川端裕人のブログ

旧・リヴァイアさん日々のわざ

小田隆さんによる「竜とわれらの時代」文庫版の表紙画です

2005-09-30 13:11:34 | 自分の書いたもの
bunko-hyousi2テトリティタンの群れが手取の森の前を歩いてます。そして、手前を飛んでいるのは孔子鳥。
とっても気に入ってます。
小田さんには毎回大感謝です。
ちなみに「竜とわれらの時代」、書店に並ぶのは10月6日のようです。

追記
たぶんテトリティタンは帯で隠れてしまうのだけれど(装丁家の方がどんな処理をしてくださったか実は知らない)、隠れてしまったらしまったでいいんじゃないか、と小田さんと話してます。
「竜とわれらの時代」というタイトルの隣に、鳥が飛んでいる表紙画。
イミシンでしょ。
それそも、鳥は、「われらの時代」の恐竜なのだからして。


コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

執筆日和?

2005-09-30 07:53:27 | 日々のわざ
きょうはとりたてて大きな用事はなくて、夕方編集者のGさんが近くの喫茶店にきて打ち合わせをするのみ。
子供も元気。習い事もなく、六時の学童お迎えまで、フルに時間が使えるのって、どれくらいぶりだろうか。
というわけで、きょうはちゃっちゃっとやりますよ。
書いて書いて、腱鞘炎になるくらい書きます。本当になったら困るけど。

それはそれとして、Crovoさんこと、小田隆さんのサイトは素敵です。アート好き、古生物好きにはたまらない内容だと思いますよ。特にブログはいいです。今芸大の修士の学生さんへの集中ゼミ中ということで、その内容もへえっと思わされます。

リンク: [STUDIO D'ARTE CORVO].

なお、小田さんは、10月6日に出るはずの「竜とわれらの時代」の表紙を今回も描いてくださってます。親本の「テトリティタン」の頭骨も、小田さんのものです。
本当にこうご期待、ですよ。
とかいいつつ、最終的な装丁の仕上がりは、まだぼくも見ていないのだけれど。

そうだ、小田さん、表紙の画像、公開してもいいでしょうか。

追記
特にブログがいいなんて書くと、ほかのがダメみたいに響くけど、単にぼくがブログをちょくちょく見て楽しんでいるというだけの話。やはりライブなかんじなんで。はじめてみる人は、ほかのコンテンツもすごく楽しいはずですよ。ギャラリーもあるし。
と補足。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

宣言してみる

2005-09-29 11:54:20 | 自分の書いたもの
「掌のなかの宇宙」のシリーズ、最新作を書き始めます。
ゆるーりと書き始めます。
このままじゃ、なかなかやらない気がして、宣言してみます。

なんて書いたら、本日会う予定だった編集者より、父親が脳梗塞で倒れて……と連絡が来る。
まったく、昨今、こういう話ばかりだ。
さいわい「軽い」ものだという説明だが、そりゃ、実家にいってもらわねば。

というわけで、時間ができる。
てさぐりしながら続きを書く。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

全長八メートルのダイオウイカを深海で撮影!

2005-09-29 07:38:28 | 川のこと、水のこと、生き物のこと
リンク: The Royal Society Publications.

日本の国立科学博物館の研究者が発表した論文。
去年、小笠原でナイロン意をつけたカメラを餌といっしょに沈めたところ、巨大なダイオウイカが撮影されたそうな。
衝撃画像(?)、です。
さらにクリックして、pdfを落とすと、論文中の写真も見ることが出来ます。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

