川端裕人のブログ

旧・リヴァイアさん日々のわざ

「声の討ち入り」がオール読み物4月号に

2014-03-28 15:03:20 | 自分の書いたもの
R2287428
声優小説・3回目です。
結城勇樹君は、「打ち入り」の日、酔って絡んでしまいます。
テレビ局のエラい人に。
ありそうな、ありそうな、きっとありそうな話。

作中作の野球アニメ「センターライン」は、だんだん、盛り上がってきたような気配。
これアニメ24回分くらい構成表作ったちゃったんだけど、なんか別の機会に書ければいいよねぇ、と、それはまだ先の話。

なにはともあれ、結構、山場な4回目を書かないと。

オール讀物 2014年 04月号 [雑誌]オール讀物 2014年 04月号 [雑誌]
価格:¥ 950(税込)
発売日:2014-03-22



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ギャングエイジ」文庫版が出ました!

2014-03-12 15:38:38 | 自分の書いたもの
R2287074
さてさて、単行本から3年きっかりたって、文庫になりました。
小学校の新人の先生、日野晃道、通称、てるてる先生を主人公とした1年間の学級経営の話。
かなーり、異色な学校物だと思います。
だって、先生が本気で授業しているし(学校もので先生が授業しているシーンが主題的に扱われることは希)、週案とかちゃんと作ってるし。

いつものように、現場のリアリティから立ち上がる物語を書いています。

そして、いつものように、万人にとって面白い作品では決してなさそうだけど、でも、おいらの魂、作品の中に置いてきました。
って、ガツンとぶつかってくれる人にはとても響くでしょう。

願わくば、間違いでもいいから、多くの人に届き、それぞれの関心に応じて、時にはスマッシュヒットをくらわすような読まれ方をしてほしいと思います。

実は、ぼくが書いてきた中で、頭の中に続編がある数少ないひとつ(たいてい、一作で世界観を書いたら、もういいやって気分になりがちなのに)。

能書きはこの程度で、なにはともあれ、てるてる先生と3年2組のみんなは、ぼくはとっても愛おしいです。
読み終わったら、スカイエマさんの表紙画の、誰が誰か考えてみるというのは、きっと愛しい読み方です。

ギャングエイジ (PHP文芸文庫)ギャングエイジ (PHP文芸文庫)
価格:¥ 900(税込)
発売日:2014-03-10


コメント
この記事をはてなブックマークに追加