茶語花香

人生は旅なり。

古洞春曲毫

2017-06-14 11:26:02 | 中国茶・世界のお茶

独啜 神曰く
二客 聖曰く


茶友一人を迎えました。
一服ずつしかない湖南古洞春の幾つかの緑茶、今日は一緒に品茶しようと。

共に大学本科で評茶講座を受講してきた仲間で、
評茶と品茶、視点を変えれば、
こんなに評価が変わるものだ、
というような話しがでました。

外形も滋味も、竹葉青に似た野生茶。
細い茶葉がぐるぐるまるまって、甜醇と香ばしさを兼ねた曲毫。
細い茶葉がくねた状態で、
径山茶のような繊細さを蘇らせた銀毫。

まだまだ飲んだことのない緑茶沢山ありますね。メモしておきます。

一緒に品茶した四川の早白尖は、香りも滋味も湖南の古洞春に完敗しました。

初夏雨の中、わざわざ来てくれた茶友の為、
野の花一輪を生けてみました。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白茶で点てたお抹茶 | トップ | 仏手柑とダージリンファース... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL