川越雑記帳2(川越見て歩き)

川越に長年住んでいるが、まだまだ、知らないことや行ったことのない所が多い。そんな所を見て歩き、記録しています。

ホトケノザのお花畑

2017年05月12日 | 花・木・自然

去年はムギナデシコのピンクの花が風に揺れていたが、

今年は、全く別のピンクの花が咲いている。

ムギナデシコは1メートルほどの高さがあるが、この花は地面に張り付いている。

ホトケノザである。花が小さいので、全体に薄いピンクになっている。


もう最盛期は過ぎたと思っていたが、ここでは花盛りである。

これだけ広い範囲に密集しているので、わざわざ種を蒔いたのだろうか?


同じような色なので、見分けにくいが、ホトケノザに交じってムギナデシコが咲いている。

昨年の種が落ちて発芽したのだろう。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 角の空地は花畑 | トップ | ハコネウツギが咲き出した »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

花・木・自然」カテゴリの最新記事