アクセス:市バス10・93・202・204・9・12・50・101号系統「堀川丸太町」下車すぐ

会 費:京町家・風の会会員:700円・非会員:1200円(お茶おぜんざいつき!)
     お子さま:500円(おぜんざい+運営協力金)
    ※会費には運営協力金が含まれます。

定 員:10名程度(定員になり次第締め切ります。お申し込みはお早めに!)

申込〆切:平成29年1月21日(土)正午まで ◎キャンセル〆切(1/21正午)

申込み:http://www.kyo-kaze.jp/mailsanka.htmより。
 あるいはTEL.075-841-8074 か、FAX.075-841-8089まで。
FAX.の方は、以下の項目をご記入の上、送信してください。
1)氏名(ふりがな)  2)会員/非会員 3)連絡用電話番号(携帯電話があれば、
その方がありがたいです) 4)住所 5)その他
◎いただいた個人情報は、集計および連絡のみに使用いたします!

☆永井美保さんプロフィール☆
鳥取県生まれ、4歳から大阪育ち。
同志社女子大学卒業後、株式会社学芸出版社勤務。
三十路前から京都で町家暮らし、現在、五歳児育児中。

★ご参加くださる方へお願い★

●準備の都合上、なるべく早い目にお申し込みいただけると嬉しいです。
●当日のご連絡は、電話090-1131-8074(井上)まで願います。
●駐車・駐輪場はございません。公共交通機関をご利用ください。
●お子さま連れ歓迎!!ただし、託児はございません。
 階段などもありますので各自で看ていただきますよう、お願いいたします。
●事務局よりの返信はPCからいたします。携帯・スマホでPCよりのメイルを
 受信制限されている方、ご注意ください。
●参加申し込みから3日以上たっても 返事がない場合は、お手数ですが
 事務局までお問い合わせください。

主催&お問い合わせ↓
+------------------------------------------------------+
  特定非営利活動法人(NPO法人)京町家・風の会 URL
 〒602-8147 京都市上京区葭屋町通椹木町下る直家町213
  電話 075-841-8074 FAX.075-841-8089
  E-Mail:machiya@kyo-kaze.jp
+------------------------------------------------------+
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆第72回例会「稀少!高野の改修前の町家でよもやま話はいかがでしょうか。」のご案内♪

2016-11-02 16:02:10 | 例会・イベントのご案内
なかなか天候が定まらない、今年の秋です。
みなさま、体調を崩したはりませんか?

左京区はもともと田んぼや畑が拡がっていた地域で、町家の数は
そう多くはありません。

11月の例会は、そんな稀少な左京区高野の空き町家をお借りして
よもやま話の会をいたします。

この家は、近々改修工事をすることが決まっており、例会は工事
途中となる予定です。工事の進捗状況によりますが、うまくいけば
柱のジャッキアップとかがみられるかもしれません。
工事が終われば隠れて見られなくなる部分ですから、ご興味おあり
になる方はぜひ!
なお、この町家は、工事後賃貸に出される予定です。

ご参加、お待ちしております♪

          ---------記---------
◆第72回よもやま例会「稀少!高野の改修前の町家で
よもやま話はいかがでしょうか。」のご案内◆

日 時:平成28年11月23日(祝・水)午後2:00~4:00ごろ(受付:1:50)

会場場所:左京区高野(個人のお宅ですので、参加者にのみお知らせします)
     いわゆる「ラーメン街道」や一乗寺恵文社のねきです。

アクセス:市バス206号系統(循環)「高野橋東詰」下車徒歩数分
     京都バス17号系統(大原行き)「高野玉岡町」下車徒歩すぐ

会 費:京町家・風の会会員:500円・非会員:1000円(お茶お菓子つき)
  ※会費には運営協力金が含まれます。

定 員 10名程度(定員になり次第締め切ります。お申し込みはお早めに!)

申込〆切:平成28年11月22日(火)正午まで ◎キャンセル〆切(11/22正午)

申込み:専用サイトより。
 あるいはTEL.075-841-8074 か、FAX.075-841-8089まで。
FAX.の方は、以下の項目をご記入の上、送信してください。
1)氏名(ふりがな)  2)会員/非会員 3)連絡用電話番号(携帯電話があれば、
その方がありがたいです) 4)住所 5)その他
◎いただいた個人情報は、集計および連絡のみに使用いたします!


