茶語花香

人生は旅なり。

仏手柑とダージリンファーストフレッシュ

2017-06-18 09:45:08 | 中国茶・世界のお茶

広東人がテーブルの上に仏手柑を飾るのはホントに好きみたい。

Lynnがくれた仏手柑を置いてみた。

Thurbo Darjeeling first flush-味蕾を優しく刺激しながら、新しい味覚を記憶した。

仏手柑がすぐそこにあるからなのか、柑橘系のようなそんなダージリンファーストフレッシュでした。

中国茶の世界から飛び出し、ダージリン農園を探ってみようかしら。

勧めてくれた『深入大吉嶺』(台湾出版) 、楽しみにしている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古洞春曲毫 | トップ | 大理茶-タリエンシス »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
仏手柑 (茶遊サロン)
2017-06-23 23:37:42
こんばんは。(❛ ◡ ❛)
私の田舎ではお正月に真っ黄色の仏手柑を飾りますがこの季節この色の仏手柑は初めて見ました。
良く飾るというのはいつでも手に入るのですか?
Re:仏手柑 (kymchayuhuaxiang)
2017-06-24 11:20:12
茶遊サロン様
お久しぶりですo(*゚▽゚*)o
故郷ではお正月に仏手柑を飾る風習があるのですね✨
こちらでは、気候が暖かいから、五月の終わりから旧正月までにかけて、売っています。下町の行商人に限ります。青いのをひと月おくと、縮まり黄緑に変わります。オレンジ色のもあります。品種が違うのかもしれません。
今度道端で仏手柑売りの人を見かけましたら、季節や品種について尋ねてみますね。
皮をむいて果肉を調理して食用することもできるみたいですが、食用よりも観賞性の高い植物ですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

中国茶・世界のお茶」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL