大堀川春夏秋冬

大堀川の野鳥と野草の写真 
&関東地区の野鳥

珍鳥 ソリハシセイタカシギ

2017年05月15日 | 千葉県の野鳥

ネット情報があり 雨上がりの日曜日4時に起きて行ってきました。
ソリハシセイタカシギ(反嘴丈高鷸) チドリ目セイタカシギ科
図鑑によると、冬期はインド西部、中国南部などで過ごし繁殖期は中央アジアへ渡ると有りました。
日本では、稀に観察できる旅鳥ってとこでしょうか
たくさんのCMが集まりましたが、休耕田らしく農作業のジャマにはならなかったのではと思います。また水の張った田畑の中央に居たので近づけなくて、野鳥へのストレスも少なかったと思います


ヘラサギのように嘴を横に振って採食するようです


寝ていることが多く動き出すと一斉にシャッターがきられます


綺麗な姿を鏡に映してます


セイタカシギがたくさん居るところなので、やって来たのかな

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

表舞台と舞台裏

2017年05月11日 | 山梨県の野鳥

表舞台
連休明けの火曜日 コルリ目的でまた甲州市の峠に行ってきました
コルリ (小瑠璃) スズメ目ヒタキ科 夏鳥
希望が叶い大感激 Nさん ありがとうございました


雌も撮ることができました


一番出演回数の多かった クロジさん 真灰色 とでも言うでしょうか 


自身 初見初撮り
ソウシチョウ(相思鳥)スズメ目メチドリ科 
インド北部、中国南部、ベトナム北部、ミャンマー北部に生息し鑑賞目的で輸入されたのが、野生化した外来種


平地でも冬場によく見かける アカハラ


前回に初物だったコマドリ 今回は露出補正をかけて少し明るく撮れました


トリは キビタキ
何度も撮っているのに、また撮りたくなるトリです




キビタキも雌が現れました


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

表舞台と舞台裏

2017年05月11日 | 山梨県の野鳥

今年2度目の甲州市の峠
先ずは、舞台裏から
ウグイスの【さえずり】は初撮り


キセキレイの夏羽も初撮り  (喉が黒い)


ゴジュウカラ お得意の頭が下向き


コガラ  黒い帽子に蝶ネクタイ 平地ではなかなか出会えません


ヒガラ とんがり帽子によだれかけ まれにシジュウガラの群れにいます


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寂しい大堀川

2017年05月05日 | 大堀川の野鳥

野鳥が少なくて寂しいかぎりです。中流域を3km位往復したのですが、カルガモ4羽、イソシギ1羽、コガモ2羽だけでした(ムクドリはたくさん)
景気づけにイソシギの舞とHP大堀川の四季にアップした野草を添付








4月~5月の野草
キズイセン、        ハナニラ、           ムラサキケマン、         タイリンオオアマナ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日も水元公園

2017年04月30日 | 東京都の野鳥

サンショウクイ狙いのCMはゼロ どうも抜けたみたい
コアジサシ 小鯵刺 チドリ目カモメ科 夏鳥
3~4組位のつがいが出来てました






クロジが昨日よりハッキリ撮れました


オオヨシキリがヨシの中でなく木の天辺で鳴いてました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大型連休初日

2017年04月29日 | 東京都の野鳥

リタイヤ組なので、連休は関係ありませんが、孫の子守をかねて水元公園へ行ってきました
さすが賑わっていましたが、鳥撮り組は思ったより少ない感じでした
先ずはクロジを撮影 雄のようです 一週間前に山梨で撮った雄と比べると背中が茶色で まだ若でしょうか?


同じところに餌を求めてアオジも来てました これも先週と同じパターン


アオサギのストレッチ


ヒドリガモがまだいました 渡らないつもりでしょうか?


サンショウクイ待ちでしたが、午後になりそうでしたので今日のところ引き上げ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コマドリ 初見

2017年04月25日 | 山梨県の野鳥

コマドリ 駒鳥 スズメ目ヒタキ科 夏鳥
念願の一つだったコマドリを撮ることが出来ました。ツアーで知り合った方からのお誘いで片道4時間かけて行ってきました。
日曜日は避けて、月曜日にしました。


天気が良く綺麗に撮れました


ポーズとりも慣れているようでした


鳴き声には驚きました。小さな体なのに大きな声!駒の由縁に納得


クロジも出てくれました。 山奥でのクロジ撮りは初めて

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毎年恒例 イソヒヨドリ

2017年04月17日 | 大堀川の野鳥

イソヒヨドリ 磯鵯 スズメ目ヒタキ科 柏では漂鳥
毎年 自宅周辺に来て、囀りをしてくれます。残念ながらツーショットは撮れませんでしたが、ツガイでやって来ました
オス




