ココロの傾向

タイトルは有頂天の曲『千の病を持つ男』より

200歳のピアノ

2013-10-12 14:42:10 | LIVE
りゅーとぴあ・プライム・クラシック 1500 Vol.14

に、行ってきました。10月7日(月)

ほぼ同じメンバーで、昼間は1コインコンサートもあったんですが
あまりにバタバタした日だったので 夜のみ鑑賞。
短めの曲をやる昼間の方が、クラシック勉強不足の私には向いてたのですが。
夜は夜で、珍しいピアノ見学付き!

さんざん二男も誘ったんだけど、ふられっぱなし。
ついでに(笑) 三男も誘ったんだけど、、、やはり振られちゃいました。




♪デンハーグピアノ五重奏団


J.Lデュセック/ピアノ五重奏へ短調 作品41
  Ⅰ.アレグロ・ノン・トロッポ
  Ⅱ.アダージョ・エスプレッシーヴォ・ノン・トロッポ
  Ⅲ.フィナーレ:アレグレット・マ・エスプレッシーヴォ

J.N.フンメル/ピアノ五重奏曲 変ホ短調 作品87
  Ⅰ.アレグロ・エ・リソルート・アッサイ
  Ⅱ.メヌエット:アレグロ・コン・フォーコ・トリオ
  Ⅲ.ラルゴ
  Ⅳ.フィナーレ:アレグロ・アジタート

  ◆ ◆ ◆

F.シューベルト/ピアノ五重奏曲イ長調 作品114 D.667「ます」
  Ⅰ.アレグロ・ヴィヴァーチェ
  Ⅱ.アンダンテ
  Ⅲ.スケルツォ
  Ⅳ.アンダンティーノ
  Ⅴ.アレグロ・ジュスト


こういうのって室内楽っていうのー?
広いホールより サロンで聴きたいって感じしますね。
…サロンってなんだろ?イメージで書いてしもたw(すげー無知

  

終演後、ステージの上に上がって、ピアノを見学。
なかなか大勢のお客さんが、ピアノの周りを取り囲みました
説明してくださるかた、調律してたかたかな?
いろいろ取り外したりして丁寧に説明してくださいました。

夜の部で演奏されたのは、写真右側の、ヨハン・ゲオルク・グレーバー というピアノ。
200年前のピアノだそうで、ペダルが5つ。
鍵盤の深さが(高さ)が現代の半分らしく、力が少なくて済むんだとか。
アコースティック楽器ってすごいね。手仕事だもの。

皆さんに弾いてもらうわけにいかないので誰か代表で、と言われて
小学生男子がバロックを軽く弾きました。
うぅ~私も触りてぇ。

左側のピアノは鍵盤の白黒が逆のヤツ。アントン・ワルター って書いてありますな。
ペダルがないんだそうです。ペダルのかわりに鍵盤の裏側あたりに、
似た機能の場所があるんだって。膝(太もも)で操作するんだって。
おもろいね。

これも、どなたか弾いて、皆さんに触った感じをお伝えください、
って言われても、
だ~~~れも名乗り出ない。
うぅ… 触りたい。。。

でも勇気がなく。

どう弾いていいかわからんじゃないですか。
元春の 悲しきRadioでも良かったかしら?笑

わからぬながらも楽しき音楽鑑賞。
シューベルトの「ます」が有名なのは知ってるけど、どんな曲か知らず。
聴いたら、ああ、ってわかりました。(ほんと、無知。笑)
でも、また忘れるかも。(おいっ)
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一口ずつ | トップ | 歌が好きピアノが好きという... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ゆふこ)
2013-10-16 22:59:28
お久しゅう

コンサートの類も、とんと随分ご無沙汰な私
うちの一番上のお姉ちゃんが高校の吹奏楽部(楽器はバスクラリネットです)でして、最近N響見に行きたいね~!と、2人で盛り上がっていたところデス
たぶん、こちらへも年に一度は定期演奏会あったと思うのですよ
クラシックも好きです
弦楽器・木管楽器、自分が演奏出来ないから憧れもアリ

200歳のピアノの音色♪
聞いてみたいですね~
チェンバロとかもいつか機会があれば生で聴いてみたい楽器のひとつデス!

白黒逆の鍵盤ピアノって想像してみてもすごそう!!渋ぅぃ~
きゃらさん弾いてみたらよかったのに
お久しブリーフ♪ ←古っ(≧▽≦) (きゃら)
2013-10-17 01:28:42
おぉ ゆふこさんちも吹奏楽部~
某奥様んちも吹奏楽だったかなー中学だけど。
そのうちどっかの大会で会ったりしてねw
(うちは…おしいっ、管弦楽団ですが)
お子さんと同じ趣味というか、同じ方向向いてるっていいですよね。

200歳のピアノは鍵盤が浅くて、かわゆい音でした。
軽やかな感じ。
チェンバロ、私も聴いてみたい!何度かチャンスを逃しています

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。