川越雑記帳2(川越見て歩き)

川越に長年住んでいるが、まだまだ、知らないことや行ったことのない所が多い。そんな所を見て歩き、記録しています。

これが本当の根曲がり?(喜多院)

2017年04月24日 | 花・木・自然

喜多院の空堀に架かるどろぼう橋の手前、柵のすぐ外側に大きな木がある。

その根元を見ると、太いタイヤのような物が見えた。


近づいてみると、太い根が更に太い根にぐるりと巻き付いている。


普通根曲がりというと、斜面で一度横に伸び、それから上に成長した木を言う。

最初の写真で手前にある、幹に白いテープのついた木がそれである。

でもこの根こそ、根曲がりの名にふさわしいかも知れない。


反対側を見ると、幹のように太い根が横に出ていた。

先ほどの根は、このような横に出た根に巻き付いているのだろう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 喜多院の時計 | トップ | 角の菜の花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL