Yさんの閑日好日雑記

平凡な時の流れでも何かを見つけたい

三岐鉄道・北勢線の旅(4)

2016年10月29日 | 日記
乗った電車が、楚原止まりであったのでちょうど良い。
楚原から先の麻生田間に有名な撮影ポイント「メガネ橋」がある。
距離にして約1キロ強歩くことになるが、雨は少し小雨模様になり
空も明るくなってきたようだ。
楚原の町を「メガネ橋」に向かって歩きはじめる。

頂いた北勢線のガイドブックには、『明智川拱橋「メガネ橋」、長さ
19、8m土木学会選奨土木遺産。全国に数多く存在する眼鏡橋の
中でも、大変珍しいコンクリートブロック製である。三連式アーチが
美しく、北勢線の代表的な撮影スポットとなっている』とある。

生憎の雨模様で空は曇天。
少し気落ち気味に足を進めていると何と築堤になった線路際の畑に
コスモスが咲いているではないか。
この季節しか撮れない絶好のチャンス。空模様に贅沢は言っていられない。

ただ残念だったのは、予めの天気予報で雨模様と分かっていたので
一眼レフカメラを持参しなかったことだ。
同伴者はしっかり一眼レフを持って来ていた。何たる不覚。
やはり私は鉄ちゃんではなく、鉄記録の存在なのだ。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三岐鉄道・北勢線の旅(3) | トップ | 三岐鉄道・北勢線の旅(5) »
最近の画像もっと見る