今週は……

2005-09-29 06:13:50 | 日々のわざ
意図せずしてバタバタしてる。

一昨日、父のことで千葉にいって、いろんなことを進めつつ、父と母と話をし、行きと帰りに瀬名さんの新刊をかなり読めたのがよかったけれど、くたーっと疲れてしまったので、翌朝起きたのは六時前くらいで、朝の仕事が仕事にならず、九時半くらいには保育園にいって娘の誕生会に出席し、それから帰って打ち合わせまで一時間くらい余裕があったのだけれど、諸々の電話連絡やらメールの返事で終わってしまい、打ち合わせが二件あって、すると仕事量も増えたりして、さあ帰ったらジャイアントセコイア国立公園の紀行文をちょろちょろ書こうと思ったら、娘が発熱したこということで保育園に迎えに行き、医者につれていき、薬をもらい、家に帰ってきて、しばらくビデオを見せておいて、さあ仕事と思ったものの紀行文は進まず、村上春樹「東京奇譚集」の書評のゲラが上がってきて直したらなんか一つ仕事をした気分になったものの、もうすでに息子を迎えに行く時間で、行って帰ってくると、今度は食事に向けてあれやこれやで、それが意味するのは、ここから先、九時過ぎに眠るまでの間、怒濤のような時間であるということであって、日本沈没の映画を撮ってる樋口監督から、電話で緊急の相談を受けたりして、娘の相手をしつつ「日本国債が投げ売りされると……」なんて話していると、娘とのやりとりがおもしろいらしく、映画の現場がどどっと湧いており、なんか雰囲気を和らげるのにたいそう役だった気分になった。

そして、やっと今仕事モード復帰なわけだが、その前に勤勉にブログ更新してしまう。なんでや。
はたしてきょうは娘は保育園に行けるのだろうか。
ドキトギ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「禁煙ファシズムと戦う」を買ってくる。

2005-09-28 17:31:18 | 喫煙問題、疫学など……ざっくり医療分野
小谷野敦、斉藤貴男、栗原裕一郎の三氏による共著。
これは、タバコが嫌いな人も、好きな人も、禁煙中の人も、嫌煙中の人も、「ケムリ」にとらわれている人たちすべてが読むべき本だと思います。
明晰で活きがよい論客が、今あえてこの問題にかかわってくれているわけですからね。

ぼく自身にとっても、斉藤氏が「新潮45」に発表した「禁煙ファシズム」についての論考が印象深く、そういう意味でも必読。

さらにいうと、「禁煙」の運用が、時としてファシズム的に機能し得ることもぼくは基本的には同意します。この意味でも必読。

とはいえ、ぼくの意見はおそらく、三氏とは反対のものになると思うのですが(まだ読んでいないから分からない)。とにかく、ぼくは今、日本に「禁煙ファシズム」が蔓延しているとは思わないし、放っておいたら日本が危ない、とも思っていません。逆に喫煙対策をしっかりしなきゃヤバいと思っています。

今、読まねばならない本、書かねばならない原稿が山積中につき、読了後のコメントはおそらく一ヵ月以内くらいになってしまうかも。

でも、このブログで喫煙関連のエントリを見てくださっている方に「課題図書!」宣言しちゃいます。

と同時に、こちらもどうぞ。小振りですが、おまけに数年前の原稿ですが、ぼくの喫煙に対する基本的な立場。
リンク: リヴァイアさん、日々のわざ: たばこ問題を考え直す(上).
リンク: リヴァイアさん、日々のわざ: たばこ問題を考え直す(中).
リンク: リヴァイアさん、日々のわざ: たばこ問題を考え直す(下).


コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

「みんな一緒にバギーに乗って」が刷り上がる

2005-09-28 08:35:16 | 自分の書いたもの
IMG_4694光文社から10月なかばにでる予定の本が刷り上がり十冊手元にとどいた。

普通は一週間前くらいの刷り上がりなのだけれど、編集者の方針で早めに刷ってくれた。書評と実売期のズレをなくすためなのだけれど、これはたしかにすごく良い考えだと思う。

「今ここにいるぼくらは」の一番影響力のある書評は間違いなく朝日新聞のものだったけれど、あれが出た瞬間、もう多くの書店では「今ここ」はなくなってしまっている。
というようなことが、よく起こるのだ。今回も起こっているし。

というわけで、まだまだ書店には並ばない本が、手元にたくさん。
人にあげるのも、発売日が近くになってからにしようかなあ、と思ったり。

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

宇多田ヒカルと倉木麻衣をぐるぐる聴いて……

2005-09-27 07:57:26 | ソングライン、ぼくらの音楽のこと
倉木麻衣のlove, day after tomorrowを聞いた時、「あ、宇多田ヒカルだ」と多くの人が思ったわけだけれど、今、宇多田と倉木を「似てる」と思う人はあまりいない(はず)。

宇多田的なものが当時、日本の歌謡曲・ニューミュージックが進出していなかったニッチでいきなりブレイクして、宇多田=ジャンルであったため、倉木も宇多田に聞こえた。その後、ジャンルが深まり、広がるにしたがって、そんなこともなくなったのだと思う。