メス


結束バンドの破片をくわえてます。 巣材に使うつもりでしょうか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大堀川の似たものどうし  その2

2017年04月15日 | 大堀川の樹木・草花

ノゲシ 野芥子 キク科ノゲシ属
ヨーロッパ原産で世界中に広まっている 日本には古くに農耕と一緒に入ってきたとされている
ケシの名がついているがケシの葉が似ているだけでケシ科ではない
タンポポのような花が咲く 葉には刺があるが柔らかく触っても痛くない
葉の基部はとがった三角状に張り出して茎を抱く






オニノゲシ 鬼野芥子 キク科ノゲシ属
ヨーロッパ原産で世界中に帰化植物として分布している
春から夏にかけて多くの花を咲かせる 茎は太くて中空
葉の鋸歯の先端は棘になっており触ると痛い




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大堀川の似た者どうし

2017年04月15日 | 大堀川の樹木・草花

大堀川の河畔 桜の次は菜の花です
セイヨウカラシナ 西洋芥子菜 アブラナ科アブラナ属 西アジア原産
カラシナの原種である野生種が明治以降に帰化植物となったとされている
大堀川の菜の花の殆どはこのセイヨウカラシナのようである


花びらは2枚づつ寄り添っている


見分けるポイントは、葉の基部が茎を抱いてない


セイヨウアブラナ 西洋油菜 アブラナ科アブラナ属 北ヨーロッパからシベリアが原産地
食用油の原料として世界中で栽培されている 日本には明治時代初期に導入された
大堀川河畔では木﨑橋から松ヶ崎橋間の菜の花のうち1~2割がこのセイヨウアブラナである


花が茎の先端に集合している 花びらは十字状に開く


見分けるポイントの葉の基部が耳形になり茎を抱きます
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの鳥撮り 波崎

2017年04月14日 | 茨城県の野鳥

ネット情報に触発されて波崎のオオハム夏羽間近を撮りに行ってきました。
オオハム 大波武 アビ目アビ科 冬鳥
港内中央部のため遠距離撮影






カンムリカイツブリ  冠鳰 カイツブリ目カイツブリ科 冬鳥
これも夏羽っぽい


アカエリカイツブリ 赤襟鳰  冬鳥
まだ冬羽


ウミアイサ 海秋沙 カモ目カモ科 冬鳥 オス

メス


次もネット情報 東庄に寄ってきました 
シマアジ 縞味 カモ目カモ科 旅鳥 


タヒバリ 田雲雀 スズメ目セキレイ科 冬鳥
背中側の灰色が濃く夏羽のようです


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨の大堀川

2017年04月08日 | 大堀川の樹木・草花

大堀川のソメイヨシノが満開間近
今朝はあいにくの雨です。おかげで桜を独り占めできました。


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なごり冬

2017年04月04日 | 大堀川の野鳥

なごり雪になぞらえて、冬鳥のなごりを求めて手賀沼散歩
オオジュリン


カンムリカイツブリ


コガモ


以下冬鳥ではありませんが!
 収穫少なく ションボリしていると 目の前の至近距離にアオジが登場


虹彩の周辺が茶色だと初めて知りました


ヒヨドリが残り少ないツバキにむしゃぶり!


モズがコブシの木に!


かわいそうなのでオスも載せちゃいます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒメオドリコソウ

2017年03月17日 | 大堀川の樹木・草花

風邪やら痛風やらで10日ぶりの大堀川 

ヒメオドリコソウ 姫踊り子草 シソ科
ヨーロッパ原産の帰化植物 花の色がホトケノザとにてるが葉をよくみると違いことがわかる


オオイヌノフグリと競い合ってます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大堀川の留鳥

2017年03月06日 | 大堀川の野鳥

義理堅く春も居てくれます。5日の探鳥
モズ♀ 漂鳥ってとこですが、時々姿をみせてくれます


ムクドリ オオバンがいなくなると一番の勢力になりますよ


ホオジロ ♀ 
大堀川の流山付近も宅地化が進み少なくなりそう


ホオジロ ♂


バン 若鳥 今年は繁殖に参加できるかな


ハクセキレイ いつでも どこでも


セグロセキレイ 夏になると数が減ります


シジュウガラ 鳥撮りの収穫がないときの 慰め役


キジバト どこで繁殖してるかわかりません


カワセミ 


カルガモ 春になると数はへりますが、毎年 繁殖してくれます


カイツブリ まだ早そう?


アオジ 風来坊


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加