きゃおきゃおの庭

近代建築から現代建築までPHOTOたてもの探訪の記録。大切にしているものなど写真で綴ります。

東海大学代々木校舎

2017-05-11 | 戦後建築
日本武道館、京都タワー、そして特撮映画のロケ地として有名な東京都水道局長沢浄水場を設計した
建築家 山田守は、東海大学の創建時に関わり、建設工学科の主任教授として学生の教育にあたるとともに
同大学施設を多く手がけました。


1号館(竣工 1955年) 凛として神々しい感じ。



オーダー、迫力あります。

2号館(竣工 1958年)

X字型の校舎は、緩やかな曲線を描いています。














玄関ポーチのマッシュルームコラム おおーって見入っている傍ら、学生は素通りしていきます。あはは。。
建物内には、螺旋状のスロープがあるそうで、いつか見てみたいものです。



所在 東京都渋谷区富ヶ谷2-28-4
設計 山田守/山田守建築事務所
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旧千住郵便電話事務室 | トップ | 獅子に会いに 丸石ビルディング »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。