きゃさゴノ annex

だめだめ母きゃさりんと進化する楓楓の記録。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

臥龍パンダ幼稚園に行ってきました。後編。

2007-08-15 21:28:23 | 中華
また更新が遅くなりました(汗)トイムチュ。臥龍パンダ幼稚園レポ、後編です。

さて、臥龍へ一泊した翌朝、再びパンダ幼稚園に向かいます。
パンダたちはちょうど朝食中。園内をミルクを入れたボールを手にした飼育員さんたちが行きかっています。

朝のパンダたちは本当に元気。大人パンダでさえ、庭の中をぐるんぐるん走りまわっていたり、水浴び場で水をばしゃばしゃやっていたり、上野動物園では決して見られない光景にお目にかかれます。

ルルに朝の挨拶をして、パンダ幼稚園に向かいます。
ミルクをもった飼育員さんたちが入ってくると、一目散に向かってあっちゅーまにミルクを飲み干す年長さんたちw



しかし、一頭だけ、どんなに呼んでもミルクを飲みにこない子が。


ぼよーんw

何度も何度も呼ばれて、えっちらおっちら、のんびりやってきたのですが、その間ミルクが余っていることを知ったほかの子パンダたちがミルクめがけて一直線に駆けつけてきて、それを飼育員さんたち数人でちぎっては投げ、ちぎっては投げして大変でしたw

あっちゅーまの朝ごはんが終わると遊びの時間。すごい勢いで走り回っております。


木登りしたり。。。


仲良くじゃれあったり。。。


最後には、ぐじゃぐじゃの子パンダ団子になりますw

そんな年長さんたちを尻目に、年少さんたちは今朝も


まったり。ああ、めんこい。

いよいよ、今回の旅のメインイベントである『子パンダを抱っこ』が近づいて参りました。

前日、臥龍へ向かう道の途中で、ガイドの王先生に「パンダを抱っこしたいのですが、料金はどのくらいですか?」と尋ねると、

「一頭の子パンダを抱っこして写真を撮るなら500元、3、4頭の子パンダと遊ぶなら1000元」とのこと。

きゃさ一行は速攻で、「1000元コースでお願いします!!!」と返答w

また、1000元以上支払うと、遊べる子パンダの数が増えるらしいです(爆)1000元は日本円で大体1万5千円。1万5千円支払って、子パンダと遊べる時間は5分間ですが、何か?w
でも、パンダに触れる。ましてや子パンダたちと遊べるなんてこと、そうそう経験できることではないので、決して高い金額だとは思いませんが。

料金を支払うと、調査票のようなものに記入をします。名前、生年月日、出身地、過去の病歴、現在の体調、ペットの有無など。以前はこのようなものの記入はなかったそうですが、結構厳しく管理されているのですね。

飼育員さんからオッケーが出ると、領収書を二枚渡されます。こんなもん、いらんなぁと思ったのですが、子パンダのことで頭がいっぱいな我は何も考えずにバッグへ。ガイドさんからは何もいわれませんでしたが、これが重要なものであることに後から気づかされます。

いよいよ、パンダ幼稚園年長組の入り口へ向かいます。
庭の裏手にあるパンダ舎の入り口から、5,6メートルの通路があり、通路の入り口は立ち入り禁止の仕切りがされています。
給食室でつくっているパンダパン入りのバケツをもった飼育員さんとここで合流。

「はい、領収書見せてください」

ここまで連れてきて支払い確認ですか(爆)

幸い、何も考えずにカバンの中に突っ込んでおいたので問題なし。飼育員さんは3人分の料金をしっかりとチェックして、やっと仕切りの中へ入れてもらう。

まず足を消毒液につけます。これはセンターの入り口にあるものと同じもの。
それから手術着のようなエプロンをつけ、手をアルコールで消毒した上からビニールの手袋をし、靴にはビニールカバーをつけるという、かなりバイキン扱いされる我らw

