川端裕人のブログ

旧・リヴァイアさん日々のわざ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

北朝鮮戦は第三国で無観客

2005-04-30 03:28:04 | サッカーとか、スポーツ一般
リンク: nikkansports.com > 北朝鮮戦は第三国で無観客.
ということなのだけれど、ちょっと微妙だなあ。

決定として、妥当だとは思う。
ほかの国での裁定と比較しても、少し重いかもしれないなあ、と思う程度。少なくとも、無観客か第三国にはならなきゃおかしいもの。「暴徒」化が起きた以上。

それはそれとしても、二重の意味でなんか嫌だなあ。

敵だらけでも、観客がいた方がよくないですか。緊張感の維持のためにも。まあ、試合が始まっちゃえば同じ?
プレイヤーじゃないからわかんないけれど、キャプテンも似たようなことを言っていた。

あとね、やっぱり、うっとおしい。
また北朝鮮のメディアが不当だと言うのだろうし、ひょっとすると「日本の陰謀」説まで出てくるだろうし、つくづく微妙です。

あ、ぼくは平壌に行きたかったのだけれど、これで正式に計画は流れました。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

科学教室に思う

2005-04-30 01:19:43 | 保育園、小学校、育児やら教育やら
IMG_2528科学技術館やら科学未来館なんぞにつれていくと大喜びの息子は、前々から「理科実験教室」なるものに興味を持っていて、2年生になったことだし、どこかに行かせてみるかと思ったわけです。

でも、最近、人気なんですね。
よく耳にしていた「サイエンス・クラブ」は、とても本格的できめ細かそうなのだけれど、すでに満員。キャンセルを待つことは出来るけれど、どのみち遠いので今年は見送り、ということにしました。

かわりに、学研の科学実験教室なるものに通わせ始めました。
月一回土曜日の午前中なんで、それほどつれていくのにも負担感はないし。

ただ、気がかりなの、ここ幼児から小学校6年生まで、みんな一緒の教室なんですよね。サイエンス・クラブが学年ごとなのに比べて、ターゲットが曖昧でどうなることやら。あと一人の先生で20人くらいを相手にします。

結果は見えてました。
うるさいのなんのって。最後尾で聞いていたら先生の声が聞こえないこともあったりして、途中で「きみたちー、一生懸命聞いてる子もいるぞー」とかぼくが言って、静かにさせなきゃならなかったくらい。

それでも、息子はとても楽しかったみたいでまた行きたがってました。というわけで、1年はここに通わせるのだろうなあ。

写真は、第一回目の時の教材。「飛ぶものの秘密」というテーマで、滑空させるやらプロペラで飛ばしたりやら、いろんなやり方で飛び方の実験(といいますか、遊び、ね)をする、という趣向でした。
うるさいせいで、なかなか進まず教材を全部使い切れないのが切ないところ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

買いましたから、PowerMac G5、ただし旧型

2005-04-29 14:15:36 | Macだし、親指シフトだし
22万5000円なり。
新型のほぼ同スペックより1万円、安い設定。
これはどこにいっても一緒で、「アップルからの指導なので、変えられない」ということでした。
しかし、ちょっとこれは高すぎるんじゃないか。とか、ぶーぶー言いつつも、買ってしまうのでした。

最新機種との大きな違いはふたつあって、ひとつはグラフィックカード。
新しい方が当然いいやつが搭載なのだけれど、DVIポートのみになってしまったので、当面ADCのモニタを使うつもりのぼくにとってはイマイチ。
もうひとつ、Surper Driveが16倍速になったのは、おいしいなあと思いつつ、あきらめました。

日曜日の午前中に来ます。
それからのんびりGW期間中、ゆっくり時間をかけて移行作業に取り組む予定。

最大の懸案は、 imate を買って、それ経由で親指シフトを実現させることだなあ。
Tigerへの移行のこともあるし、かなりの作業量なので、急がぬよう。しかし、着実にやりましょう。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「パンダの死体はよみがえる」(筑摩書房)、やっと遠藤さんの本が読めた

2005-04-29 04:56:15 | ひとが書いたもの
 国立科学博物館(元)の遠藤秀紀の文章は、自意識過剰だ。強烈な自負に支えられて、これでもかこれでもかというくらいに畳みかけてくる。

 解剖学者である彼は、遺体(動物の死体を彼はそう呼ぶ)を無条件に収集することが自らの責務だと言ってはばからない。選別を始めた瞬間に、「遺体科学」の堕落が始まる。自分が興味を持っているもの、論文になりそうな材料のみを選び、いまだ人智の及ばない動物の身体を解明する機会を失ってしまうことになるから。

