ココロの傾向

タイトルは有頂天の曲『千の病を持つ男』より

紅葉便り「栂池自然園」…ただし結構前の訪問。(°_°)

2016-10-10 18:53:15 | 日々
栂池自然園。二度目の訪問。2016年9月23日。
--------------------------------
〒399-9422
長野県北安曇郡小谷村千国乙
12883-1
TEL:0261-83-3113(栂池山荘)
--------------------------------

ダンナさんと、長男と二男と。
お天気は小雨。・・・雨。
雨の中、歩くなんて。
初めてのことでございます。
ぬかるんでてもイヤなので、私はなんとブーツを履きました。
登山用の防水靴なんて持ってない~。全員。
雨具も。
適当に家にあったものでしのぎました。


栂池スキー場に面してるホテルを9時半頃出発したかな。
駐車場は一日500円。
(前回はホテルに停めさせてもらったけど
 今回は少しホテルが離れていたので駐車場へ)

あ、そうそう、前日ホテルには着いた時に
ゴンドラ+ロープウェーの往復、及び自然園入園料のチケットありますか?と訊いたら
2枚だけあったんですが
当日出かける時には用意してくれてました!4人分。
前売り料金なので 全部で1400円ぐらいは安くなったはず。
ありがとうございました。 
   >星降る高原の小さなホテル 白馬ベルグハウス様


さ、写真いっぱいだぞ。

  
雨が結構な感じでマジで歩けるんかなと心配になりつつゴンドラ。
少しばかり色付いて来た葉っぱを見つけては「綺麗~!」と無理矢理テンションを上げる。笑

ロープウェー乗り場への道です。ロープウェーは基本的には20分に一本。
最終下りが16:40だそうなので気を付けて!
  

  


  
ロープウェーを降りてからも少し歩きます。
霧は晴れない。ヒュッテで一人一個ずつ、おやきを買いました。念のため!
飲み物は持参。


  

  

  

  
中間のトイレまではわりと平気で。
(車椅子でも可能な場所もあります。)

そしてコレが途中のトイレ3つ。
ボットンだけど綺麗に清掃してありまする。
水がたっぷり出てるから手も洗えるし。
    

そして道は険しくなっていく…
険しい部分は撮ってる場合じゃないので写真がありません。^^;
  

  

  

前に行った時も、死にそうになりながら行ったらしいけど、
今回も死にそう…でした。私は。
心臓が飛び出る勢い。はぁはぁと自分の息しか聴こえない。
過呼吸になって痺れたわ。^^;;;

子供たちや夫は元気でした。
子供ら、雨の中、歩かせられて、どうなん?と思ったけど
なんか…楽しんでた。鼻歌混じりで。植物を眺めながら。

湿原展望台に着いたけどこの通り。
ああ…向こうには大雪渓が…見える…はずなのに。前回行った時のblog見てね~。
  

  
一番雨が激しい時間帯でありましたが(汗)
おやきを食べた。
ちゃんとした雨具じゃなかったので、みんなお尻が冷たい!!と言いました。

  

  

  
高山植物の“オオシラビソ”
こういうのが見れると、疲れも吹っ飛ぶもんです。^^

帰りは別の道をチョイス。(前回はそのまま戻ったので初めての道!)

  

  
ちょ!足が上がんねーんすけど!


そして
  

  
ぎゃーーーっ
ひ、、、、膝が、、、笑うんすけど!!!!
おまけに両脇は崖。
つまり尾根ってこと?
(雨で視界が悪くてよく見えないのが幸いだったかも!?)
  
過酷だ。過酷すぎる。トレッキングじゃねえ!

だがしかし。喉元過ぎれば熱さを忘れる。
木道まで来ちゃえばなんのなんの。
  

  

やっほー!と叫んでる子供がいて微笑ましかった。
親子三代で、皆さんカッパ着て歩いてました。


  
風穴のところにポケストップありましたがな(笑)
表示が「氷穴」になっておったが…( ̄‐ ̄)んー
  


  

  
ヒュッテだー ヒュッテが見えたぞーーーヽ(^。^)ノ

  

  

  

  
展示を見て。(旧・ヒュッテは展示場)
介護施設で演奏したことのある「山小舎の灯」も。
昔はここに寝泊まりしたんですね~。


お土産や食堂もある栂池山荘で遅いお昼。
  
私が一番ボリュームがあるのを食べてしまった。
しまった、せっかく歩いて消費したカロリーを…


再びロープウェーとゴンドラに揺られ…下山。疲れきったー。

  
今回は入りませんでした足湯。(無料だったと思う)


お疲れ~~~。
雨でもなんとかなるのがわかった。
上下ともちゃんとした雨具欲しいし、防水の歩きやすい靴も欲しいと思いました。
いや…そんなに山歩きやらないか。。。



この翌日から秋の大感謝祭あったんじゃないかな。
ふるまい汁とかね~。
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初・古田新太 | トップ | 紅葉便り「妙高・苗名滝」  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。