どきどきで鉄の扉へ向かいます。扉は南京錠で施錠されており、飼育員さんががちゃがちゃと鍵を開けていると、、、

「きゅー、きゅー」

めっちゃめんこい鳴き声がはっきりと聞こえます。おもわず楓楓がやっているのかと思い問いただしてしまいましたが、「違うよママ!パンダちゃんが鳴いてるよぉおおおお!」

「ぎゃーーーー!!!」

きゃさ一行大興奮w

南京錠がはずされ、飼育員さんが扉をあけようとすると『がったん、がったん』と、扉にぶつかる音が聞こえてきます。
扉が30センチほど開いたとたん、とびらの隙間から

上下にならぶ子パンダの顔2つw

ぎゃーーーーー!!!!めんこすぎる(涙)

ここからほぼ、意識は飛びましたw
扉から飛び出す勢いの子パンダたちを、飼育員さんが押さえつけながら、パンダ幼稚園の内部へ。

目の前には、飼育員さんに飛び掛る子パンダ2、3頭。

な、生パンダです(号泣)

ぶっちゃけ、パンダパン目当てな子パンダたちw
しばらくは、餌をもった飼育員さんたちを追いかける子パンダたちを、きゃさ一行3人が追い掛け回す状況が展開されました。
夢中で追い掛け回しては、だきつき、触りまくり、ほお擦りし、においをかぎまくり、エロじじいのようw


追い掛け回して、抱きつきまくる我らw

パンダパンが底をつき、子パンダの食欲が落ち着くと、『ん?なんか新しいヤツがいる』ってな感じでこちらにも注意を向けてくれました。

その様子がこちら。撮影は王先生。


鼻が乾燥して痛いため、マスクをしている楓楓。


おんぶ~!と乗りかかってきてくれためんこい子パンダ。


きゃさ母。冥土の土産ができました(爆)

生パンダの感想ですが、毛はごわごわっとしています。太めの毛糸のような感じかなぁ。でも決して硬くはなく、ほお擦りした感触はなかなかでした。ちゃんと毎日シャンプーして、トリートメントしたら、結構サラサラになるのではないかと思ったりw

お手手(前足?)は大人の女性くらいの大きさでしょうか?大福くらいの肉キュウはぷにゅっぷにゅっとキモチよかったぁ。

大きさは、上の写真を参考にしてください。子パンダとはいえかなりでかいので、抱き上げることは困難。ぎゅっと両手で抱きしめると、両手に余ります。かなりな腹回りですねw

においは無臭。まったく獣くささはなし。味は不明w

でも、とってもスイートで、お腹いっぱいの5分間。あっという間ではありましたが、短いと感じるよりも、ぎっちり中身のつまった濃厚な時間を味あわせていただきました。

飼育員さん2二人がかりで4頭の暴れる子パンダたちを押さえつける中、「早く出てくださぁーーーーい!」とあおり立てられて、後ろ髪をひかれながらパンダ幼稚園をあとにしました。

はぁ、幸せでした。ハオシンフー。

その後、魂の抜け殻と化した我らは、半笑い状態で、「かわいかったねぇ。」「肉キュウ、きもちよかったねぇ」「おんぶして~!って乗っかられたんだよぉ」などと自慢大会。と、かなり崩壊状態のきゃさ母が、

「お母さん、パンダにかじられたぁ。。。(はぁと)」

と、衝撃告白。

「ええええ!!!!どこどこっ!」「いたかった?血でてんの?肉かじられた?(爆)」と、大興奮のきゃさ母子。

「ん?痛くないよぉ。足首のとこ。パンダにかじられたぁ。。。(はぁと)」

かじられて、めっちゃ幸せそうな母w その後も1時間おきくらいに、「お母さん、パンダにかじられたんだよねぇ(はぁと)」とうっとりしながら繰り返す。帰国するまでずぅーーーと反芻してはにやける、かなり不気味な母でした。

