ココロの傾向

タイトルは有頂天の曲『千の病を持つ男』より

佐渡の兄弟

2007-04-05 23:51:30 | LIVE
平川地一丁目LIVE 
行ってきた!

NEXT21という新潟市内では背の高いビル内6Fにある、市民プラザにて。
初めて入った~。キャパ、確か450弱。

前回かぶりつきだっただけに、ちと遠く感じたが、
全身全霊で歌ってる直ちゃんの姿を
全体で見れた感じ。

や~~~~~~
歌うまい。声がいい(ウットリ (//・ω・//))
直次郎君ソロHPで歌が流れます。SOUND ONにしてね~)
あと、
若いっていい。(爆)

直次郎君は空手部に入ってるらしく、鍛えてる感じがする~~~
体つきが随分男っぽくなったなぁ。
どこかで 握手会はギターを弾くので手にあまり負担をかけたくない
と 事務所????が言ってたそうだけど
空手はどうなのよ、と。(大笑)
ギターの弦、二度ほど切ってました。
彼の
LIVEに対する真剣さは、こちらにビンビン伝わってきます。
ステージに男を賭けてるんだゼ! 
と思ってるかどうかは知りませんが(笑)
とにかく一生懸命歌う、その姿からは目が離せなくなります。

『桜の隠す別れ道』
『校庭に見つけた春』
『雨の日の仲直り』あたりが良かったね~~~!
声が・・・ もう・・・ 惚れ(笑)
CDより断然LIVEがいいです。
彼の歌は、なんであんなにも 愁いがあるかねぇ。
うちの長男のひとつ上なだけですヨ。

佐渡の人が聴いたらグッとくるだろうと思ってる『いつもの通い道』で
一緒に行った佐渡出身の人が、
「佐渡の歌だよね~」と、なぜかケタケタと笑ってた。
な、なんだ?この人。(^_^;)

『サクセス』は ダウンタウンファイティングブキウギバンドのカバー。
この子の声に合ってる。

龍之介君は いつも通り、飄飄とした雰囲気でした。(笑)
コンサートグッズの紹介も、
言ってることの中身がなかったと思う。
あのキャラで、この作品、
芸術家肌・・・ なんていうか・・・
作品で表現する人なんだろうな。
体で表現するんじゃなくて。

あ、写真は今回のコンサートグッズにあった、
龍之介君デザイン(なのか?)の湯飲み。
あさひと早速… 
ゴメンね、ビールを飲んだ。(; ̄ー ̄A

客層は相変わらずバラエティーに富んでて
子供からおばあさん世代まで。
樹木希林風味やEXCILE風味も。
まぁ、勝手に想像してください。(笑)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加