川越雑記帳2(川越見て歩き)

川越に長年住んでいるが、まだまだ、知らないことや行ったことのない所が多い。そんな所を見て歩き、記録しています。

喜多院のキノコ

2017年06月14日 | 花・木・自然

喜多院のどろぼう橋の傍に大きな木がある。


梢を眺めていると、木の中央に白っぽいものが見えた。

丁度幹が2つに分かれる股のあたりである。


人間の尻のような所に、扇形に広がっているキノコだった。

キノコは大体上から傘を見ることが多く、下から見上げるのは初めてだった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 田んぼの浮草 | トップ | 蛾(ウメエダシャク)の交尾 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL