ココロの傾向

タイトルは有頂天の曲『千の病を持つ男』より

昭和歌謡で夜は更けて

2012-05-01 16:46:43 | 


遊ばせていただいた~~~
『昭和歌謡を唄う』(昭和20~40年代+CM曲)
というイベント。
古町のキャッツハウス

CM曲ってなんやねん
ということはおいといて(笑)

JAZZYなお店で
たっっっくさんCDやLPが ところ狭しと置いてあって
(購入できるのです!)
マスターは
『季刊・各月刊ジャズ批評』にも 寄稿されてたり 選考委員だったり
・・・のようです。
あと、あちこちに猫ちゃんもいます。ニャ~

  


初めてのお店、
知ってる人がだ~れもいない、
うん、
なんてやりやすいんでしょう。
恥のかきすてと申しますか。てへっ☆
皆さま、ほどよく酔ってらっしゃるし。(笑)

Gatcha!さんバンドのステージが終わり、
目の前が誰もいなくなりましたが(笑)
演奏&あさひのMCが始まるやいなや、
面白そうと思っていただけたのか?
大勢 前にいらしていただけました。
そして、ツッコミの嵐だったなー
これが「きゃら」のステージよ
正しい「きゃら」の使い方(笑)

「面白かったよー!」と複数のかたに言ってもらえてなにより。
うまかったよ、とは相変わらず言われないのでした。
だからどうした。(笑)

色んなげーじつか のかたがたともおしゃべりしたり
頼んでもないのに ←
私らの絵を描いてくださったり(素敵タッチな絵なのよ!!)
とても刺激的な夜でした、とさ。
夜の古町は 大人の遊び場なのだわね。大人だけじゃないか。
ちょっと大人になった気分だったよ。(年齢的にはじゅうぶん大人!)

思いがけずアンコールをいただき、
思いがけずおしゃれな夕御飯をご馳走になり、
プレートにサインをして
帰ってきました。

あのときお店にいらしたかたがた、
どうもありがとうございました。
次のきゃらのステージは 某施設です。どうぞ入所…ry(笑)

  

  
『バンド』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 惜しげもなく松浦さんが | トップ | 美人林 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おつかれ! (天一致)
2012-05-03 12:59:15
無事ステージというか、20センチ小上がり?のステージ(笑)終了しホッとしましたなぁ~。

人知れず表では見せない必死の練習....なんてことはないね(笑)。

 レトロというかアンティークなムードは昭和歌謡には
ふさわしい空気だったのかもしれない。
ジャズの演奏もそこでやるみたいだから、混ぜてもらえばいいよまた。返す返す撮影したかったんだけどなぁ~^
アップ! (天一致)
2012-05-05 03:20:19
キャッツハウスのページに熱唱シーン
ちゃぁーんと載ってましたぞぞ~。(^-^)/
楽しかったですぞ (きゃら)
2012-05-05 10:20:49
あたたかいお店のかたたち、お客さんたち、
かなり面白かったよー

なぜあなたが撮影???
何か…笑い物にしようとでも???

うちら、普段やってる曲が、20年代、もしくは もっと前のが多いからね。笑
今回の企画、ちょうど良かったんです。

あなた様も フォークの日、がんばりたまへ~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。