Yさんの閑日好日雑記

平凡な時の流れでも何かを見つけたい

小さな旅・潮来(1)

2017年06月02日 | 日記
6月花菖蒲の季節だな。潮来の「あやめ祭」の撮影に行って来た。
何でまたと云われても困るのであるが、私が所属している写真サークルの
前期撮影会のロケハンに加えてもらった。本番が行けそうにないので。

東京駅7時30分集合。8時発の高速バスに乗る、私にとっては苦行に近い
時間帯だが仕方ない。高速道は空いており、9時30分頃には潮来駅に着く。
「あやめ祭」の会場は、潮来駅から歩いて数分。
この「あやめ祭」、「あやめ」と銘打っているが、実際に咲いている花は
花菖蒲である。

「あやめ」は山野の草地に自生し、アヤメ属の種である花菖蒲やカキツバタの
ように湿地に生えることは稀とある。また時期は4月下旬~5月上旬とある。
潮来の「あやめ祭」の花は、花菖蒲であるが祭の名前を変えるのはどうした
ものかと同属の花だから、「あやめ祭」で通そうと云うことらしい。

その辺は、目くじら立てる人もいないであろう。
到着そうそう「あやめ園」で枯れた花を刈り取っている粋な格好の女性達が
いた。早速カメラを向ける。
ただ失礼だが、格好だけ見ていると若い人が摘んでいるように見えるが、前で
お顔を拝見すると『気のよさそうな小母さん』たちのボランティアだろうか。
それなりの衣装を着て励んでいるのは、多分「あやめ祭」の期間中だけであろう。
地元の観光を盛り上げるために町ぐるみ、人ぐるみで頑張っている。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恒例・春の運転会(4) | トップ | 小さな旅・潮来(2) »
最近の画像もっと見る