川越雑記帳2(川越見て歩き)

川越に長年住んでいるが、まだまだ、知らないことや行ったことのない所が多い。そんな所を見て歩き、記録しています。

空地(草刈から4週間)緑の絨毯、暑さに花も閉じる

2017年07月17日 | 花・木・自然

草刈から4週間、気温37℃の予報が出ている。

空地の草はさらに丈を伸ばし、まるで緑の絨毯のようだ。

2つあった丸いハゲのような所は、1つは草で見えなくなった。


アカバナユウゲショウは数を増し、あちこちに小さなピンクが見える。

いつもより小さく見えると思ったら、暑さを避けるためか花びらを閉じている。


白いタンポポの種もみえる。

この1週間で花を付け、さらに種まで付けたようだ。


黄色のカタバミの花は、暑さにもめげず、いっぱいに開いている。


中心が黄色で花びらが白い、ヒメジョオンの花も咲いている。


塀の際には、ふわふわとしたエノコログサ(猫じゃらし)が群生し、弱いかぜに揺れていた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5連のヒルガオ(昼顔) | トップ | 喜多院のヤドリギ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL