川越雑記帳2(川越見て歩き)

川越に長年住んでいるが、まだまだ、知らないことや行ったことのない所が多い。そんな所を見て歩き、記録しています。

喜多院の根曲がり

2016年05月26日 | 花・木・自然

喜多院の空堀に掛るどろぼう橋、その近くの斜面に多くの木が生えている。
そのうちの1本、幹に白いテープが張られている。
上から見ると普通の木にしか見えない。


ところが見る位置を変え、横のから見るとまったく違う。
いったん横に伸びた幹は、途中からまっすぐ上に伸びている。根曲がりだ。
テレビで山の斜面に生える姿はよく紹介されるが、実際にに見るのは初めてだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ユリ

2016年05月23日 | 庭の花・実

繁った葉の陰で見えなかったが、ふと見るとユリが咲いていた。


5つほどの花が開き、同じくらいの蕾が回りにある。


そばには別のユリがあるが、こちらはまだ蕾だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新河岸川とマメの花?

2016年05月19日 | 川越散歩

新河岸川の桜並木は、すっかり葉桜になり、人の姿はほとんどない。
手前の岸には、ピンクと白の混ざった小さな花の群れがあった。


3箇所程に分かれて咲いてる。
群と群の間は雑草で覆われていた。


花はマメ科の花に似ているが、枝や葉の感じは違う。
2色の花だが、それぞれの単色のもの、2色が混ざったものなど色々。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オレンジパンダとカエルの背中

2016年05月15日 | 街中アート

菓子屋横丁近くのいつもの場所に、今はパンダとカエルが置かれている。
ヤジマキミオ氏作の発泡スチロール製のアートである。
通りかかる人は思わず目をとめ、自転車にまたがったまま写真を撮る女性もいた。


以前のパンダと違い、黒い所がオレンジになっている。
この色のパンダをテレビのCMで見たことがあるが、何か関係が?


カエルは後ろ向きで、大見得をきっていた。
今までこのカエルの背中を見ることはなかったが、こんなにきれいだとは思わなかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

菓子屋横丁再建中

2016年05月11日 | 散歩写真

菓子屋横丁の復興現場、入口右側の建物は完成していた。
美容室のようで、6月にはオープンするようだ。


その奥の建物も概観は出来上がっていた。
さらの奥にある以前の建物ともよく調和している。


通路脇の借り店舗は1つになり、その跡では新しい建物の基礎が造られていた。


通路は一瞬人通りが絶えたが、先の角を曲がるといっぱいの中学生でにぎやかだった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムギナデシコの畑

2016年05月09日 | 花・木・自然

今年のムギナデシコ畑は、いつもより狭い。
強い風が多いせいか、高さのバラツキが多い。


しかし、そのせいか花の数は多く感じられる。


この日は北風が強く、おかげで花の向きがそろった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1週間で(せんばこどうきよう)

2016年05月07日 | すき間に生きる

せんばこどうきようの切株、1週間後には緑が増えていた。


手前の小さな株も、


奥の大きな株も葉が増え、切株を覆い隠していた。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

側溝のタンポポ

2016年05月05日 | すき間に生きる

側溝に黄色い花が見えた。
金属の格子状のふたのすき間から、顔を出したタンポポだった。


側溝の底に根付き、その廻りには水が張っていた。
茎は数本あり、まっすぐ上に伸びたものだけが、かろうじて頭を出していた。


この状態から必至に抜け出そうとしているようにも見えた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日影のタンポポ

2016年05月03日 | すき間に生きる

塀の下に少し連なってタンポポが咲いていた。
ブロック塀と側溝の石のすきまに生えている。


塀の北側で、直射日光は当たらないところだが、元気に咲いていた。
しかし今は、すでにむしり取られていて、数枚の葉だけが残っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今度は本気で

2016年05月01日 | 花・木・自然

12月に冬の陽を浴び、気まぐれのように数輪が咲いていた。
それが今は、初夏のまぶしい陽を浴びて満開になっている。


大きくな木に2色の花が混ざり迫力がある。
脇を通るたびに楽しくなる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加