椎名林檎と矢井田瞳の関係は……ちょっとちがうかもしれないが、こっちも「似てる」と思う人はあまりいないだろう。

それはそれとして、宇多田ヒカルのExodusと倉木麻衣のFuse of Loveを一緒に聞いている。ぐるぐる、順番に。

や、本当に別物だ。似ているとこ……ない。
Exodusは、日本語の宇多田ヒカルよりかなりロックより。R&B要素が薄く、ぼくのデータベースの中ではマドンナ的。でも、もっとロックの教養が濃い人は別の名前を持ち出すだろう。とにかく、ポピュラーロックの範疇で、自分なりのエッジを探している。ポップだけど重い質感がある。

最初聞いた時に、ずいぶん子音が弱い英語に聞こえた。また日本語ではずいぶん深い発声をするのに、どちらかというと高音域のピッチが不安定なあたりで勝負しているところが多いような。その不安定さが、曲の緊張感につながる部分もあって一概に否定できないのだが、同じ曲をもっとうまく歌うやつなら、英語圏にはたくさんいるだろう。にもかかわらず宇多田ヒカルがUtadaとして、これらを歌うのって、やはり、日本のバックグラウンドをどう昇華させるかって部分に価値があるから、とぼくには思える。あれ、なんか変な日本語か?

一方、倉木麻衣。
大野愛果がつくった曲と倉木のマッチングは本当によくて、安心して聞いていられる。同じことを繰り返して、二年に一枚アルバムを出して、そのたびの「今」の雰囲気を盛り込んでくれれば、ぼくは二年ごとに、必ず聞くだろう。

ぎりぎり俗に落ちないポップさと、声にかならず乗る哀感と、歌謡曲的な湿り気とR&B的なスパイス。
たまりません。

宇多田ヒカルはアグレッシヴ。攻めの気持ちの時に聴く人になっている。あまり癒し系ではないのね。さあ、やるぞ、というかんじ。
音楽的にどうころがっていくのか、言葉がとう深まっていくのか、楽しみでもあり、聴いていてワクワクする。
にもかかわらず、Exodusが終わって、iPodのヘッドフォンからFuse of loveの最初の曲が始まると、ほっとしている自分もいる。
そんな音楽生活なきょうこのごろ。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

心に残るランドスケープ

2005-09-26 08:47:58 | 川のこと、水のこと、生き物のこと
IMG_4687理由など分からないのだけれど、ぐっときてしまう景観というのがある。時々ある。これは一年いくらい前に偶然目にして、最近再訪したところ。なんてことのない川なのだけれど、心にひっかかる。たぶんまた見にいくんだろうな。
どこかって? たぶん、ぼく以外にはあまり意味がないので、秘密(笑)。
わかった人は、こっそり教えて下さい。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

けさの朝日新聞に書評が出ました

2005-09-25 10:55:22 | 自分の書いたもの
 出版から二ヶ月が過ぎて、だいたい書評も出そろってきた今日この頃です。
 これから先、爆発的に取り上げられる可能性は、たぶん少ないかもしれず、です。
 というわけで、総括すると、記名で大きな扱いで出た書評は、週刊現代の村上貴史さん、問題小説の杉江松恋さん、そして、今回の朝日新聞の池上冬樹さん、三氏によるもの、ですね。実は、小説家の谷村志保さんが北海道新聞に、同じく小説家の森下一仁さんが「遊歩人」に書いて下さったようなのですが、今だ実物を見られずにいます。
 村上貴史さんは、とても作品との「シンクロ率」が高かったようで、「とてつもなく」ストレートな、文芸評論家らしからぬ(?)言葉で推奨して下さいました。これはぼくにとってもとても名誉なこと。心強く感じました。
 
 杉江松恋さんは、マキャモンの「少年時代」とセットで紹介してくださって、これがもうぼくにとってはクリーンヒット。隣に並ぶとこっちが霞みそうなものだけれど、とはいえ、ぼくたちの子供時代はむしろ「今ここ」の中にあるとも思います。
 
 そして、けさの朝日新聞の池上冬樹さんは、「編年体ではない」ことに意味を見いだし下さった点で、とても新鮮でした。また、小川国夫氏の『生のさ中に』を挙げてくださった時点で、すごく驚いた。これ、読んだことあるのだ。でも、内容をすっかり忘れている。心がざわついた感覚がけが残っており、これは再読の価値があるなあ、と。
 
