川越雑記帳2(川越見て歩き)

川越に長年住んでいるが、まだまだ、知らないことや行ったことのない所が多い。そんな所を見て歩き、記録しています。

コムラサキシキブとセンリョウの花が咲き出した

2017年06月19日 | 庭の花・実

細い枝にコムラサキシキブの花が咲き始めた。

名前の通り、ピンクにも見える薄い紫色の小さな花である。

枝の元の方から咲き始め、順に枝の先に向かって咲いていく。

花が散ると、やがて本当に紫色の実をつける。


センリョウの花も咲き始めた。

こちらは枝の先端で、大きな葉に囲まれてた中心で咲く。

小さな、白っぽい花の集りだが、実は鮮やかな赤になる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蛾(ウメエダシャク)の交尾 | トップ | 空地(草刈0日)小鳥2羽だけ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

庭の花・実」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL