Yさんの閑日好日雑記

平凡な時の流れでも何かを見つけたい

ある地方の風習

2016年11月08日 | 日記
先日、桑名から三奇鉄道・北勢線の旅で、いなべ市楚原の町を歩いて
いたら、かなりの家々でしめ飾り(正月飾り)を掛けていた。

関東と関西ではしめ飾りを飾る時期が多少違うらしいが、それでも
1~2週間の誤差である。
一般的には、12月28日~1月7日である。
また地域によっては、小正月の1月15日まで、二十日正月の1月
20日までとある。
それが、10月中旬頃も飾ってあるのは何とも不思議である。

ネットで調べたが、答えが見つからなかった。
となると「いなべ市」の観光協会、市の振興課などに電話で聞くしかない。
相手の方も若いので気が付いていたが、理由までは分からないとのこと。
『調べて連絡いたします』との返事にそこまでは結構ですとお断りする。

いずれにしても、この地方の家々がズボラなのではない。
市役所の若い人たちも知らない、何らかの風習が残っているのであろう。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤羽で海外鉄道研究会 | トップ | 写真月間打合せと大統領選 »
最近の画像もっと見る