陶の詩

趣味の世界を極めたい!

ランス美術館展とコンサート

2017-03-21 17:28:07 | 展覧会・美術
20日の午前中にお墓参りをし、お昼には本当に久しぶりにオムレツを食べました。
夫はクリームトマトソースがかかったもの、私はデミグラスソースです。
たまごがトロトロで美味しかった~。スープとサラダがついて700円という安さ。



少し街をぶらついてから、ランス美術館展に行きました。

ランス美術館とは、
有名なシャンパン製造会社ポメリーの経営者アンリ・ヴァニエが1907年に遺贈した個人コレクションを基礎に発足。
最初は市役所で所蔵していましたが、1913年に聖ドニ修道院の建物に移して美術館として開館 。

そのコレクションの中から、ドラクロワ、ジェリコー、コロー、ミレー、ピサロ、シスレー、
ゴーギャン、ドニをはじめとする17世紀から20世紀の巨匠たちの名画が展示されていました。

また、晩年ランスで洗礼を受け、制作を行ったレオナール・フジタの作品も出品されていました。
フジタはランスに自ら壁画を描いた礼拝堂(ノートル=ダム・ド・ラ・ペ)を建立しています。
その壁画に関連する素描など、充実したフジタ作品の数々がありました

そしてランス美術館展 記念コンサートが美術館の中で開催され、
「華麗なるフランス~歌曲・オペラ・絵画とともに~」というタイトルで1時間ほど演奏されました。

素敵な歌声とピアノの演奏を堪能したひと時でした 














ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しぶりのドライブ(^^♪ | トップ | 最近観た映画 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。