★ご参加くださる方へお願い★
●準備の都合上、なるべく早い目にお申し込みいただけると嬉しいです。
●当日のご連絡は、電話090-1131-8074(井上)まで願います。
●駐車・駐輪場はございません。公共交通機関をご利用ください。
●お子たち連れに関しましては、別途ご相談ください。
★ご参加の方、スリッパをご持参ください!
●事務局よりの返信はPCからいたします。携帯・スマホでPCよりのメイルを
 受信制限されている方、ご注意ください。
●参加申し込みから3日以上たっても 返事がない場合は、お手数ですが
 事務局までお問い合わせください。


主催&お問い合わせ↓
+------------------------------------------------------+
  特定非営利活動法人(NPO法人)京町家・風の会 URL
 〒602-8147 京都市上京区葭屋町通椹木町下る直家町213
  電話 075-841-8074 FAX.075-841-8089
  E-Mail:machiya@kyo-kaze.jp
+------------------------------------------------------+

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゲストハウス事情あれこれ~第71回例会ご報告~

2016-06-16 10:42:32 | 例会・イベントのご報告
6月12日、第71回よもやま例会「簡易宿所業(ゲストハウス)について語ろう!」がありました。


ゲストスピーカーは行政書士の北川 宗(つかさ)先生。
京都でのゲストハウス許可申請を数多く手掛けられている先生ならではの
お話を詳しくお聞かせいただきました。



ご参加くださったのは、6名のみなさま。
奇しくも、物件探し中、改装中、いつかやってみたいなぁ~…と段階は違えど
町家でのゲストハウス開業をお考えの方ばかり。
みなさまの興味関心もさまざまで、北川先生のお話しがさらに拡がって、
とても内容の濃い例会になりました。


まず、民泊の実態や周辺状況、諸問題や各地域での対応対策などを
北川先生から詳しくお話しいただきました。
外国との違いや、実際のさまざまな運営・契約方法などには
驚きの声も挙がっていました。

次いで実際にゲストハウスを許可申請の上で営業するためのステップを
たくさんの実例を挙げて楽しくわかりやすく解説してくださいました。

用途地域や学校照会のこと、許可を得る箇所の担当部署など
知っておくべきことが多岐にわたっていることもあって、
苦労を重ねてご自身で手続きを進められている方へは「すごい!」とみなさんから尊敬の眼差しが…

また、急増しているホームステイ型ではない民泊についても、
京都市の現状や、民泊通報・相談窓口(詳細→
をはじめとした今後の京都市の姿勢を
詳しく北川先生がお話ししてくださいました。

どんなことを経営者の方に確認したらいいかや連絡先部署等
近所に民泊がある場合や今後お町内に民泊ができた場合にも
役立ちそうなことがたくさんありました




後半は図面や写真など、具体的な資料をお持ち下さった方もおられて
疑問点や、これからすべきことなどをみなさまと一緒に共有しつつ
先生や先に手続きを進めておられる方にお尋ねしました

すでに場所を決めておられる方も何人かおられましたが、
地域のお店やご近所の方々といかに良い形で繋がっていくかを
みなさまが真剣に考えておられるのが印象に残りました

最後になりましたが、膨大な情報を整理してわかりやすくお話ししてくださった北川先生、
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西七条:市場まわりを歩く~第70回例会ご報告~

2016-06-15 21:36:33 | 例会・イベントのご報告
5月15日、第70回例会町歩き!「西七条界わい~梅小路へ」がありました。

暑いくらいに晴れ渡った空の下、ご参加下さった2名の方々と一緒に西七条界わいを歩きました。
中央卸売市場のほんねきです。

いろいろなタイプの町家を見ながら、お散歩しました。

この辺り、馴染みのない方も多いとは思いますが、
なかなかヴァラエティに富んだ時代・タイプの町家がたくさん残っています。



厨子二階に虫籠窓、総二階にうだつがあるものや、鉄格子の昭和初期タイプの町家があったり。

お蔵のある間口の広~いおうちから、路地中の小さな町家まで。





市場に関係するお店(食品の卸や箱屋さん、包装資材屋さんなど)もあちこちに見受けられました。
食堂もけっこうあって、朝でもごはんを食べに行くのに困らないなぁ~。
とちょっと羨ましくなったり

ご参加くださった方々も、この辺りに来られるのは初めてだそうで、町のお商売に興味津々

途中空き町家も見学いたしました。

まずはなんとも複雑で不思議な間取りの角家。
そこかしこにお部屋と通路。
ぐるぐる廻っているうちに、外から見るより大きなお宅のように思えてきました…。
「昔は市場に来られる方の宿みたいなことをされていたのかも。」と事務局長。



大きな道から少しはずれ、ろうじの中を探検です。
次は、連棟の間口が狭い町家を見学。


前土間型の、奥に長ーい町家でした。
平屋ということもあってか、内側は入口の暗さから想像できない明るさ!



このお宅だったらどんなお商売ができるかな~。
パン屋さん?
こんなふうに改修したら面白そう!

などと想像してみなさんで盛り上がりました。

一通り歩いた後は、カフェで冷たいもんを
町家ではありませんでしたが、こちらもお商売への夢が膨らむような楽しいお店で
お話がはずみました。

暑いなかご参加くださったみなさま、ありがとうございました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加