記憶をなくした私 ~側頭葉てんかんを経て~

仕事で、家庭で、忙しくストレスをかかえていたある日、家に帰る駅も、道も、
わからなくなってしまいました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夢を見た

2016年10月08日 | 日記
昨夜、眠くて眠くて仮眠した時に、夢を見た。

夢の中の私は、がんに罹患していて、がんが、脳とどこかに転移していると告知されていた。
 そうか。じゃあもう先は長くないな。
 脳に転移してるということは、
 意識を保てるのも長くないだろうな。
と考えていた。乱れることもなく、悲しむでもなく、冷静に。

そこで、目が覚めた。寝汗をかいていて、体が重かった。(まぁ、少ししか寝てなかったせいもあるだろうけど)

最近テレビでがん患者の方の話を見たせいかもしれない(テレビの患者さんはすっかり良くなってた)。
あるいは、職場の方の奥様ががん末期だと聞いたせいかもしれない。私が代わってあげられればいいのにと思ったけれど、そんなできもしないことを言うのは失礼でしかないので、口にはしなかったが。

夢で良かったのか、残念だったのか、どっちだろうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 理解してもらえない病気 | トップ | 惜しい! »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。