 無目的、無条件に、動物園や野生の「遺体」を収集する中で、はじめて、豊かな遺体科学の発展が約束される、というのが、本書の主張の主要な部分だ。
 実際、遠藤秀紀がこの無目的、無条件な収集の成果として、過去数十年にわたって信じられてきた「パンダの親指」が実は「パンダの第二の親指」あってこそだったという発見(意味分からないですよね。でも、興味があったら読んでください)は、Natureに掲載されるほどのビッグニュースになった。そのくだりの記述は、筆が踊っているがごとし。大変楽しく、素敵だ。

 ちなみに、本書の中で遠藤は、パンダの研究がNature誌に掲載されたことは一言もふれていない。どうやから、彼の「自意識」「自負」にとって、そういうことはどうでもいいらしい。

 いつだったか、たぶん鯨類関係のシンポジウムで知り合って、彼の研究室を何度か訪ねたことがある。話をしてて、すごく面白い。勢いがある。ぼくは彼に本の一冊や二冊、書いて欲しいと思い、奇しくも本書と同じ筑摩書房の編集者を紹介しようとした。たまたまその編集者のドタキャンで、「本を出す」企画はその時は実現しなかったのだけれど、やっと読めたなー、という感覚が強く、感慨深い。

 そうそう、最後に研究室にお邪魔した時、彼は博物館分館に備え付けの小さなクレーンでキリンの解剖中で、とんでもなくスプラッターな状況で汗まみれになりつつ、仕事をしていた。
 そして、その後で、ぼくと焼き肉定食をモリモリ食べた。なんか懐かしい。

 追記
 ぼくがハニーポッサムの取材に行ったのは、遠藤さんのサジェスチョンがあったから。突然思い出した。

 さらに追記
 遠藤さんと話していて一番感動したこと。21世紀の今、解剖学と真剣に向き合うと、しばしば、「この問題を考えたのは自分の前にはキュビエだけ」というような事態に陥るのだそうだ。
 キュビエは知っている人は知っている18-19世紀に生きた比較解剖学者。博物学を支えた泰斗です。たとえば恐竜の「発見者」、ウィリアム・マンテルが鑑定を依頼したのがキュビエだったというのが、わかりやすいエピソードかな。
比較解剖学という学問自体は、生命をミクロに見ていく20世紀のトレンドの中で完全に廃れてしまい、だからこそ、遠藤さんはこういう本を書かなければならなかったということ。読んでもらえば、きっと「熱」は伝わる。我々の「学問」が見失ってきたものについて。
そして、 引用文献にキュビエの論文がでーんと出ている(かつ、その必然性がある)21世紀の論文って、最高にクールだと思うわけです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スギからヒノキ

2005-04-29 04:28:19 | 日々のわざ
いつのまにか、飛んでる花粉がヒノキ・メインになってる。

ぼくはスギの方が感受性が高いことになっているのだけれど、不思議とヒノキに反応しやすい気がする。
スギの場合は、はながグズグスという分かりやすい症状。
一方ヒノキでは、グズグスする以前に、さらりとした液状の鼻水がたれる。
時々、困る。

しかし、こき違いはなんなんだ。

ちなみに、ぼくの場合最悪の時期は5月なかば。
ヒノキも通常収束するので、イネ科植物なのかと思うのだけれど、いまだ確証はなし、なのでした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うー、凹んだー

2005-04-28 16:01:11 | 保育園、小学校、育児やら教育やら
紫外線対策のこと、クラスの学年委員さんに相談してみる。
「いいんじゃないんですかー」って言ってくれていたんだけど、いざPTAの連絡会かなんかに出ると、トーンダウン。
やっぱりPTAとしては動けないって。

そこで先生に相談しても、ぼくが個人的にやるのはともかく、PTAの正式なルートで議論するのはどうか、ですと。
まだ、一人の問題意識だから、それは当然なのだけれど、じゃあ、クラスで何人集まればオフィシャルな話に出来るかと問いかければ、「さあ?」ですっと。