 文芸評論家という職業の人たちに、作品を取り上げてもらったり、推奨してくもらったりすること自体に、ぼくは感謝はしません(すごくうれしいけど)。それは、彼ら・彼女らの仕事であり、ぼくがダメなもの書いたら、やはりダメだと言わなきゃならない人たちです。そのあたり、いい緊張関係がなければいかんでしょう。
 その一方で、自分が気づかなかったような「読み」を発見してもらったり、自分が思いもしなかった連関を指摘してもらうのは、常に感謝です。
 
 さ、がんばります。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

旅の十年と巨木のこと

2005-09-24 07:18:48 | 川のこと、水のこと、生き物のこと
この前のジャイアント・セコイア行きのことを、紀行文として野性時代に書く。
巨木を見にいく話、としての紀行文。

もう十年以上前に、巨木を見る旅をいくつかしたことを思い出して、その時の記録をひっぱりだしてくる。すでにパソコンはMacになっていて、YooEditという快速エディタを使って書いていた。テキストデータだから、今もJeditを使って読める。
ちなみに、ぼくの執筆環境はいまだにJedit4。JeditXは、ある理由から、なじめない。

しかし、旅ばかりしてたな。それも密度が濃い。
骨休めに行くのではなく、なんでもかんでも見たかった。だから、あちこち移動して、夜はひたすら記録した。ねむたかったな。でも、目は開いていた。

巨木についていうなら、西オーストラリアのカリーとか、ニュージーランドのカウリとかが、当時、訪れた「巨木」。データ的な部分はもう忘れてしまったけれど、やはり、森の質感とか、しっとりひんやりしたかんじとか、そういう体験のディテールは意外に残っているものだ。
つい当時のノートを読んでしまう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蜘蛛が嫌いな人は拡大しないでね

2005-09-23 21:44:38 | 川のこと、水のこと、生き物のこと
spider1函南町の友人宅。子供たちは蜘蛛払い。庭や玄関への階段付近に巣を作っている蜘蛛を、巣ごと取り払う。何日かたてば元通りだろうから、大人はそんなことやらない。でも、子供たちは好き。ぼくの息子と娘だけじゃなく、ほかの訪問客の子供も同様にはまるらしい。
蜘蛛には、迷惑、だよな。
ごめん。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クジラの醤油干し@沼津港

2005-09-23 11:15:42 | 川のこと、水のこと、生き物のこと
IMG_4693先週の函南帰りに友人と一緒に沼津港に行ってきた。寿司屋で食事をしたのだけれど、市場を回っていると、ごくあたりまえにイルカ肉が売られていた。こいつはなんの肉なのかな。富戸あたりの追い込み漁でとった、マダライルカやハンドウイルカなのか。あるいは、岩手県やらでとったイシイルカを取り寄せているのか。
醤油干しとはいうけれど、まだまだ「生」なかんじ。房総では定番の「たれ」の一歩前という状態でした。

いや、ただそれだけなんだけど。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 役員選出委員会、今年のクラス代表が決まる

2005-09-22 16:54:50 | 保育園、小学校、育児やら教育やら
もうそういう季節なのだなあ。
去年、自分が役選の委員だったので、感慨深し。

今年の委員さんは、すごく深い声の女性で、堂々としており、いいかんじ。
出席者の中からひたすら立候補者が現れるのを待つ。まあ、それが簡単にはいかないのだけれど。

結局、去年と同じで、「誰かと一緒なら互選会に出てもいい」という人が現れて、それで一件落着。
やはり、ひとりで出るのは負担が重く、「誰かが一緒」というのが大事みたいだ。
それが我々の社会のメンタリティなのだろうなあと思ったり。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昔のあんなことやこんなことやが消えている

2005-09-22 07:22:16 | 日々のわざ
きのう、日本テレビの元同僚(?)にあたるディレクターと話していて知った衝撃の事実。

過去のニュースは、取材した映像素材はもちろんオンエア分までどんどん消去されている。
ぼくが雲仙でしでかした恥ずかしくも危なっかしい取材やリポートは今やこの世に存在しない(たぶん)。

また、宇宙報道やら台風報道やらでしでかした、またもこっ恥ずかしいリポートももう完全消去済み。
素材を消すのは分かるのだが、オンエア分までとは思わなかった。すごい。

そして、ぼくはちょっと自由になった気分だ。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加