こうして、あっちゅーまの子パンダ生体験が終了。最後に大熊猫倶楽部なる事務所に招かれ、小姐が筆書きで我ら三人の名前を入れてくれた記念の証明書と、ピンバッチを頂きました。この際も、残り1枚の領収書が厳重にチェックされるのですが(爆)

そこに、日本人の別の団体さんが4名。そのうちの1人の男性が話をしたくてしょうがいないって感じで近くにやってくる。我らと同じように昨日から来て、一泊しているそうですが、飼育員体験コースの参加者。我らのように生パンダと遊ぶだけではなく、飼育員さんと同じツナギ姿になって、パンダ舎の掃除をしたり、えさを用意したりするプランがあるのです。

一足先に終了されていたようなのですが、我らがもらった証明書を見て、「それなんですか?」と尋ねる。王先生がしょうがないなぁってな感じで説明をすると、「我らはもらってない!」とご不満な様子。すると王先生、

「領収書は?」

やっぱりそう来たかw

慌てて領収書を探しまくる団体さんたち。かばんの中ひっかきまわすも見つからず。我らが飼育員さんたちにご挨拶を終え、熊猫倶楽部を後にするときも、探しまくっていましたが。。。見つかったのでしょうか?w

これから参加される予定の方、ガイドさんは何も説明してくれませんが、領収書は2枚とも大事に保管してくださいねw

めっちゃ幸せなキモチで返成都。



麻婆豆腐発祥の地、四川省成都の激辛麻婆豆腐をいただく。激辛なんてもんじゃないです、呼吸できませんw
でも、王先生にお土産にいただいた、この店秘伝の麻婆豆腐の素で帰国後につくってみましたが、めっちゃ美味かったです。分量は半分以下だけどw

成都最後の夜は劇場で川劇観賞。ご存知でしょうか、京劇のような衣装で踊りながら、お面が『ぱぱぱっっ!』と次々に変わる、中国の伝統劇です。いやぁ、見事な面さばきでした。舞台上で一通り見せたあと、客席に下りてきて観客の目の前でも見せてくれるのですが、すごいスピードとキレがあって、ただただ驚くばかり。会場は大盛り上がりでした。

翌朝、8時半にはホテルを出発。我らを送った足で、別の日本人観光客をラサまで案内するという王先生は、自分もチェックインした後で、わざわざ我らの搭乗口まで見送りに来てくれました。

実は、私の中での中国人は、明るくて能天気だけど、すこしガサツでいい加減な人たちではないかと勝手に思っていました。
それが今回の旅で、ガイドの王先生やドライバーの任小姐、そのほかにも行く先々でたくさんの中国人の方にとっても良くしていただき、まったく見方が変わってしまいました。
王先生は、長年日本人を相手にしたガイドをしてきたが故に、細かい気遣いのできる方になったのかもしれませんが、その他の方たちも、皆さん素朴で、笑顔が素敵で、優しい心遣いをしてくださる方ばかりでした。

はじめての中国大陸でしたが、本当に良い旅でした。中国でお世話になった方、かわいいパンダたち、そのパンダたちを一生懸命お世話してくださっている方々に、心から謝謝。

幸せな気分で夜20時、成田到着。トイレに行きたいという楓楓をつれて行く。
楓楓で3つの個室はいっぱいになったので、ついでに用をたそうと入り口付近に並ぶ我。

と、同じ便で来日した中国人観光客ご一行。6、7人の老若女たちがどどどーーーっと入ってきたかと思うと、我を差しおいて個室のドアの前にガンガンと並ぶ。

わいっ、わいっ、わいっ!