きっと、こういうのは想定外、なんだろうなあ。

保健の先生にも資料を渡したけれど、言外に興味なしって雰囲気を発散してるし、たまたま鉢合わせした校長先生にいたっては資料を受け取るのを一瞬拒否しようとしたり。別に回答を求めるものでもなく、ほかの保護者に問題意識を共有して頂くためにつくった資料を、たまたまお会いしたので是非お渡ししたいと思っただけです、と言ってやって受け取ってもらえる始末。でも、中身に目を通す前に「予算がないから、すぐにはなにもできいな」なんて話になってしまうのはどうなんだろ。

というわけで、凹んでます。
もしも、ほかの人がこれについて「どうでもいい」と感じるなら、ぼくは個人的な防護に徹するしかないわけで、それはそれでひとつのやり方。
基本的に、みんな知っていた方がいいよね、みんなでやった方が効率的よね、と「公共の益」であると信じるから動いているわけであって、それを「公共」だと認めてもらえない時は……引き際が大事かもね。

なんて後ろ向き。

ほかの保護者で「意を得たり」と反応してくれる人がいれば、ちと変わってくると思うのだけど。

さ、仕事しよ。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

紫外線対策についてのプレゼン資料を作りました。ご自由にダウンロードしてください

2005-04-28 01:37:41 | 保育園、小学校、育児やら教育やら
ただいま改訂中。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポチ日記、roombaは快調です。

2005-04-27 17:52:18 | 日々のわざ
IMG_2666ルンバ・ディスカバリーのポチ、さっそくがんばってくれてます。
写真は到着した夜の初仕事の成果。リヴィングはその日の朝に一度しっかり掃除機をかけたつもりだったのに、これだけ集塵してくれました。ふだんは目がいかないところにも入り込んだからなんだろうなあ。
以来、毎日、働いてもらっているけれど、「うわーっこんなに??」という日が続いてます。
うん、役に立つじゃないか、ポチ。

あとは、どれだけもつか、という問題だなあ。
最低、1年くらいはノートラブルでいってもらいたいもんだ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Amazon.comがフライング、PowerMac G5新型情報

2005-04-27 05:28:11 | Macだし、親指シフトだし
今この瞬間は消去されてしまったけれど、フライングでサイトに一時登場していた模様。
たぶんTigarにあわせた登場か。

プロセッサはすべてdualで、2.7/2.3/2.0だそうです。
Dual 2.7 GHz PowerPC G5 processors
OS X10.4, code named Tiger
512 MB of DDR SDRAM
250 GB hard drive
16x Dual Layer SuperDrive (CD/DVD+RW)

Dual 2.3 Ghz
Mac OS X10.4, code named Tiger
Dual 2.3 GHz PowerPC G5 processors
512 MB of DDR SDRAM
250 GB hard drive
16x Dual Layer SuperDrive (CD/DVD+RW)

Dual 2.0 Ghz
Mac OS X10.4, code named Tiger
Dual 2.0 GHz PowerPC G5 processors
512 MB of DDR SDRAM
160 GB hard drive
16x Dual Layer SuperDrive (CD/DVD+RW)

さてさて、買いますよ。予定通り。
6年間つれそったB&W G3は、HDか異音状態。
早めにあたらしいのを買って、ゆるりと移行しようか、と。

じゃあ、どれを買うかって?
そりゃあ、決まってます。

どれも買いませんって。

型落ちで20万円くらいになった、旧Dual2.0あたりがねらい目かな。
文筆だし、それで充分すぎるくらい。

そして、また5、6年、使うのです。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

サッカー・ミュージアムに行ってきた

2005-04-27 00:18:57 | サッカーとか、スポーツ一般
JFA2JR御茶ノ水駅から徒歩7、8分というところか。順天堂大学の建物の間を抜ける細い道が、いきなりサッカー・アヴェニューになってる。

行き交う子供たちはみんなユニフォーム姿。リフティングしたまま歩いても危なくないように、歩道にはネットがある。八百屋や雑貨店で、貸しボールをしてくれるので、通りすがりの人も、ストリート・ミニ・サッカーできちゃう環境。
交番にもサッカー経験者が優先して配属されていて、とはいっても、付近で最高のテクニシャンは、メキシコ五輪で代表候補だったという酒屋のオヤジと、小学校時代は男の子に混じってプレイし小野伸二とも対戦経験のあるケーキ屋さんのお姉ちゃん。

というのは嘘です。
でも、サッカー通りというのは本当。

JFA1ぐんぐん歩いていくとありました。日本サッカー協会。そして、その中に、サッカーミュージアム、なるものが。たしかこの建物、ワールドカップの収益で建てられたのでしたよね? 違った?

