きゃおきゃおの庭

近代建築から現代建築までPHOTOたてもの探訪の記録。大切にしているものなど写真で綴ります。

2017年春の旧箱根樹木園休憩所

2017-06-14 | 村野藤吾
とても気になって、箱根九頭龍の森を再び訪れました。
取り壊されていたり、フェンスで囲まれていたらどうしよう。
いろんなことが、頭の中をよぎっていきます。
2年前の旧箱根樹木園休憩所はこちら
息を呑むような光景。






ロビー・展示ホール



かつての食堂 










心のこりだったのは、湖に一番近い この建物部分。


床面から窓のあるバルコニーまで、結構な高さがあり
部屋を覗き込まなかったこと。
窓は閉じられ、カーテンがひかれていますが
一か所だけカーテンの開いた窓があり、ガラス越しに
覗いて見ました。ガラスは、雨風を受け かなり汚れています。
けして建物内には入っていません。








昭和天皇来訪をイメージして造られた、特別室(貴賓室)
紫色の川島織物の布が、朽ちてもなお気品ある空間を保っています。
モビールのような、照明も健在。






このまま、箱根の自然に溶けて風化してくのでしょうか。
胸が痛みます。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きゃおきゃおツアー女子会 ... | トップ | ザ・プリンス箱根芦ノ湖(旧... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
涙がでます (アアルト)
2017-06-15 16:02:41
完全に朽ちるのを待っていますね。涙がでます。
アアルトさんへ (きゃおきゃお)
2017-06-16 00:19:48
現役の頃を知っているだけに、悲しいです。
この先どうなるでしょうね。
ホテルの本館は、大切にされているけれど、
ここまで手が回らないのは残念。
涙、涙 です。。、
惜しいですね (越後美人)
2017-06-16 15:01:43
これだけの建物を、朽ちさせてしまうのは惜しいですね。
何か有効利用出来たら良いですのにね。
きゃおきゃおさんは、実物を見られてさぞ胸を痛めたことでしょうね。
越後美人さんへ (きゃおきゃお)
2017-06-17 08:44:12
あ、あった~。。
ホッとしたけれど、茅葺屋根の穴が、どんどん大きくなってていて、建物の嘆きが 伝わってきました。

諸事情で使われなくなって、本当に残念です。
ここまで荒れ果てると、再生は難しいでしょうけど
誰か 温かい手を差しのべてくれないかなあ~。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。