ココロの傾向

タイトルは有頂天の曲『千の病を持つ男』より

破れたハートを売り物に ワンナイト上映&LIVE中継

2015-03-04 01:55:52 | LIVE
コレ 行ってきました。
甲斐バンド 短編オムニバス映画 ワンナイト上映 及び、LIVE生中継 
at ユナイテッド・シネマ新潟

LIVE、しばらく行ってないのに!
映画、特に好きなわけではないのに!
甲斐バンドの曲がモチーフってことで、きっとハードボイルド系が多いんじゃないか?苦手~
なくせに!

ま、ようするに気が向いたんですな。

前日の夜中見たら、席がすでに前2列しか残っておらず。
マジか~!?
正直、売れてると思わなかったわい。^^;;;
で、当日2席減った。
焦って事前に買いに行きましたわ。

最終的には
   
こんなだったよ。



そして私は かなり前の方で見てしまった。そしたら・・

酔った。

ええ、、、酔いましたの!
1作目、マキタスポーツ主演で、ボクシングのシーンがいっぱいあって
カメラワークが動く動く…。
吐くかとオモタ。

いい作品でしたけどもね。

マキタスポーツが ものすっごくいい味出してましたな。
最後の 歌いながら・・ のシーン。長回しっていうの?
良かったわ~~~。
甲斐バンドの『らせん階段』がモチーフの。

あらためて聴いたら 今でも響いた。


  この世の中を何もなく 晴れた日をめざし
  調子よく風に任せて 渡っていくヤツもいる
  つまづいては立ち上がり よろめきながら生きている
  そうさほとんどの奴が ただ落ちていくだけ
  人生なんてそんなふうに 悪い旅じゃないはず
  めぐりめぐる人生は 曲がりくねった人生のように
          ---『らせん階段』甲斐よしひろ

中学の頃によく聴いた曲ですよ。
「14歳で聴いた音楽が人生で一番心に残る」(説ありますよね)
かどうか???



2作目もまぁ良くて。
船越英一郎さんが、もっと品がなくてもいいのではないかと思ったけど(笑)

そしてすみません3作目以降は
吐きそうで・・ 具合悪かったっす。^^;;;

バイオレンスかと思いきや、ギャグ?ってのもあったな。


にしても、
前の席は 映画に不向きすぎ!!
画面がナナメ!
あれは 席、なくて正解じゃね???


LIVEは楽しみましたぞ。
開演までのわずかな時間、生LIVEの会場の様子が流れてたけど
お客さんが… かなりくたびれた感じのかたがたが多く。
え?こんなだっけ? え?私もですか? はたから見たらこんなか!?
(そうかも知れん…

新潟の会場も拍手が沸き起こってましたな。

カラオケで『らせん階段』
メンバーが登場して
松藤くん&田中一郎氏がアコースティックギター、
そしてアコーディオンのかたがいました。
『安奈』『漂泊者(アウトロー)』
アコースティック編成のアウトローもいいもんですね!

甲斐氏は全然体系変わらんな。皮のズボン履いててもOKや!
声も・・相変わらず丈夫そう。

   


『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3年弱 | トップ | 涙そうそう »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
しみじみ~いい曲♪ (ゆふこ)
2015-03-05 00:46:39
新潟は上映館あったんですよね~!
私も高校生~大人になるまで良く聞いてました。(サンストも)
甲斐さんの曲は、大人の世界への憧れでもあったかな~

少し前に甲斐さんも、還暦ライヴ!!とか聞いて、時の流れも感じつつ、自分の14才の時に良く聞いてた曲…何だったかなぁ
ゆっくり思い出してみます
珍しく新潟が (きゃら)
2015-03-05 09:14:07
はじかれなかった(笑)
ライブビューイングも初めてで面白い体験でした

そうね~~ 大人の世界を垣間見る。。歌もそうだけど、ラジオの影響は強かったですね。
今でも覚えてる、あんなことやこんなこと。
そんな世界があるんだ~って。
わからないながらも 想像してたかな。

14歳ってこういう音楽一般に 興味が沸いた時期でしたわー。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。