川端裕人のブログ

旧・リヴァイアさん日々のわざ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「太陽ときみの声」(コードネーム「銀河のワールドカップ・サイドB」)を紹介します。

2017-10-10 15:54:23 | 日記

 

「太陽ときみの声」(川端裕人 朝日学生新聞社)が、書籍として世に出ましたので、あらためて紹介します。
http://amzn.to/2wq3tx2

これは、2016年10月から2017年3月まで、朝日中高生新聞に連載していたものをベースに、大幅に加筆して仕上げた作品です。たぶん連載しよりも5割増以上の分量になっていると思います。新聞連載はなにかと制約が多いので、書籍化にあたって手を入れました。

個人的なコードネームは「銀河のワールドカップ・サイドB」。
「銀河のワールドカップ」を書いた時から、「いつか書く」と言い続けてきたブラインドサッカーの物語をやっと「書く書く詐欺」を脱して、形にできました。

時代設定的には、「銀河のワールドカップ」の後の話です。
「銀河のワールドカップ」に出てきたブラインドサッカー選手、栗林陽平くんは、今では日本代表のエースとなって、かなり重要な役回りで登場します。(ほかのキャラも、ちょっこっと出てくる人がいます)。

でも、これは、高校二年生の光瀬一輝(みつせいっき)と仲間たちの物語です。
彼らの冒険を、一緒に楽しんでいただけたら幸いです。

なお、装画はとろっちさん。この10月から朝日中高生新聞で始まった新連載「続・太陽ときみの声──明日の、もっと未来(さき)へ」のイラストと一緒に担当してくださっています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加