行き先は資料を保管しているリファレンス・ルームで、お目当ては少年サッカー関連のもの。まあ、これはそのうちに……。
もちろん、ミュージアムもみてきましたよ。
日本のサッカーの歴史を辿りつつ、ハイライトはやはり2002。
日本の四試合のハイライトなんぞを繰り返しているモニタの前で、思わず胸が熱くなっちゃったりして。
3年も前のことだものね、かなり忘れてる。

出口付近には、MVPのオリー・カーンが両手を高くあげた、「怒ったヒグマのポーズ」で立っておりました。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子供の紫外線対策

2005-04-26 06:32:05 | 保育園、小学校、育児やら教育やら
もともと日焼けが嫌いなワタクシは、紫外線対策に興味を持っていまして、とりわけ子供については、敏感だったりします。

それで、最近、区に電話して取り組みの現況を確認したり(問題として認識していない)、いろいろウェブで調べてちょっとしたメモを学校まわりの人たちに配ろうとしたり、いろいろやってるわけです。

でも、どうなんでしょうね。
みなさん、紫外線対策ってやってます?
特に小さいお子さんをお持ちの方、学校やら園やらでの対策ってなにかありますか。
などと、情報提供求む、なのでありました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

当番の謎が解ける

2005-04-26 00:33:36 | 日々のわざ
町内会の当番なんだそうです。
5世帯からなる1ブロックで持ち回りにやっているそうで。

具体的に何をするかというと、回覧板の起点になること……。
そして、町会費を徴収すること、だそうで。

さっそく回覧板に回覧順などを書いた紙を貼りつつ、自分が町内会の当番なんていうものをしている事実に感動を覚えました。

オトナニナルッテオモシロイネ。

でも、面倒だわ。
すこし。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ひさびさのカスタムはジュリ+クリアレッド

2005-04-25 18:31:12 | きうらきら光ったりするもの
rubyPRK後の初カスタム。
もてあましぎみのjulietのfinitoモデルにナカジマさんとこのクリアレッドを入れました。

正直、こいつにはほれましたね。
まず、きれい。
クリアレンズにうっすら赤いミラーがかかっているんだけなんだけど、それが不思議な効果をかもしだすわけです。

もちろん、赤い。
でも、光線の状態によって、補色の青緑ぽい色が出る。
かけた時には、なぜか、少しブラウンっぽくみえる。
まあ、実質、クリアレンズなんですが。

もはやナカジマ標準となりつつある裏面の反射防止コートもバッチリきいていて、とてもかけやすいです。

こいつは当面、保育園のお迎え用。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そりゃ、あかんだろ。

2005-04-24 04:40:07 | サッカーとか、スポーツ一般
リンク: nikkansports.com > 柏-名古屋の試合後に乱闘、6人負傷.ちょっといいかげんにしてほしい。きみたちは、アホかといいたい。あんたらがサッカーをつまんなくしてんだ。

サッカーを愛せよ。
そして、依存するな。

そんなに自信がないか。
そんなに不安か。
だとしても、はけ口は相手サポーターじゃない。
断じて。

腹が立つ。

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

Roomba Disvovery が来た! 名前をつけてやる

2005-04-24 01:34:59 | 日々のわざ
room1来た来た、来ましたよ。ルンバ・ディスカバリー。EMSで空を飛んでやって来ました。郵便屋さんが「外国からですよー」と元気よく言います。そして、まるでピザの配達みたいに、玄関越しにデリバリー。やっほ。

room2さっそくパッケージを開けるわけですよ、ぼくは。すると、 まさにUFOを思わせるフォルム。いいかんじ。ちなみに、右上にふたつある黒いものは、いわゆるバーチャルウォール。ルンバの動きを赤外線で制限するんですね。ここから先は行くな、とかね。でも、ま、そういう「応用編」はあと。とにかく、今は、本体が先よ。

room3本体は意外にでかくて重い、です。手に持ってずっしりというほどでもないけど、子供には持ち歩かせたくないなというかんじ。集塵スペースはこうなってます。意外に大きなスペースです。

room4今すぐ使いたいところだけれど、充電しなきゃ無理。ということで、ドッキングステーション(?)につなぎました。3時間でフルチャージ、だそうな。壁掛けできるアダプタもあるのだけれど、とりあえずはここが定位置かな。

というわけで、期待感が高まっております。
名前をつけました。

ポチ。

や、子供たちがそう言い出したんで、ゆるしてやってください。

というわけで、お掃除ルーキー、ポチの活躍(予定)を、次はリポートいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加