きゃおきゃおの庭

近代建築から現代建築までPHOTOたてもの探訪の記録。大切にしているものなど写真で綴ります。

2016年秋の「旧乾邸」特別観覧 その1

2016-12-28 | 西洋館
そもそもの原因は、私の思い違いから。
新神戸から地下鉄に乗り、三宮へ。
電車を乗り継ぎ、御影駅で下車し、荷物をコインロッカーに預けて
歩く方向はどっち?と地図を眺めて
初めて間違いに気が付きました。
「御影駅」って 3か所あるのですね。
降り立ったのは、阪神の御影駅。徒歩ではちょっと遠すぎます。
そして荷物を預けたので、またここに戻らなくてはいけないのです。
見学集合時間が追っているので、タクシーに乗り込み
阪神線、JR線そして阪急線が平行に走っていることを今更ながら知りました。

わりと細い道路の先に、そのお屋敷が見えました。
個人邸ですが大きい!!
門の前に行列ができていて、集合時間13時に間に合いました。
神戸市主催の「旧乾邸」特別観覧(事前予約制)です。






車寄せのスケールが違います。










南側の庭園を散歩しました。











もう、外観を見ただけで感動の渦に包まれました。

ボランティアの方による説明に耳を傾けるのも良いし、自由に見学してもよし。
ツアー形式の、一筆書き経路の見学会ではないので、ホッとしました。

竣工 1936年
設計 渡邉節
所在 神戸市東灘区住吉山手5-1-30
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 竹中大工道具館で匠の技を知る | トップ | 2016年秋の「旧乾邸」特別観... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (こばけい)
2016-12-28 08:43:28
間に合ってよかったですぅ~
こんな素敵すぎる個人邸が、まだあるんですね

もう、外観を見ただけで感動の渦に包まれてます♪

次回がドキドキ~♪
Unknown (icchan0000)
2016-12-29 00:18:55
おお、うぇるかむ、兵庫^^

こんな見学会があるんですね!!
どうやって情報入手なさってるんですか?


僕も一度、阪神・阪急・JRの罠にはまったことあります>_<
意外と遠いんですよねえ・・・
こばけいさんへ (きゃおきゃお)
2016-12-29 01:15:31
もー、自分が悪いんですけど、とほほ。
まさか 駅を間違えているだなんて。。
ギリギリセーフでした。

買い取った、神戸市に拍手!です。
感動の3時間。写真撮りまくりました。
続き、頑張ります~!
たくさんのコメント、ありがとうございます。
icchan0000さんへ (きゃおきゃお)
2016-12-29 01:31:43
兵庫をちょろっと旅してきました。
ここは、本当に神戸の宝です!

春秋の年2回、公開されていますが、
来年は神戸開港150年イベントが有るため、春の公開は無いようです。
行きたいところは、ノートにメモし、公開情報を調べて、プレス発表がいつ頃かも調べ、何年でも待ちます。
あと、建物好きの友人情報も助かります。

いや~、御影駅。。まいりました。。
地元の方でも あるんですね。ほっとしました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。