川端裕人のブログ

旧・リヴァイアさん日々のわざ

【速報】岩竹美加子さんの『PTAという国家装置』が出た!

2017-04-19 16:35:14 | 日記

伝説の民俗学論文「国家の装置としてのPTA」に加筆して、堂々の刊行です。

『PTAという国家装置』(岩竹美加子 青弓社) http://amzn.to/2or5nZg

岩竹さんは、戦前にさかのぼったPTAの起源(たとえば、連合婦人会)の研究や、PTAがPTAとなった後の教育行政や地域組織との関係、社会関係資本との関係を考察していきます。基本、「PTAいらない!」系の本です。

岩竹さんは、杉並区でPTA会員を体験してから、その後はヘルシンキ。おそらくは内情をある程度知りつつ遠巻きに見られる環境と、アプローチの仕方もあって、非常にマクロなPTA論になっていると思います。

その中では、小田桐誠、川端裕人、大塚玲子、山本浩資らによる、21世紀になってからのPTA論説(?)は、まとめて──

「PTAを維持しようとする真の意図は何なのかを問うことなく、表層の活動を積極的に、あるいは楽にやっていこうという態度で共通している。それは、PTAの延命を助けるが、問題解決にはならない」

と総括されちゃうような厳しさを持っています。

きっと、後の歴史家がみるとそんなふうに見えるかもしれないとも思うけど、さすがに小田切さんと、ぼく(ら)との間には断層をひとつ見つけてほしかった気もしますね。

でもね、声を大にして言いたい!
今、PTAにしがみついている人たち。「アンチ」と見られがちで、「自由な入退会を!」なんていうと「PTAの崩壊につながる」などと批判されつづけてきたぼくは、実を言うと「PTAの延命を助けるが、問題解決にはならない」言論をしてきた人みたいですよ! 

そんなゆるゆるの「助言」すらこなせずに、なにか終末期に向かおうとしているようにも見えるPTA、ほうっておいていいの? ぼくは、「やりたい人がやる」分にはどっちでもいいけど、しがみつきたい人は、このままじゃダメでしょ。どうにかした方がいいと思いますよ。(あ、今、ぼくは延命を助けようとしているのか! たしかに!)

現時点で、ひとつ異論があるのは、岩竹さんが指摘する国家的な「真の意図」は、それほど明確ではなく、その時その時の誰かに都合よく使われてしまう一貫性のない力がPTAだというふうにぼくは認識していること。誰かがプロットした「真の意図」がなににせよ、別の暴走の仕方をしている、と。ま、よく読んでまた考える。(現時点でのこの異論は、本の元になっている論文「国家の装置としてのPTA」を読んだ時に感じたことを言っているすぎないです)

注)民俗学は、柳田国男の時代からは変遷しており、近代国家の成立時に、民族的なアイデンティティの根っこ、あるいは、近代に対する「前近代」としてのフォークロア的なものを採集した時代から進み、今は、現在進行系で変遷している文化習俗(?)一般に関心を持ちます。さらに、民俗学自体を民俗学することまであります。その意味で、PTA研究はかなり民俗学的なのです。これは、川端の勝手解釈ですが。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「動物園にできること第3版... | トップ |   
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
貴重な刊行 (FJN)
2017-04-20 20:40:42
この本の刊行はワタクシ的に感無量です。
時期的に、いわゆる「共謀罪」が話題となっている昨今、パノプティコンに触れた論考を含むこの本が刊行されることは実に貴重と感じます。
世界的に成熟社会の住民は行政系の「監視」を必要系で受容するみたいですが、とりわけ現代日本の住民が「監視」を過度の必要系で受容してきたような気がします。
(なお、【小田切…】は多分【小田桐…】です)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む