川端裕人のブログ

旧・リヴァイアさん日々のわざ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

太陽のビラミッドと積雲のむれ

2012-06-25 11:09:28 | 日々のわざ
Img_6662
あまりに放置しぱなしのブログなので、写真をアップしてメンテモード。
今メキシコにいます(数時間後には出国してUSだけど)。
Img_6648
こっちはピラミッドのてっぺん。
いわゆるパワースポットっていうんだそうで。
なんだかなあと思いつつ……。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「12月の夏休み」をあらためて紹介します。

2012-06-10 19:23:29 | 自分の書いたもの
12月の夏休み12月の夏休み
価格:¥ 1,260(税込)
発売日:2012-06-08
これは個人的な思い入れがとても強い物語です。
1994年にはじめて、フィヨルドランドペンギンの取材をするためにニュージーランドに行ったのですが、それを皮切りに、たぶんこれまで10回くらいは渡航していると思います。

2006年には、子どもたちを二人ともつれて、南島を縦断して亜南極の島々にまで旅をしました。
2009-2010には、同じく子どもたちを二人つれて、半年間、クライストチャーチに住んでみました。子どもたちを小学校に放り込んで、ぼくは保護者のビザで入ったので、完全に子どもをダシに住ませてもらったかたちですね。

いつかニュージーランドを舞台に、小説を書きたいと思っていて、やっと形になったのが本書「12月の夏休み」です。装画は杉田比呂美さんですが、それだけではなく中にもたくさんのカットや、絵日記を描いてくださいました。感謝感謝。

章立ては、こんなかんじ。
*****
1.北の森で
2.丘から見おろす大きな町
3.辺銀博物館
4.南の森で
5.南端岬からさらに南へ

*****

10歳と7歳の兄妹が、アホウドリを追いかける自由奔放・身勝手な写真家の父親に頼まれた届け物をするために、南島を縦断し、はては亜南極の島にまで行ってしまう、ある意味、少年少女サバイバルもの(?)です。
そのあたり、小さな「15少年(実際には小さなきょうだいの)漂流記」にもなっています。
実体験というか、実踏(これ、先生用語。遠足とかの下見なんかを意味する)した場所を使って、話をつなげた感覚。

一応高学年からという括りになっていますが、読書好きなら中学年から平気でしょう。主人公は10歳・7歳ですし感情移入しやすいと思います。
また、ニュージーランドに興味がある方、子どもの「小さな冒険もの」が好きな方、子どもの頃に「15少年漂流記」にはまった方、などでしたら誰なりと。

本当に、この作品、世に出てうれしいなあ。
なお、地味ーに売られているはずなので、児童書の充実している大きめの書店でないとなかなか置いていないかもしれません。
その点、あしからず。


おまけ情報
なお、ニュージーランドは、「15少年」の島だというのは、二重の意味で「本当」です。
ジュール・ベルヌの原作で、主人公たちがニュージーランド・オークランドにあるクイーン通りに面したチェアマン校(通りは実際にあるけれど、学校はない。行ってみた)の生徒であるというのがひとつめ。

それに加えて、実は作中の南米近くの島という設定とは裏腹に、地理的な面でニュージランドの東に浮かぶチャタム島(ニュージーランド・亜南極世界遺産のひとつ)をモデルにしていることが、最近、日本の研究者によって明らかにされているんですね。

後者については、椎名誠さんが本を書いています。
『十五少年漂流記』への旅 (新潮選書)『十五少年漂流記』への旅 (新潮選書)
価格:¥ 1,050(税込)
発売日:2008-05


ちなはに、ニュージーランド人で「15少年漂流記」「二年間の休暇」を知っていた人に、今のところ会ったことがないのも特筆すべき点ですね。
チャタム島のことを言うと、すごく興味を示してくれる人がいるんですが。
チャタム島は、ニュージーランドでも、ちょっと特別な意味がある島なので。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

メンテナンス

2012-06-06 01:25:55 | 日々のわざ
銀河のワールドカップは、単行本もまだ版が途切れていないくて、同じ会社から文庫本も出ていて、それを最近装画を替えたので、これだけでも3種類あるように見えてしまう。
また、「風のダンデライオン」も、副題に「銀河のワールドカップ・ガールズ」とあるから、これで4つに見えることも。

これだけ混乱要素がありつつ、アマゾンで文庫本の書影が古いままだったので、書店でみる新装版と違うの?とさらなる混乱のもとに。

やっとアマゾンの書影が新装版になったので、ブログ左側の著作リストをアップデートしました。
ついでに今週中に書店に並ぶはずの「12月の夏休み」も。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「銀河へキックオフ」マンガ版3回目。いよいよ、コーチ就任

2012-06-05 02:04:18 | ひとが書いたもの
最強ジャンプ 2012年 07月号 [雑誌]最強ジャンプ 2012年 07月号 [雑誌]
価格:¥ 480(税込)
発売日:2012-06-04

最強ジャンプの7月号が書店にそろそろ並んだようです。
「銀河へキックオフ」は3回目。
三つ子に負けたエリカの負けん気の強さが健気だったり、アニメと微妙に違ったストーリーラインで、楽しいですよ!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加