Yさんの閑日好日雑記

平凡な時の流れでも何かを見つけたい

餃子の街をブラつく

2016年10月12日 | 日記
過日、宇都宮に行った時、公園と駅周辺をかなり歩いた。
ちょうどお腹も空き、喉も乾いたので蕎麦屋でもと探したが1軒も
見つからず。
在るのは餃子店とやたら中華料理屋が多い。ラーメン屋も多い。
栃木県の人は、油濃いものが好きで、蕎麦を食べないのかと不可思議な
疑問が湧いた。

東口駅前の餃子店に置いてある石像も何となく意味不明なものもある。
横綱の土俵入り像は理解できる。
江戸時代の宇都宮出身の初代横綱「明石志賀之助」と説明があった。
その左手にはゴジラ像が置いてある。奥には兵馬俑のレプリカ。
何でも宇都宮の街中で「シン・ゴジラ」のロケがあったそうな。
それで置いたのか、その以前から置いてあったのかは定かでない。

それはどうでも良いのだが、日本蕎麦屋がない。歩き周ってほとほと
疲れたので駅に戻る。最終的には駅ビルの寿司処「嘉司田」に入る。
何のことはない宇都宮で銀座が本店のすし屋で、ビールとにぎりを
食べた。

*後日良く調べると地方都市には良くある地理的事情だが、宇都宮の
 繁華街はJRの駅付近ではなく、東武宇都宮駅近くのオリオン通りで
 日本蕎麦屋も当然ある。栃木県の人も日本蕎麦を食べるのである。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夜空の青空と白雲 | トップ | 写真展2016・前夜祭 »
最近の画像もっと見る