先頭の小姐の手を引き、我の後ろに一列に並べと説教する我(爆)
だってさ、フォーク並び知らないがために、中国人の日本国内での評判が悪くなったら困るぢゃん?w パンダと同様、可愛くって愛される中国人でいてね。

2007年8月。きゃさりん。


さて、ここまで長いレポにお付き合いいただいた皆様、ありがとうございました。
半年近くも放置していたにもかかわらず、定期的にチェックしてくださっていた皆様、本当にありがとうございます。
今後も、頑張って・・・。何とか定期的に・・・。どうだろう(爆)頑張ります(汗)

パンダの画像がほしいとあちこちから頼まれており、面倒なのでウェブアルバムに上げようとは思っているのですが、まだまだ、なんともw
近日中にはアップしますので、今しばらくお待ちくだされ。
臨場感あふれる、楓楓先生撮影のブレブレ画像をお楽しみに(爆)
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 臥龍のパンダ幼稚園に行って... | トップ | 東京国際映画祭 スケジュール »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
パンダにかじられたいよ~ (あみ)
2007-08-16 11:15:34
あれ~、昨日だっけか、きゃさにメールしたのは?パンダレポお願いって・・・我、激しく出遅れてるぢゃないですか。いいなあ、パンダまみれ(笑)NHKの特集では巻き毛で白毛の色がベージュの仔パンダがいたのよ~。お母さんパンダが毛づくろいを一生懸命したからそんな毛色になったとか。かわいいわねえ・・・
中国トイレ事情、我も你好トイレに2回ほど遭遇。
ふたりともおばちゃんでした。でもどこも割ときれいでした。
中国にもまた行きたいなあ
羨ましいわぁ (竹子)
2007-08-16 13:23:57
むはぁ~~、可愛い。

我もパンダに背中に乗ってほしいわぁ。
作り物かと思ってしまいますが、これ動くのよね。
…可愛い~~!!

朝から、何回も見てしまったわ。
すっかり暑さでバテている中、癒されました。
きゃさ、多謝!
好Q~ (ben)
2007-08-16 20:20:05
ぱんだの写真集やらブログをしょっちゅう眺めてますが、
本当にそんな世界が広がってるんですねえ。
これはたまらん。

ちなみに1500元はだいたい22500円を
こえるかと思われます。
たっかいですけど、出す価値ありですね。

旅行記も楽しくてきゃさりんさんたちの壊れっぷり、
楽しませていただきました。
ほんとにうらやまし~。
ぼよーんちゃんらぶ (しゃりり)
2007-08-17 13:43:17
生パンダってホント最強の生物だよね~。
写真だけでも、にへらーっとなるのに
生パンダなんか見たら、もうねぇ、世界平和やん。

ぼよーんちゃん、携帯の待ち受けにしますたw
Unknown (ほにゃ)
2007-08-19 02:26:16
うわ~おもしろ~!
生パンダ、そこはかとなくでんぐり返しが似合いそう。
やっぱりパンダの中でも美パンダっているの?
飲み会9月下旬にやりますかね~?
Unknown (きゃさりん)
2007-08-31 12:22:07
皆様、アルバムupしました。プライベート版にしたので、心当たりの皆様にはメールでご招待しております。
届いてないとか、私も見たいって方はきゃさりんまでメールくださいませ。

benさん>きゃー!値段間違えてました。1500元じゃなくて、1000元です(汗)記事訂正しておきました。

ほにゃ>やっぱりパンダにもそこそこめんこいヤツ、かなりめんこいヤツ、プチめんこいヤツなど様々ですわw
飲み会お願いします~。
うわぁぁぁぁん (えるぼ)
2007-09-02 18:00:22
きゃさーーっっ
はぐっっ はぐっっ

パンダ写真&ちょっとおねいさんになって
相変わらず可愛いふうかっち♪
ありがとねーん メールびっくりしただー
お体の調子はと気がかりでしたが
元気なお姿の数々 うれしうございます
良かった 良かった うるうる

パンダに会ったからって 冥土に行っちゃダメだぞー
そんかし 私がメイドになっちゃるきにな



コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。